邦画-ドラマ

映画『すくってごらん』主題歌&劇中歌を全曲紹介-16曲

魅惑的で笑える映画『すくってごらん』の主題歌&劇中歌を全曲(16曲)紹介しながら、ストーリーまで解説するので参考にしてみて下さい。

コズミン(仲野太賀)は史上最悪のオタクでネット弁慶?映画『あの頃。』

映画『あの頃。』では、コズミン(仲野太賀)は史上最悪のオタクで、ネット弁慶なので、その理由について解説しましょう。

三上正夫(役所広司)がシャバで学習した不条理な真実!映画『すばらしき世界』

映画『すばらしき世界』では、三上正夫(役所広司)が10年以上もの刑期を終えてシャバに出てきますが、そこで不条理な真実を学習してしまうので、詳しく紹介しましょう。

安田あすは(演:小野莉奈)が藤野富士夫を打ちのめす?映画『アルプススタンドのはしの方』

映画『アルプススタンドのはしの方』では、演劇部の安田あすはたち(演:小野莉奈)の何気ない会話が、元野球部員の藤野富士夫を打ちのめすので詳しく紹介しましょう。

南先生(岡田将生)が林ちひろ(芦田愛菜)を罵倒した理由!映画『星の子』

映画『星の子』では、南先生(演:岡田将生)が林ちひろ(演:芦田愛菜)を罵倒してしまうので、その理由について詳しく紹介しましょう。

ゴミ人間プペルが友達のルビッチを裏切る!映画『えんとつ町のプペル』

映画『えんとつ町のプペル』では、ゴミ人間プペルとルビッチという少年の間で友情が生まれていきますが、プペルがルビッチを裏切ってしまうので、その理由やストーリーについて詳しく紹介しましょう。

映画『Jam Films』全話のストーリーやキャスト!

映画『Jam Films』の全話のストーリーやキャストなどを紹介するので、良かったら参考にしてみて下さい。

広末涼子が20年ぶりの演出で恥ずかしかったCMとは?『Jam Films(ARITA編)』

映画『Jam Films(ARITA編)』で、女性役を演じた広末涼子さんが、あるCMで20年ぶりの演出で恥ずかしいと感じてしまったので、そのCMや今作について詳しく紹介しましょう。

妻夫木聡が史上最低の男子役を演じて女子がドン引き?映画『Jam Films(JUSTICE編)』

映画『Jam Films(JUSTICE編)』では、妻夫木聡さんが史上最低の男子役を演じて、女子たちをドン引きさせてしまうので詳しく紹介しましょう。

佐々木蔵之介が後味悪いと言われた意外な理由?映画『Jam Films(HIJIKI編)』

映画『Jam Films(HIJIKI編)』では、佐々木蔵之介がピストルで撃たれてしまって、少女から「後味悪いね」と言われてしまいます。ところが、この言葉には他にも違う意味が込められていると思うので詳しく紹介しましょう。

麿赤兒がコメディドラマで泥棒を演じる?映画『Jam Films(Pandora -Hong Kong Leg-)』

映画『Jam Films(Pandora -Hong Kong Leg-編)』では、中国人男性を演じていた麿赤兒さんが、あるドラマで泥棒を演じていたので詳しく紹介しましょう。

イザベラ(北川景子)がエマ(浜辺美波)に行ったドSの行為!映画『約束のネバーランド』

映画『約束のネバーランド』では、シスターのイザベラ(演:北川景子)が、孤児のエマ(演:浜辺美波)に数多くのドSな行為を働くので詳しく紹介しましょう。

黒川みつこ(演:のん)の表と裏の顔が大きな見所!映画『私をくいとめて』

映画『私をくいとめて』では、黒川みつこ(演:のん)の表と裏の顔が大きな見所になっているので詳しく紹介しましょう。

フジオ役の大沢たかおは超年下好き?映画『Jam Films(コールドスリープ)』

映画『Jam Films(コールドスリープ編)』で、フジオ役として出演している大沢たかおさんは、超年下好きとして有名なので、詳しく紹介しましょう。

今日子役の篠原涼子がキャラ弁に挑戦!映画『Jam Films(けん玉編)』

映画『Jam Films(けん玉編)』で今日子役として出演していた篠原涼子さんは、他の作品でキャラ弁に挑戦していたので、その動画を紹介しているので参考にしてみて下さい。

メッセンジャー(魚谷佳苗)は必要な死神?映画『Jam Films(the messenger -弔いは夜の果てで)』

映画『Jam Films(the messenger -弔いは夜の果てで-編)』では、メッセンジャー(演:魚谷佳苗)が男を追い詰めますが、実は必要な死神とも言えるので、その理由を紹介しましょう。

映画『GTO』妻夫木聡が意外な役で度肝を抜かれる?

