麒麟がくる 第15回|織田信光が織田彦五郎を討った理由

明智光秀像

大河ドラマ麒麟がくる 第15回 道三、わが父に非ず』では、織田信光が清須城の織田彦五郎を成敗しますが、なぜ討つ決意をしたのか紹介しましょう。

大河ドラマ麒麟がくる 第15回』のキャスト

大河ドラマ麒麟がくる 第15回』は、2020年4月26日に放送されました。

脚本&語り

女優&男優

大河ドラマ麒麟がくる 第15回』に出演する俳優や女優さんたちです。

明智
斎藤家
織田家
今川家
その他

大河ドラマ麒麟がくる 第15回』のストーリー

斎藤利政は、深芳野が亡くなった事に心を痛めて、剃髪して道三と号しました。そして息子の利政に家督を譲ります。しかし、斎藤孫四郎は帰蝶の勧めで、家督については明智家を頼るように言われていたのです。

斎藤孫四郎は明智光秀を頼ろうとしますが「道三様が決めた事なので、簡単に考えは変わりますまい」とあしらわれてしまいます。

翌日になり、斎藤利政は明智光秀を呼び出して「昨夜の話は聞いておる、それにしても父上は孫四郎を甘やかしたり、織田信長を持ち上げすぎたりして、何かとやりづらい」と愚痴をこぼします。

完全に織田信長を甘くみていたのですが、その尾張で大事件が起きてしまうのです。織田信長側についていた織田信光が、清須城の織田彦五郎に味方する振りをして成敗してしまいました。

織田信長は簡単に清須城を陥落して、尾張をほぼ手中に収めます。この知らせは、斎藤家や今川家などの諸大名に衝撃を与えてしまいました。そして、斎藤高政は一大決心をしますが、はたして何を企んでいるのでしょうか?

織田信光が織田彦五郎を討った理由』

織田彦五郎は、事もあろうに尾張の守護  斯波義統を斬り捨ててしまいます。

斯波義統の息子 斯波義銀は、織田信長を頼る事になったので、これで織田信長は織田彦五郎を討つ大義名分が出来ました。麒麟がくるでは、織田信光が「彦五郎殿から碁を一緒に打つように誘われたがいかがしたものか」と悩んでいたら、帰蝶が「碁を打ちにいけばよろしいでしょう。討ちにいけば」とそそのかされます。

これにより、織田信光は織田彦五郎を討つ決意をして、清須城が陥落しました。

史実によれば、織田信光は織田彦五郎を討った後に、清須城入りした信長から名古屋城を貰い受けます。

この事から、織田信長から首尾よくいけば名古屋城をもらう約束をしていたと考えるべきでしょう。うつけと言われていた信長でしたが、父の信秀を悩ませていた織田彦五郎を簡単に征伐したのはさすがと言うべきです。

織田信光役の木下ほうか』

織田信光役の木下ほうかさんは、昔から多くの時代劇のドラマや映画などに出演してきました。特に、映画『陰陽師』では桓武天皇を務めていて、脇役から重要人物まで見事に演じてきました。

それほどの男優 木下ほうかさんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:木下ほうか
  • 生年月日:1964年1月24日
  • 血液型:O型
  • 正座:水瓶座
  • 出身地:大阪府
  • 趣味:献血・バイク

木下ほうかさんまで出演しているとは頼もしい限りですが、残念ながら織田信光の登場回数は少ないので、もう少し木下ほうかさんの演技を見たい所でした。

www.akira-movies-drama.com 

大河ドラマ麒麟がくる』のまとめ

今まで、諸大名から大うつけと侮られていた織田信長が、織田信秀さえ攻略していなかった清須城を鮮やかに落とした所を見ていたら気分がスカッとします。

斎藤高政や太原雪斎は『そんな馬鹿な』と愕然とするシーンは『見たかね、見たかね』と突っ込みたくなるほどです。

やはり、人は噂だけで判断してはいけないという典型的な例ですね。

それにしても、織田信光という男は、最期はあっけなかったのですが、織田信秀織田信長に従ってきて先見の明がありました。もう少し見ておきたかった所ですが、いよいよ織田信長桶狭間が近づいているので、ますます目が離せなくなってきましたね。

大河ドラマ麒麟がくる 第15回』は、動画配信『U-NEXT』で見る事ができて、初入会の方であれば2日間は無料で見る事ができます(2020年5月時点)。