WワーカーAKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に新作映画を1〜2記事・ドラマは毎週5記事以上更新しているブログです!

映画『陰陽師2』スサノオは荒ぶる神ではない?

出雲の画像

映画『陰陽師l2』では、幻角が荒ぶる神スサノオを復活しようとして大和が危機に陥ります。しかし、本当のスサノオは、荒ぶる神とは言い切れない所もあるので詳しく紹介しましょう。

映画『陰陽師2』のストーリー

京の都には、日美子という美しい姫がいましたが男勝りの所があり、他の貴族たちから「よほど酔狂な男でなければ相手にすまい」と陰口を叩かれていました。
源博雅は、そんな美しい姫に一目ぼれをしてしまいますが、そこへ美しい琵琶の音を奏でる須佐が現れます。
美しい音を愛する源博雅は、すぐに須佐と意気投合して、日美子と親交を深めようとします。ところが、須佐と日美呼には二人とも腕に不思議なアザがあり、須佐は夜になると鬼に変わってしまうのです。
かつて出雲の王だった幻角は、祖国を滅ぼした大和に復讐を考えていて、須佐を荒ぶるスサノオに変えようとしていました。
安倍晴明や日美子たちは、須佐を荒ぶる神にしないように、幻角と対決しようとしますが都を守りきる事ができるのでしょうか?

映画『陰陽師2』のキャスト

歴史映画『陰陽師2』は、2003年10月4日に上映されました。

映画『陰陽師2』のキャストは以下の通りです。

AKIRAの豆知識『スサノオは家族思いの神』

陰陽師2では、須佐がスサノオとなり凶悪な顔に変貌して、都を破壊し尽くしていきます。

しかし本来のスサノオは家族思いで、亡くなった母親のいる所へ行こうとしたり、妻や娘を愛する心優しき神でもあったのです。

しかし、いたずらが過ぎる所もあり、馬の皮をはいで投げ捨てたり田を荒らしたりする所もありました。優しい所と乱暴する所の両面の性格を持っていたので、姉の所へ挨拶するだけでも、姉のアマテラスに警戒されてしまうのです。

乱暴の多いスサノオですが、大蛇に苦しめられた人々を救うために、ヤマタノオロチを退治したのは大きな功績と言えるでしょう。そのヤマタノオロチから剣を手に入れる事ができますが、この剣こそ日本の宝とも言える『草薙の剣』だったのです。 

映画『陰陽師2』のまとめ

日美子は、幻角に敵意をむき出しにしますが、アラマテラスとなったら「偉大なる出雲の王」と讃えてしまいます。

なんとか、人間の心を取り戻すために説得しようというのは分かりますが、いきなり話が飛んでいるようにも感じて違和感を抱いてしまいました。

さらに幻角と須佐の二人だけで都を攻めるのは、いささか迫力にかけているようにも感じるので、そこはもう少し出雲の怨霊とか登場させて欲しかったな落胆しましたね。

それでも、深田恭子さんが服を脱いで腕のアザを見せて、体を張った演技をする所もあったのでファンには必見の作品になっています。アマテラスやスサノオなどの日本神話に関連する神々が出てくるのも、歴史映画としては評価できる所ですね。

映画『陰陽師2』は、動画配信『U-NEXT』で見る事ができて、初入会の方であれば31日間は無料で見る事ができます(2020年4月時点)。