猫侍 南の島へ行く|北村一輝が酒井敏也にあしらわれる?

映画『猫侍 南の島へ行く』では、班目久太郎(演:北村一輝)が船頭(演:酒井敏也)に冷たくあしらわれて、地獄の旅が始まるので詳しく紹介しましょう。

映画『猫侍 南の島へ行く』のキャスト

映画『猫侍 南の島へ行く』は、2015年9月5日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 班目久太郎(演:北村一輝)土佐を目指す侍
  • お蓮(演:LiLiCo)牢獄で知り合った女性
  • 忍者(演:木下ほうか)久太郎を邪魔する忍者
  • 船頭(演:酒井敏也)そっけない船頭
  • タエ(演:木野花)久太郎に冷たく接する身内
  • お静(演:横山めぐみ)久太郎の妻

主題歌

映画『猫侍 南の島へ行く』の主題歌は、松崎しげるさんの『愛のメモリー 猫侍バージョン』になります。

映画『猫侍 南の島へ行く』のストーリー

久太郎は、タエから「土佐藩で剣術指南のお仕事の話があるので、行きなさい」と命令口調で言い渡されてしまいます。しかも、この話が上手くいかなかったら妻と離縁するように言われてしまいました。

仕方なく船に乗ろうとしますが、途中で忍者に邪魔をされてしまって、土佐行きの船はすでになかったのです。

船頭から「もう土佐の船は10日は来ないよ」と冷たくあしらわれてしまって、困り果ててしまいます。ところが他の場所へ行ったら、小舟であれば借りる事ができたので、土佐を目指して漕ぎだします。

ところが、途中で南の島へ漂着してしまって、先住民とトラブルを引き起こしてしまって、何度も大事な白猫を奪われてしまうのです。

久太郎は、何とか土佐へ目指そうとしますが、どうなってしまうのでしょうか?

『船頭役の酒井敏也

船頭役の酒井敏也さんは、主役を務める事はありませんが、多くのドラマや映画で名脇役を演じてきました。そのため、酒井敏也さんがいなければ成立しない作品もあるのですが、その魅力はオドオドした性格です。

バラエティー番組では、その性格をいじられる事が多いのですが、映画やドラマでは、その変わった性格がストーリーを盛り上げてくれます。そんな方のプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:酒井敏也
  • 誕生日:1959年5月30日
  • 出身地:岐阜県
  • 正座:ふたご座
  • 血液型:O型
  • 趣味:粘土細工

映画『猫侍 南の島へ行く』と前作を比較

今作は、南の島へ漂着して、白猫を懸命に探す内容で、どこが面白いのかよく分からない内容になっています。それに比べて、前作は犬派と猫派に分かれていて、猫を斬ってくれと頼まれても、その可愛さに斬れないで猫侍になってしまう話です。

前作のほうがはるかに面白い内容だったので、これは絶対にシリーズ化しないほうが良かったなぁと思ってしまうほどの差が生まれています。

www.akira-movies-drama.com

映画『猫侍 南の島へ行く』のネットの評価

ドラマと比べて、内容があまりにもつまらないという声があがっています。自分はドラマを見ていないのですが、前作と比べてみて、どう考えてもつまらないですね。

ネットでも、猫が好きな方であれば覚悟して見て下さいという言葉どおりで、猫が好きでなければ退屈に感じてしまう可能性はあります。

しかし、笑える所もありますし、斬り合うシーンもあるので、見所もあるので、猫好きなら見ておく価値はあるでしょう。

https://www.amazon.co.jp/

映画『猫侍 南の島へ行く』のまとめ

侍が、島へ漂着して猫を探そうとする映画なので、退屈なシーンが多くなっています。しかし、久太郎の娘が「タマ(猫)と一緒に仲良くなりたいんです」と言った時に、タエが「ならなくてよろしい」という辺りは最高に面白かったですね。

意地悪なタエが家族たちに毒舌になる所が面白かったのに、その肝心のタエのシーンが少なかったのが残念な所でした。それでも、侍と猫にスポットを当てた映画はあまり多くないので、1度は見てみるのも悪くはないでしょう。

映画『猫侍 南の島へ行く』は、動画配信『U-NEXT』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格1990円)。

初入会の方であれば31日間は無料で見る事ができます(2020年5月時点)。