映画『GTO』では、あの有名な俳優 妻夫木聡さんが意外な役をしていて、度肝を抜かれてしまいます。その意外な役とは、どのようなものか?ストーリーと共に詳しく紹介しましょう。

佐藤良人と竹中静香の違いは3つある?映画『フード・ラック!食運』

映画『フード・ラック!食運』では、佐藤良人(演:NAOTO)と竹中静香(土屋太鳳)たちが本物の焼肉店を見つけようとします。しかし、二人には大きな違いが3つもあったので詳しく紹介しましょう。

のび太の名前の由来が判明!映画『STAND BY ME ドラえもん2』

映画『STAND BY ME ドラえもん2』では、のび太がおばあちゃんの頼みで、自分のお嫁さんのしずかちゃんを見せてあげようとします。そして、のび太の名前の由来が判明するので、その由来やストーリーなどを詳しく紹介しましょう。

吉田昌郎と伊崎利夫たちを苦しめた3つの厄災?映画『Fukushima 50』

映画『Fukushima 50』では、吉田昌郎(演:渡辺謙)や伊崎利夫(演:佐藤浩市)たちが、東日本大震災が起きても原発を制御しようと懸命になっていました。そんな二人に3つの厄災が及んでしまうので、詳しく紹介しましょう。

加賀颯太(杉野遥亮)が藤堂遥(中条あやみ)をお姫様抱っこ?映画『水上のフライト』

映画『水上のフライト』では、加賀颯太(演:杉野遥亮)が、足が不自由になった藤堂遥(中条あやみ)をお姫様抱っこして、口論してしまいます。なぜ、そのような事になったのか?詳しく紹介しましょう。

鈴本虹輝(演:道枝駿佑)が5回も親不孝をする?映画『461個のおべんとう』

映画『461個のおべんとう』では、鈴木親子がおべんとうを通じて、わかり合っていく、心温まる作品です。しかし、その過程で、鈴本虹輝(演:道枝駿佑)が父親に5回も親不孝をしてしまうので、詳しく紹介しましょう。

ホセ・ムヒカが来日した3つの理由!映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』

映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』では、清貧なウルグアイの大統領だったホセ・ムヒカが、なぜか来日をしてくれましたが、それには大きな理由が3つもあったので詳しく解説しましょう。

小早川直実が親の葬儀に泣けなかった3つの理由!映画『空に住む』

映画『空に住む〜Living in your sky〜』では、小早川直実(演:多部未華子)が「自分は親の葬儀にも泣けなかった冷たい女だ」と落ち込みますが、泣けなかったのには3つの理由があったと思うので、詳しく解説しましょう。

実写映画『魔女の宅急便』キキの母親の不安が的中!

実写映画『魔女の宅急便』では、キキが修行の旅に出かけようとしたら、母親から心配されてしまいますが、その心配は的中してしまいます。そこで、どのような不安が的中してしまったのか?詳しく解説しましょう。

都城静が行川野火を認めた理由を解説!映画『SCOOP!』

映画『SCOOP!』では、カメラマンの都城 静(演:福山雅治)が、新人記者の行川 野火(演:二階堂ふみ)を認めようとしませんでした。ところが、途中から認めるようになったので、そのキッカケになった所を紹介しましょう。

川上若菜が浅田政志を脅迫してプロポーズ?映画『浅田家!』

映画『浅田家』では、川上若菜(演:黒木華)が写真家の浅田政志(演:二宮和也)を脅迫して、プロポーズしてしまうので詳しく解説しましょう。

千谷一也と小余綾詩凪がブロガーに必要な事を教える映画『小説の神様』

映画『小説の神様 君としか描けない物語』では、 千谷一也(演:佐藤大樹)と小余綾詩凪(演:橋本環奈)たち学生作家たちが、ブロガーや小説家にとって必要な事を教えるので、詳しく紹介しましょう。

晴子(演:浜辺美波)が人工台風を作った理由とは?映画『映像研には手を出すな!』

映画『映像研には手を出すな!』では、晴子(演:浜辺美波)が人工台風を外へ出してしまいます。なぜ、彼女はそこまで人工台風にこだわってしまったのか?検証してみました。

川嶋佳子(演:松雪泰子)がワインと喧嘩?映画『甘いお酒でうがい』

映画『甘いお酒でうがい』では、独身生活を続けるOLの川嶋佳子(演:松雪泰子)が、なぜかワインと喧嘩してしまうので、詳しく紹介しましょう。