北原里英と横山由依の思い出|映画『としまえん』

映画『としまえん』で主演を務めた北原里英さんは、としまえん横山由依さんとある思い出がありました。そこで、今作を紹介しながら、どのような思い出があったのか詳しく解説しましょう。

映画『としまえん』のストーリー

とえしまえんには、ある3つの呪いがありました。

  • 古い洋館の扉を叩くな
  • お化け屋敷で返事をするな
  • 秘密の鏡をのぞくな

これらのうち、1つでも破ったものは、としまえんから逃れられないのです。ところが、早希は行方不明になってしまった幼馴染 由香の母親に久しぶりに会ったら、としまえんのチケットを貰ってしまったのです。

仕方ないから、三人の友達と一緒にとしまえんへ遊びに行ったら、冗談半分でとしまえんの呪いを試してみようという事になってしまいます。

そうしたら、次々に友達が行方不明になっていきました。はたして、早希は無事に帰る事ができるのでしょうか?

映画『としまえん』のキャスト 

ホラー映画『としまえん』は、2018年に上映されました。

  • 監督&脚本:高橋浩

映画『としまえん』のキャストは以下の通りです。

  • 辻本早希(演:北原里英)留学予定の女性
  • 香西杏樹(演:小島藤子)気が強くても仲間想い
  • 横峰千秋(演:浅川梨奈)としまえんの呪いを信じる女性
  • 樋口かや(演:さいとうなり)イタズラ好きの性格
  • 小林由香(演:小宮有紗)早希の幼馴染

AKIRAの豆知識『北原里英横山由依の思い出』

2018年に新潟市のデッキィ401の映画館で『としまえん』が上映される際に、北原里英さんが来場すると聞いたので、 見に行った事があります。

そこで、上映される前に、北原里英さんが「平日人が少ない時に、横山由依ちゃんと一緒にとしまえんへ遊びに行った事があります」と教えてくれた事がありました。

アイドルたちが、そんな穴場スポットへ行くものなんだなぁと感慨深くなりましたが、その時、前方にはキタリエちゃんのうちわを持っているファンたちが何人もいたので、昔からのファンだなと驚いてしまいましたね。

映画『としまえん』のターゲット層

遊園地が舞台なので、ファミリー層がターゲットのようにも見えますが、実際に映画を見てみたら、ターゲット層は女子中高生という感じがしましたね。

女性5人のうち、早希と由香は仲が良いのですが、他の3人は由香だけを除け者にしたがっていました。そういった女性の難しい友情が描かれていて、多くの女性たちがこれをみたら「そういう事あるなぁ」と思ってしまうかもしれませんね。

映画『としまえん』のまとめ

北原里英さんは、アイドルから女優に転身したばかりですが、見事な演技力で『としまえん』の和やかな時と怖い時の差を感じさせてくれました。

インターネットではB級映画という評価が多いようですが、由香が幽霊になって足をひきずっていくシーンは、迫力があって、なかなか良かったですね。

まぁお金がかかっていないイメージはありますが、お金をかければ良いというものでもないので、全体的によくできていました。

そして、映画『としまえん』は、動画配信『U-NEXT』で見る事ができて、初入会の方であれば2日間は無料で見る事ができます(2020年4月時点)。