ドラマ-大河ドラマ

麒麟がくる|織田信長が今川義元を討てた5つの理由

大河ドラマ『麒麟がくる 第21回 決戦!桶狭間』では、織田信長が今川義元う討ち果たします。それは幸運が重なっただけではなく、意外な理由も含まれていたので詳しく紹介しましょう。

麒麟がくる 第20回|松平元康を突き動かす菊丸の熱き想い!

大河ドラマ『麒麟がくる 第20回 家康への文』では、松平元康は今川義元の命令に従うのみでした。ところが、菊丸たち三河の者の熱き想いが、松平元康の心を大きく突き動かそうとするので詳しく解説しましょう。

麒麟がくる 第19回|織田信長が足利義輝に謁見するメリット

大河ドラマ『麒麟がくる 第19回』では、織田信長が足利義輝に謁見します。一見すると力のない将軍に謁見するのは意味がないように見えますが、織田信長が足利義輝に謁見するとメリットがあるので詳しく解説しましょう。

麒麟がくる 第18回|朝倉義景の名君と暗君の二面性?

大河ドラマ『麒麟がくる 第18回 越前へ』では、 朝倉義景が明智光秀をかくまって名君のように振舞います。しかし、実際は暗君としか思えない所もあるので詳しく解説しましょう。

斎藤高政が斎藤道三の生け捕りを命じた理由|麒麟がくる 第17回

大河ドラマ『麒麟がくる 第17回 長良川の対決』では、 斎藤高政と斎藤道三の戦が始まりますが、斎藤高政は斎藤道三の生け捕りを命じます。そこで、なぜ生け捕りを命じたのか詳しく解説しましょう。

麒麟がくる 第16回|領地替えで日本の歴史が変わった?

大河ドラマ『麒麟がくる 第16回 大きな国』では、斎藤高政が明智の領地替えを命じようとします。ところが、今まで領地替えで日本の歴史は大きく変わってきたので、その事例をいくつか紹介しましょう。

麒麟がくる 第15回|織田信光が織田彦五郎を討った理由

大河ドラマ『麒麟がくる 第15回 道三、わが父に非ず』では、織田信光が清須城の織田彦五郎を成敗しますが、なぜ討つ決意をしたのか紹介しましょう。

麒麟がくる 第14回|太原雪斎が織田討伐を急いだ理由とは?

大河ドラマ『麒麟がくる 第14回 聖徳寺の会見』では、今川家の重臣 太原雪斎が織田討伐を急いでしまうので、その理由について解説しましょう。

斎藤道三が織田信長の軍勢で驚いた5つの理由|麒麟がくる第13回

大河ドラマ『麒麟がくる 第13回』では、斎藤道三(利政)が、織田信長の軍勢を見て驚愕してしまいますが、驚いた理由は5つあると考えられます。その5つの理由とは、どのようなものか解説しましょう。

川口春奈と沢尻エリカの違いを検証|麒麟がくる 第12回

大河ドラマ『麒麟がくる 第12回 十兵衛の嫁』では、川口春奈さんが帰蝶役を熱演していましたが、最初は沢尻エリカさんが演じる事になっていました。そこで、川口春奈さんと沢尻エリカさんのどちらが帰蝶として適役だったのか解説します。

麒麟がくる 第11回|向井理の涙が麒麟を呼ぶ!

大河ドラマ『麒麟がくる 第11回 将軍の涙』では、 足利義輝(演:向井理)が将軍でありながら涙を流しそうになります。その涙は戦国の世を終わらせる麒麟を呼びつつあるので、詳しく紹介しましょう。

麒麟がくる 第10回|織田信長が母に嫌われたのは肌の色ではない?

大河ドラマ『麒麟がくる 第10回 ひとりぼっちの若君』では、土田御前が、信長よりも、自分と同じ色白の信勝を溺愛してしまいます。ところが、本当は色白だけで信勝を溺愛している訳ではなかったので、詳しく紹介しましょう。

麒麟がくる 第9回|松平広忠を討ったのは織田信長ではない?

大河ドラマ『麒麟がくる 第9回 信長の失敗』では、 織田信長が松平広忠を討ちましたが、実は史実ではありません。そこで、本当は誰が松平広忠を討ったのか紹介しましょう。

麒麟がくる 第8回|斎藤利政と織田信秀が同盟しなかった場合

大河ドラマ『麒麟がくる 第8回 同盟のゆくえ』では、斎藤利政(道三)と織田信秀が同盟を結ぼうとしたら、斎藤高政は猛反対。 そこで、斎藤利政と織田信秀が同盟しなかった場合は、どうなっていたのか解説しましょう。

麒麟がくる 第7回|斎藤道三と武田信玄の共通の願い

大河ドラマ『麒麟がくる 第7回 帰蝶の願い』では、斎藤道三が織田信秀と和議を結ぼうとしますが、それは武田信玄と共通する願いがあったからです。そこで、どのような願いが共通しているのか紹介しましょう。

麒麟がくる 第6回|明智光秀が足利義輝にかけた熱い言葉

大河ドラマ『麒麟がくる 第6回 三好長慶襲撃計画』では、騒乱続きの京の都で、明智光秀が足利義輝に熱い言葉をかけます。この言葉が、多くの大名を動かすので詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ『麒麟がくる 第5回』松永久秀が鉄砲を欲しがる理由

大河ドラマ『麒麟がくる 第5回 伊平次を探せ』では、松永久秀が血眼(ちまなこ)になって鉄砲をかき集めていました。なぜ、そこまで鉄砲を欲しがるのか、詳しく紹介しましょう。

『麒麟がくる 第4回』医師役の堺正章が斎藤道三をカツアゲ

大河ドラマ『麒麟がくる 第4回』では、医師 望月東庵(演:堺正章)が斎藤利政(後の道三)から10貫もカツアゲする事に成功します。なぜ、そのような事ができたのか詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ『麒麟がくる 第3回』土岐頼芸と斎藤利政の睨み合い

大河ドラマ『麒麟がくる 第3回』では、斎藤利政の操り人形になっていた土岐頼芸が、自分を操ろうしている者と激しく睨み合ってしまうので、その鬼気迫るシーンを詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ『麒麟がくる 第2回』織田信長が参考にした井ノ口の戦

大河ドラマ『麒麟がくる 第2回 道三の罠』では、後に織田信長が参考にしたと言われている『井ノ口の戦』が行われたので詳しく紹介しましょう。

『麒麟がくる 第1回』光秀の父 明智光綱の教えは今の日本に必要!

大河ドラマ『麒麟がくる 第1回 光秀、西へ』では、明智光秀が、かつて父 明智光綱から教えられていた言葉がありました。それは現代の日本人に必要な事なので詳しく紹介しましょう。