映画『L・DK』岡本玲がロングヘアーの剛力彩芽に救われる?

映画『L・DK』では、 渋谷萌(演:岡本玲)が豪快に振られてしまいますが、ロングヘアーの剛力彩芽さんに救われるので詳しく紹介しましょう。

映画『L・DK』のキャスト

映画『L・DK』は、2014年4月12日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

主題歌の情報

映画『L・DK』の主題歌は、Honey L Daysの『君色デイズ』になります。

映画『L・DK』のストーリー

萌は、前から好きだった柊聖に告白しますが「あのさ、うざい」と豪快に振られてしまいます。周囲の者たちからも笑われてしまって、萌は深く傷ついてしまうのです。

ところが、葵が友達の萌を傷つけた柊聖につっかかって、思わず蹴り飛ばしてしまいました。イケメンの柊聖は大怪我をしてしまい、葵が家まで肩を貸して送る事になってしまいます。

家に着いてみたら、何と柊聖の部屋は、葵の隣の部屋だったのです。あまりの事実に驚いてしまいますが葵の不幸はこれに終わらず、怪我をした柊聖の代わりに料理まで作る事になってしまいました。

ところが、料理に失敗してしまって、スプリンクラーが発動して部屋が水浸しになってしまいます。

柊聖の部屋が直るまで、葵の部屋で二人は同居する事になってしまいますが、葵は誰とも付き合った事がないウブな女子高生。それを知ったツンデレの柊聖は、何回もからかってきます

はたして、二人はこの後、どんな関係に発展していくのでしょうか? 

AKIRAの豆知識『岡本玲が結婚相手に求める条件』

www.instagram.com今作では、岡本玲さんが萌役として活躍していましたが、そんな女優さんは結婚相手にどのような条件を求めるのか?気になる方は多いのではないでしょうか。

実は、あるバラエティー番組で、岡本玲さんが結婚相手に求める条件を告白していて、それが『自分と同じぐらい綺麗さをキープできる人』という事でした。

しかし、岡本玲さんは服のたたみ方が気に入らなかったら、自分がやりたくなるとも発言していて、かなり綺麗さにはこだわるタイプです。それでも、これほど可愛らしい女優さんと付き合うには、そのぐらいの条件はつけられても仕方ありません。

映画『L・DK』と他の作品を比較

今作の『L・DK』は、王道の恋愛映画と言えますが、それに引き換えヒロイン失格は』思わず笑ってしまうラブコメディーの映画です。

内容はだいぶ違うように見えますが、ヒロインが報われない恋愛に突き進もうとする所はよく似ていますね。L・DKでは、当初こそ萌は冷たいイケメンに「あいつなんか」と思ってしまいますが、少しずつ心が惹かれていきます。

それに比べてヒロイン失格は、最初からヒロインが好きな男に一直線に突進してしまうので、その違いを見てみるのも面白いですね。そして、この2つの映画の共通点として、イケメン役の俳優がどちらとも山崎賢人さんです。

やはり、イケメン俳優は、どんな作品でも羨ましいポジションを任されるんですね。羨ましい限りです。 

www.akira-movies-drama.com

映画『L・DK』のネットの評価

ネットの評価で多かったのが『剛力彩芽さんのカツラがおかしい』というものでした。ショートヘアのイメージが強い女優さんなので、やはりロングヘアー姿だと違和感を抱きやすいのでしょう。

しかし、キュンキュンしたという評価もありましたし、山崎賢人君がカッコ良かったという高い評価もありました。

この辺りは、王道の恋愛映画として認められたと言えますし、山崎賢人さんの俳優としてのオーラが半端ないという事でしょう。

映画『L・DK』のまとめ

今作の魅力は何と言っても、ロングヘアー姿の剛力彩芽さんが見られる事でしょう。私は断然ロングヘアーの女性が好きなもので、ついつい見とれてしまいましたね。

やはり、剛力彩芽さんはロングヘアーの方が可愛いと思ってしまいました。そして、岡本玲さんの幅広い演技力も大きな見所になっていました。

振られて落ち込んだり、友達のために怒ったりして、様々な表情の岡本玲さんを見れるのも必見です。

ただし、萌が不意に好きでもない男に唇を奪われてしまって、泣いてしまうシーンは可哀想だなぁと思ってしまいしたね。あれはないでしょ、あれは!って思いました。

動画配信『U-NEXT』に入荷いすれば、映画『L・DK』が視聴可能なので、ロングヘアー姿の剛力彩芽さんの演技を見る事ができます(2020年5月時点)。