映画『海底47m』ウザいリサが男を幸運に導く?

映画『海底47m』では、サメの恐怖から、リサが何回もわめいてしまってウザい女だなぁと思われがちです。しかし、実は リサのほうが男を幸運に導く条件をそろえているので、詳しく紹介しましょう。

映画『海底47m』のキャスト

イギリスのパニック映画『海底47m』は、2017年8月12日に上映されました。

監督&脚本

女優&男優

映画『海底47m』のストーリー

リサは、付き合っていた彼氏から「退屈な女だ」と言われて振られてしまいました。あまりのショックに泣き崩れてしまいますが、親友のケイトは、そんなリサを励まそうとします。

そして、ケイトは引っ込み思案なリサのために『ケージ・ダイビング』に誘いました。

リサは、ケージに入り水中に潜って、サメを見るなんて怖く仕方がありませんでしたが、自分を変えるためにも思い切って挑戦します。

ところが、ケージが水中に入っていったら、途中でケージが切れてしまって海底47mの所まで落ちてしまったのです!ケイトはケージから出て、無線の見える所まで浮上しようとします。

しかし、ケイトはサメに襲われてしまって、リサ一人になってしまいました。

怖がりだったリサでしたが、何とか海底から脱出しようとします。はたして、サメに襲われずに船まで戻る事ができるのでしょうか?

AKIRAの豆知識『ウザいリサが男を幸運に導く理由』

リサは、男から退屈な女だと言われてしまって、自分はウザい女と思ったかもしれません。しかし、実はリサには男を幸運に導く理由がいくつもあります。

  1. 危険な遊びから回避
  2. 相手を引き立てる性格
  3. 守ってあげたくなる性格

今回のケージ・ダイビングは、ケイトが行いたくて仕方がないものでした。この時に、男がケイトではなくリサと付き合っていたら、このような危険な遊びは回避できて、大変な目にあう事もないでしょう。

リサは、あまり自分の意見を強く言わない所があり、相手を引き立ててくれる所があります。男をガッカリとさせるシーンもありましたが、それでも相手を傷つけないように期待に応えようとして、男を引き立てる性格です。

ケイトのように勇敢な女性よりも、少しか弱い感じのリサのほうが、男は「自分が守ってあげたい」と思ってしまうものです。そうなれば、お互いに信頼関係も強くなるので、リサはウザい女というよりは男を幸運に導く女性と言えるでしょう。

映画『海底47m』のネットの評価

リサたちは最初リゾートを満喫していて、その後に海底へ潜って行く事になりますが、そのリゾート地と海底の対比が良かったという意見がありました。

確かに、カラフルなリゾート地と、青一色の海底の対比はハッキリと分かれていて良かったですね。さらに、美しい海底の世界を見れた事について、満足している方もいたのです。

しかし、リサがあれだけわめいていたら、酸素はあっという間になくなっていたハズという意見もあり、現実とのギャップを指摘する声もありました。

この辺りは海底に潜った事がある方は納得できないかと思いますが、それを言ってはストーリーを盛り上げる事が難しくなってしまうので、仕方のない所かなという気もしますね。

引用元:https://www.amazon.co.jp

映画『海底47m』のまとめ

海底に潜って、サメに襲われるのはパニック映画の王道という感じはします。そこまでは良いのですが、いくら何でもリサがうるさすぎます!見ていて『本当にウザい女だなぁ』と思ってしまって、少しウンザリとしました。

地上にいる時は、良い所も多くあって、男を幸運に導いてくれそうと思うのですが、海底では本当に勘弁して欲しかったです。

しかし、美しい青の世界からサメがいきなり現れて、襲ってくるシーンはホラー映画のようにスリルがあって面白かったですね。

そして、ラストシーンでは『えぇ!』と驚いてしまう展開になってしまうので、その辺りは今作の大きな見所になっています。

映画『海底47m』は、動画配信『U-NEXT』で見る事ができます(月額は税別価格1990円)。

初入会の方であれば2日間は無料で見る事ができます(2020年5月時点)。