大河ドラマ『麒麟がくる 第2回』織田信長が参考にした井ノ口の戦

明智光秀像

大河ドラマ麒麟がくる 第2回 道三の罠』では、後に織田信長が参考にしたと言われている『井ノ口の戦』が行われたので詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ麒麟がくる 第2回』のキャスト

大河ドラマ麒麟がくる 第2回』は、2020年1月26日に放送されました。

大河ドラマ麒麟がくる 第2話』のキャストは以下の通りです。

大河ドラマ麒麟がくる 第2回』のストーリー

明智光秀が美濃に戻ってみたら、尾張織田信秀が約2万もの大軍で押し寄せていました。対する斎藤軍はわずか5千程度。

織田軍は、ほうぼうで放火を繰り返して、斎藤軍は城下町で織田軍を迎え撃つ事にします。しかし、戦って間もないのに、斎藤道三は早くも撤退の合図を送り籠城の構えを取ります。

これには、明智光秀稲葉一鉄などが斎藤高政に「殿はどういうつもりなのか」と憤慨してしまう始末。

さらに、斎藤道三は盃に水を入れて部下たちに振る舞い、稲葉一鉄の怒りは爆発寸前に陥ってしまいます。織田信秀は、らっぱ(忍者)から斎藤軍が酒を呑んでいるという情報をつかんで、兵たちに休息を取らせたのです。

斎藤道道は、策にはまった織田軍を討つは今しかないと決断して、一気に出撃を命令!

一斉に、斎藤軍が出撃して、織田軍は壊滅。これにより、美濃に平穏が戻るのでしょうか?

AKIRAの豆知識『織田信長が参考にした井ノ口の戦』

織田信長は、織田信秀よりも斎藤道三を見習っていたという歴史家がいます。それは、斎藤道三が井ノ口の戦で奇襲攻撃により大軍を打ち破った事が大きく関係しています。

後に、織田信長は、この戦を参考にして桶狭間で今川を撃破したと言われているのです。

確かに、織田信長斎藤道三を参考にしていた所はあると思うのですが、織田信秀を参考にしていた所もおおいにあるでしょう。

それは、第2話で斎藤道三が言っていた「あいつ(織田信秀)は、金は持っているが、人望はない」の言葉に集約されていると思います。

織田信秀は、尾張の港を抑えて強い経済力を誇っていました。後に織田信長が堺を手中にして楽市楽座を行なって、商業に力を入れた事は、織田信秀の行いも参考にしたとも言えるのです。

そういった事を考えたら、織田信長は二人の父親を参考にしたと思えるのです。

大河ドラマ麒麟がくる 第2回』のまとめ

今回は、織田信秀が惨敗してしまいましたが、私は逆に「2万もの大軍を集められる織田信秀は凄い!」と思えました。

この戦で、織田軍は2万もいなかったという記述もありますが、相当多くの軍勢を動員したのは間違いないでしょう。それを考えたら、さすが覇王の父上だなと感心しきりでした。

そして、高橋克典さんが織田信秀のイメージとピッタリの顔という感じがして良かったですね。

大河ドラマ麒麟がくる 第1〜2話』は、動画配信『U-NEXT』で見る事ができて、初入会の方であれば2日間は無料で見る事ができます(2020年4月時点)。