映画『氷菓』関谷純はなぜ黙って退学したのか解説!

学園ミステリー映画『氷菓』では、古典部の部員たち(演:山﨑賢人・広瀬アリスさんたち) が、関谷純が退学した謎に迫っていきます。そこで、なぜ黙って退学したのか詳しく紹介しましょう。

映画『氷菓』のキャスト

ミステリー映画『氷菓』は、2017年11月3日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

主題歌

映画『氷菓』の主題歌は、イトヲカシさんの『アイオライト』になります。

映画『氷菓』のストーリー

折木奉太郎は、高校へ入学しますが、どこにも入部しないで灰色の学校生活を送ろうとしていました。しかし、姉の命令で廃部寸前の古典部に入部する事になってしまいます。

そこで、成績優秀で美しい千反田えると知り合う事になります。二人は古典部の部員になりますが、折木奉太郎の知り合いの福部里志伊原摩耶花まで加わっていき、廃部寸前の古典部が活気に満ちていきます。

折木奉太郎千反田えると知り合ってから、部室の鍵や、本の貸し出し日などの謎を次々に解明していきます。

千反田えるは、その頭の良さを見込んで「私が幼い頃に、叔父から聞いた言葉を思い出させて欲しい」と無茶苦茶な事を頼み込んでしまうのです。

何を言ってるんだと思ってしまいますが、千反田えるに押し切られる形で、他の部員たちと協力して叔父について調べ始めます。そうしたら、叔父が学校の暴動が起きた後に、退学している事が分かりました。

はたして、千反田えるは叔父から何を聞いたのでしょうか?

AKIRAの豆知識『関谷純が黙って退学した理由』

折木奉太郎(演:山﨑賢人)たちが推理していき、関谷純は学校の暴動に巻き込まれて、怪我をした女子生徒 糸魚川養子を助け出して、優しい英雄と称えらた事が分かりました。

そのため、暴動の首謀者という訳ではなかったのですが、学校としては校舎が燃えてしまった事もあり見せしめとして生徒を処罰する必要がありました。

そこで、関谷純を退学処分にします。

しかし、関谷純はなぜか黙って退学していきました。その理由は、やはり糸魚川養子に恋をしたのではないでしょうか?

もしも、関谷純が「自分は燃えている校舎の中から糸魚川養子を助け出しただけ」と主張したら、教師たちが「校舎の中に糸魚川養子がいたという事は、この女子も暴動に加わっていたのかもしれない」と思ったのでしょう。

糸魚川養子が退学または停学処分になる事を防ぐために、関谷純は黙って退学処分を受けたのではないでしょうか。

映画『氷菓』と他の作品を比較

www.akira-movies-drama.comミステリー映画『氷菓』には、いくつか名言(学校はバラ色だけど自分は灰色で良い・やらない事はやらないなど)が登場しましたが、阿部寛さん主演の映画『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』にも多くの名言が登場しています。

主役は、どちらとも冷静沈着な性格をしていて、謎をじっくりと説いていく所は同じです。唯一違うのは、氷菓は時空の謎を解くものに対して、麒麟の翼は場所の謎を解くものです。

その違いを楽しんで、比較してみるのも悪くはないでしょう。 

映画『氷菓』のネットの評価

ネットでは、広瀬アリスさんが女子高生に見えないという意見がありました。

確かに、自分も映画『氷菓』を見ていたら『少し広瀬アリスさんが大人っぽく見えてしまうので、これであれば広瀬すずさんのほうが適役かなぁ』と思ってしまいました。

原作の千反田えるのほうが、清楚で優しいイメージがあったという声までありましたが、この辺りは実写映画の難しい所かもしれません。何から何まで真似をすれば良いという訳ではないので、少しだけアレンジしても良いとは思います。

ただし、アレンジしすぎては原作ファンから反発を買ってしまうので、あまり原作の雰囲気を壊さない程度にアレンジする事が求められるのかもしれません。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

映画『氷菓』のまとめ

広瀬アリスさんは、女子高生としては大人っぽすぎますが、それでも制服姿の広瀬アリスさんを見れたのは嬉しかったですね。

山崎賢人さんは、高校生役でも全く違和感はなかったのですが、それは俳優さんとして適役になる場合もあれば、ならない場合もあるので、仕方のない事でしょう。

学園ミステリーの映画は初めて見たのですが、やはり人の命が奪われる事がないので、迫力不足である事は否めません。

これは個人の好みによって違うとは思いますが、私は学校の怪談話なども加わっていたら、さらに面白かったのではないかなと思ってしまいました。

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『氷菓』が視聴可能なので、制服姿の広瀬アリスさんや山崎賢人さんたちの演技を見る事ができます(2020年5月時点)。