映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』見所は人格を変える穴

映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』では、シングルマザーのセーラーが、大きな穴の近くに引っ越してから、息子の人格が変わっていくので詳しく紹介しましょう。

映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』のストーリー

セーラーは、息子のクリスと引っ越しを済ませますが、ささいな事から口論してしまいます。思わずクリスは森の中へ走っていくので、あわてて追いかけていったら、そこには大きな穴がありました。

これは一体なんだろうかと呆然としていたら、そこにクリスが戻ってきました。しかし、クリスの人格が以前と少し違うように感じてしまいます。

そんな時に、セーラーは車にクリスを乗せて運転していたら、老婆のノリーンが道をふさいできたのです。ノリーンは、助手席に乗っていたクリスを見て「これは、あんたの息子じゃない」と頭突きをしてきたのです!

セーラーは、あわてて車を走らせますが、クリスは凶悪な性格になっていき虫を食べたり、母親を吹っ飛ばすようになっていきます。セーラーは、もしや大きな穴が関係しているのではと思いますが、はたしてクリスはどうしたというのでしょうか?

映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』のキャスト

アイルランド映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』は、2019年の作品になります。

  • 監督&脚本:リー・クローニン 

映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』のキャストは以下の通りです。

  • サーナ・カーズレイク
  • ジェームズ・クイン・マーキー
  • シモーヌ・カービー
  • ティーヴ・ウォール
  • オーエン・マッケン 

AKIRAの豆知識『人格が変わるケース』

クリスは、虫が嫌いな性格で、クラスでなじめない生徒もいて悩みやがちな少年でした。ところが、大きな穴の近くまで逃げ込んでから、虫を食べるようになり、なじめない生徒とも仲良くなるようになったのです。

はたして、人格がここまで変わる事があるのかといえば、現実でも十分にあり得ます。なぜなら、多重人格者というケースでは、自分の心の中にいくつもの人格があるからです。

そして、幽霊に憑依された場合でも、人格は変わってしまいます。もしも、あなたの親しい人の人格が短期間で変わった場合には、一応注意したほうが良いかもしれません。

映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』の見所

大きな穴が人格を変えるストーリーは斬新で、なかなか見ごたえのある映画でした。日本では幽霊、アメリカでは悪魔払いなどが多い中で、アイルランドはこういう映画があるんだなぁと感慨深くなります。

ゾクゾクとするような怖さは足りない映画ですが、セーラーが少しずつ子供の異変に気付いていくのは、切なくなるシーンでしたね。

ノリーンの事を異常者だと思っていたセーラーも、同じような事を言うようになったのは、皮肉な話だなぁと思ってしまいました。

映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』は、動画配信『U-NEXT』で見る事ができて、これを見れたらクリスの人格が変わった理由が分かります(初入会の方であれば2日間は無料で見る事ができます:2020年4月時点)。