映画『武士の献立』上戸彩が古狸となりダメ夫の包丁侍を鍛える?

映画『武士の献立』は、春(演:上戸彩)が、ダメ夫の包丁侍から「この古狸!」と言われながらも奮闘する物語です。時代劇が好きな方でなくても、夫婦のあり方について意義のある映画だと思うので詳しく紹介しましょう。

映画『武士の献立』のキャスト

映画『武士の献立』は、2013年12月14日に上映されました。

  • 監督:朝原雄三
  • 脚本:柏田道夫&山室有紀子&朝原雄三 

映画『武士の献立』のキャストは以下の通りです。

映画『武士の献立』の主題歌は、 CHARAさんの「恋文」です。

映画『武士の献立』のストーリー

春は、料理上手で前田藩主の側室 お貞の方から一目置かれるほどでしたが、気の強い所があり嫁いだ先から離縁されてしまうオナゴでした。

ところが、前田藩主 吉徳が「舟木伝内の作った料理で、どのような物が使われているのか当ててみよ」と家臣たちを試してみたら、春だけが見事に言い当てたのです。

本来なら、舟木伝内はメンツをつぶされたようなものでしたが「春どの、そなたの腕を見込んで、うちのできそこないを支えてやってくれ」と船木家に嫁いで欲しいと頼み込んできました。

船木家は、武士なのに料理をして奉公する家柄だったので『包丁侍』と揶揄(やゆ)されていましたが、後継の舟木安信は料理が全くできなかったのです。

春は迷いながらも嫁ぐ事になりますが、内緒で夫の料理に手を加える事もあり、夫から「この古狸め!」と罵倒されてしまいます。はたして、春はダメ夫を立派な包丁侍にする事ができるのでしょうか?

AKIRAの豆知識『100万石の外様大名 前田家』

武士の献立では、舟木伝内が「100万石の外様大名前田家は、幕府から常に睨まれている」と言っていましたが、なぜ100万石ほどの外様大名ができたのでしょうか?

それは、加賀藩の初代藩主 前田利長の実母 芳春院(まつ)が、徳川家康に難癖をつけられた際に自ら人質になった事が功を奏したのです。

徳川家康は読書家として知られていて、室町幕府が衰退したのは山名家や細川家などの大名たちが大きな力をつけていた事を熟知していました。

そのため、伊達政宗に「徳川に味方をしたら100万石与える」と約束しながら、その約束を保護にした事さえありました。

多くの大名たちが石高を削られる中で、加賀藩だけが100万石を有して、その力のお陰で船木家が日本料理の礎となる献立を作る事ができたのです。

映画『武士の献立』のネットの評価

私も含め、多くの方たちがありきたりなホームドラマの内容と思っていたのですが、それを良い意味で裏切ってくれる内容という事で、高い評価を受けていました。

特に、春は夫に嫌われながらも、当時の妻として分別をわきまえた姿勢で、夫を支える所を褒め称える意見さえあります。

ただし、内容がよくてもエンディングテーマが合わないという意見もあり、これは時代劇に合う音楽を作る事がいかに難しいか?思い知らされる意見ではありますね(気持ちは分かります)。

映画『武士の献立』のまとめ

上戸彩さん主演の映画でありますが、時代に関係のないホームドラマだろうと思っていたら加賀騒動』をリアルに描いていて驚かされました。

さらに日本料理の素材や作り方についても細かく描かれていたので、時代劇が好きな方やホームドラマが好きな方だけではなく、料理に興味がある方でも見応えのある映画です。

春が、夫の誇りをあまり損なわないように、控えめに諌めるシーンは時代劇をぶち壊さない感じがして好印象でした。現代では、相手にきつく言いすぎて離婚してしまうケースが多いので、それを考えたら夫婦のあり方についても意義のある内容です。

個人的には、上戸彩さんだけではなく、夏川結衣さんが心優しいお貞の方を見事に演じていてホッコリとしました。

お貞の方は無実の罪をきせられて罰せられた面もあるので、この映画である程度まで面目躍如できたのではないだろうかと思いますね。

映画『武士の献立』は、動画配信『U-NEXT』で見る事ができて、初入会の方であれば31日間は無料で見る事ができます(2020年4月時点)。