WワーカーAKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に新作映画を1〜2記事・ドラマは毎週5記事以上更新しているブログです!

映画 銀魂|高杉晋助たちは意外と史実通り?その理由を解説

銀魂』は、福田雄一監督が制作した作品だけあって、笑い所の多いアクション映画です。ところが、この作品に登場する高杉晋助や武市変平太たちは意外にも史実通りの内容が多いので、その理由について解説しましょう。

映画『銀魂』のキャスト

コメディー映画『銀魂』は、2017年7月14日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

主題歌

映画『銀魂』の主題歌は、UVERworldの『DECIDED』になります。

映画『銀魂』のストーリー

幕府は、アマントの圧力に負けてしまい日本を支配しつつありました。それに武士たちが一斉蜂起して激しい戦いが起きますが、武士たちは敗北してしまいます。

アマントは武士たちが反抗しないように廃刀令を出して、武士は誇りだけではなく刀まで失う事になります。ところが、武士たちの中には坂田銀時のように木刀を持ち歩いて、武士の誇りを失わない者までいました。

坂田銀時には、大勢の仲間がいましたが岡田似蔵に襲われるようになったのです。岡田似蔵は妖刀を扱い、あの桂小太郎でさえ倒されてしまうほどでした。

何とか岡田似蔵を倒そうと船に乗り込みますが、そこにはかつて同じ仲間だった高杉晋助の姿があり、何とアマントと手を組んでいたのです。

はたして、坂田銀時はかつての仲間であった高杉晋助たちを倒す事ができるのでしょうか?

高杉晋助たちが史実通りの理由』

福田雄一監督が制作した映画のわりには、史実をあまり壊さない所があったので、そのうちのいくつかを紹介します。

高杉晋作高杉晋助)は幕末の破壊者

高杉晋助が、映画で「俺は破壊するだけだ」と言っていましたが、史実でも、正に旧体制の幕府を破壊し続ける男でした。

まず士農工商という身分制度を破壊するために『奇兵隊』を設立します。この奇兵隊は身分に関わらず同じ軍隊として作り上げられたもので、江戸時代では考えられないものでした。

さらに、高杉晋作は天才的な軍略家でもあり、少数の軍勢でも果敢に戦いに挑み敵を蹴散らしてきました。特に有名なのが、第二次長州征討です。

この戦いでは、幕府側10万以上の大軍に対して、長州側はわずか3千足らずでしたが幕府軍を蹴散らして倒幕の狼煙を上げた、まさに破壊者でした。高杉晋作が破壊するだけで、何も作らなかったのは惜しくも早くに亡くなった事が原因しています。

桂小五郎(桂小太郎)は逃げの小五郎

新政府創設に欠かせない人物として、維新三傑と呼ばれたのが、木戸孝允桂小五郎)・大久保利通西郷隆盛たちでした。

その中でも、桂小五郎は若い頃から、常に新撰組たちに狙われていましたが逃げ足が早い事から『逃げの小五郎』とも呼ばれていたのです。

この映画でも、その史実を思わせるシーンがあって、エリザベスを使って坂田銀時を救出します。あまりの用意周到さに坂田銀時は驚きますが、このあたりは歴史ファンの方であれば、思わず『意外と史実通りだな』とうなりたくなる所でしょう。

近藤勇近藤勲)は常に新撰組と共に有り

組織のトップは部下をおきざりに逃亡する事はしばしばあります(徳川慶喜のように)。

ところが、新撰組の局長 近藤勇は、そのような事はせず、常に新撰組と共に戦い続けてきました。 この映画でも、近藤勲新撰組と共に行動する辺りは史実通りで安心して見ていられるシーンでしたね。

高杉晋助役の堂本剛

高杉晋助を演じていたのは、KinKi Kids堂本剛さんです。この役を任された事について、喜びのコメントをしている辺りは歴史に結構詳しいのかなと思ってしまいます。

そんな堂本剛さんのプロフィールは以下の通りです。

  • 名前:堂本剛
  • 生年月日:1979年4月10日
  • 出身地:奈良県
  • 血液型:AB型
  • 正座:おひつじ座
  • 趣味:釣り

堂本剛さんは奈良県出身で、古都の生まれという事もあり、歴史に詳しかったとしても不思議ではありませんね。

そんな奈良県ですが、最近はコロナウイルスの自粛により、せんべいをもらえなくなった鹿が徘徊しているというニュースもあるので心配です。

私が若い頃、音楽番組を見ていたら堂本剛さんが「最初はKinKi Kidsではなくて、関西ボーヤになりそうで、その時は奈良へ帰ろうかと思っていました」と言っていましたね。

しかし、最近になり堂本剛さんの心境に変化があって、新曲に『KANZAI BOYA』をつけた事に喜んでいるようです。この辺りは名付け親になりそうだったジャニー喜多川さんへの想いが色々とあるんでしょうね。

参照元https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200325-00010007-realsound-ent

映画『銀魂』と他の作品を比較

福田雄一監督のコメディー映画は『銀魂』だけではなく『斉木楠雄のΨ難』という作品もあります。斉木楠雄のΨ難では、同じような笑えるコメディー映画です。

しかし、笑えるシーンが少なくて、派手なシーンも少ない内容でした。

それに引き換え、銀魂は笑えるシーンは数多くある上に、派手なアクションシーンや妖刀の輝きなど見所の多い映画になっています。

それでも、斉木楠雄のΨ難福田雄一監督の代表作なので、福田ワールドにどっぷつりつかりたい方は見ておく価値はあるでしょう。

www.akira-movies-drama.com 

映画『銀魂』のネットの評価

ネットでは、原作と見比べてガッカリしたという厳しい評価が多かったです。私は原作を読んでいないので、何とも言えない所ですが、原作を読んでいない方であれば、笑い所が多いので楽しめる映画でしょう。

俳優たちの棒読み加減が気になった方もいたのですが、この辺りは監督の指示かもしれないので、仕方のない所と言えます。厳しい評価がある一方で、笑える映画という事で高く評価している声もありました。

この辺りは、さすが福田雄一監督だなぁと思える所ですね。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

映画『銀魂』のまとめ

銀魂では、橋本環奈さんだけではなく、新撰組役の中村勘九郎さん・柳楽優弥さんたちまで笑いを引き起こしてくれて、最初から最後まで笑える映画でした。

さらに妖刀の怪しい輝きや、リアルな斬り合いのシーンなどは見応え十分でした。

特に、私のツボに入ったのが、志村妙役の長澤まさみさんが「私の事、分かります?」と聞いたら、坂田銀時役の小栗旬さんが「ゲロみたいな料理を作る女」と答えてぶっ飛ばされるシーンですね。

実写版は何かと難しいかと思いますが、それでも定春やエリザベスをあそこまで可愛らしくも面白く実現させたのは最高に良かったです。

そんな笑いあり、アクションシーンありの映画『銀魂』は、動画配信『U-NEXT』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格1990円)。

初入会の方であれば2日間は無料で見る事ができます(2020年5月時点)。