WワーカーAKIRAの映画・ドラマブログ

毎週、最新の映画を1本以上・最新のドラマを7本以上は更新しているブログです!

映画『着信アリ』由美が受けたトラウマを詳しく紹介

着信アリの画像

映画『着信アリ』の冒頭で、由美(演:柴咲コウ)が「何かトラウマがあるんじゃないの」と言われます。そこで由美が受けたトラウマとは、何だったのか詳しく紹介しましょう。

映画『着信アリ』のキャスト

映画『着信アリ』は、2004年1月17日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 中村由美(演:柴咲コウ)友達思いの女性
  • 小西なつみ(演:吹石一恵)中村由美の親友
  • 岡崎陽子(演:永田杏奈)最初に呪いの着信を受ける女性
  • 河合ケンジ(演:井田篤)エレベーターで転落してしまう男性
  • 山下弘(演:堤真一)妹の謎に迫る男性
  • 水沼菜々子(演:清水聖波)虐待を受けていた少女
  • 水沼マリエ(演:筒井真理子)水沼菜々子の母親
  • 高島里奈(演:伊藤かな)スキューバーダイビングで亡くなってしまう
  • 山下律子(演:竹花梓)臨床心理士
  • 藤枝一郎(演:松重豊)TV局のプロデューサー
  • 天道白水(演:花木薫)TV局で奮闘する霊能力者
  • 本宮勇作(演:石橋蓮司)呪いを信じない刑事

主題歌

映画『着信アリ』の主題歌は、柴咲コウさんの『いくつかの空』になります。

映画『着信アリ』のストーリー

16日に由美と陽子たちが合コンの合間にトイレへ向かったら、聞いた事もない着信音が携帯電話から聞こえてきました。

その携帯は陽子の物でしたが、本人は「こんな着信音なんて付けた覚えはないけどな、しかも私の携帯の電話番号からかかってきてるじゃん」とキョトンとします。

試しに留守電を聞いてみたら「18日午後11時4分の伝言です……カンカンカンカン(電車の音)。やだぁ雨降ってきちゃった。ギャーーー!」という声が聞こえてきたのです。

陽子は薄気味悪いと感じながらも考えないようにしていましたが、18日午後11時4分になって、陽子は由美に電話をかけて男の話をしようとしたら、雨が降ってきたので「やだぁ雨降ってきちゃった」と言って、二人は息を飲みます。

何と陽子は何者かによって歩道橋から吹き飛ばされて、電車に跳ねられてしまうのです。それからも、呪いの着信がかかってきた者たちが次々に命を奪われていき、ついには由美の携帯にもかかってきますが、この後どうなってしまうのでしょうか?

『由美が受けたトラウマ』

由美は、友達から覗き穴恐怖症についてからかわれてしまいますが、その時トラウマなんじゃないのと言われてしまいます。

なぜ、由美が覗き穴恐怖症に陥ったかと言えば、少女時代に障子の穴から覗き込んだら、いつも自分をかばってくれていた祖母が首を吊っている所を見てしまったからです。

祖母は、いつも母の虐待から守ってくれていましたが、よりによって母親が祖母が首吊りしている所を娘に見せようと顔を障子に押し付けてきました。これほどの衝撃的な体験であれば、トラウマになっても仕方がないでしょう。

映画『着信アリ』と他の作品を比較

www.akira-movies-drama.com今作は、現代で多く使われている携帯電話に、呪いの着信がきたら、その日時に命が奪われるものでした。それとよく似ている映画で『ゼイ・リーチ-未知からの侵略者-』というものがあります。

ゼイ・リーチ-未知からの侵略者-では、カセットテープが呪いの扉を開いてしまって、次々に悪霊が生きている者たちを引きずり込んでしまうのです。

着信アリとは違う恐ろしさがあるので、携帯電話よりも古い物にまつわるホラー映画が見たい場合には、ゼイ・リーチ-未知からの侵略者-を見ておく価値があります。

映画『着信アリ』のネットの評価

着信アリは続編ありきで作られ始めた事もあり、着信アリだけでは完結しないストーリーになっているので厳しい声があがっています。そのため、完結するのを放棄しているという評価さえあるので、ラストでは落胆してしまう場合もあり得ます。

しかし、サウンドで恐怖をあおるという斬新なやり方に驚嘆している方もいるので、視覚で恐怖をあおるホラー映画では満足できない方には、オススメの映画ですね。

映画『着信アリ』のまとめ

着信アリは、呪いの着信がきたら、その時間帯に命を失ってしまうという恐ろしいホラー映画です。

現代で使われるようになった携帯電話を取り扱うだけではなく、着信がきた時の声や周りの音によって、 自分がどのような亡くなり方をするのか?恐怖が倍増するのは良かったですね。

ただし、由美が友達の命よりも自己満足のほうを優先して、TV局から連れ出そうとするのは『なんだかなぁ』と違和感を抱いてしまいました。

ラストでは、由美がドアの『のぞき窓』から廊下を見ようとしたら、尖った物でさされそうになりますが、あんな物を見たら2度とのぞき窓を見られなくなってしまいますね。本当に色々な意味で怖いホラー映画です。

それにしても、柴崎コウさんから口移しされるのは羨ましいのですが、その後ナイフで刺されそうになるので、美味しい思いをする後は代償を支払うものだなとつくづく思ってしまいました。