映画『リング』呪いに井戸が関係している3つの意味

リングの呪い

ジャパニーズホラーの伝説的映画『リング』では、呪いのビデオテープに井戸が出現して、それを見た者は1週間以内に命を落としてしまいます。そこで、なぜ井戸と呪いが関係しているのか?3つの意味を紹介します。

映画『リング』のキャスト

映画『リング』は、1998年1月31日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 浅川玲子(演:松嶋菜々子) 呪いを調べるディレクター
  • 高山竜司(演:真田広之)浅川玲子の元夫
  • 浅川陽一(演:大高力也)浅川玲子の息子
  • 浅川浩一(演:村松克己)浅川玲子の父親
  • 高野舞(演:中谷美紀)高山竜司の生徒
  • 大石智子(演:竹内結子)陽一の従兄弟
  • 大石良美(演:しみず霧子)大石智子の母親
  • 倉橋雅美(演:佐藤仁美)大石智子のクラスメート
  • 吉野賢三(演:松重豊)テレビ局に務める人物
  • 岡崎(演:柳ユーレイ)浅川玲子の同僚
  • 小宮(演:李鐘浩)カメラマン
  • 早津(演:田辺博之)浅川玲子を案内する男性

主題歌

映画『リング』の主題歌は、HIIHの『feels like HEAVEN』になります。歌詞で「来る、きっと来る』という言葉が、いかにも幽霊がやってきそうな内容ですが、実際に聞いてみると意外と明るい曲調になっているから、不思議な歌です。

映画『リング』のストーリー

大石智子は、自宅で友達と呪いのビデオテープの話をして盛り上がっていました。それは、井戸が出てくる呪いのビデオテープを見たら、1週間以内に命を落とすというものでした。

その時は笑いあっていたのですが、大石智子は本当に命を落としてしまったのです。大石智子の親戚の浅川玲子は、亡くなった原因を調べようとしたら、あるペンションにあった呪いのビデオテープが関係している事を突き止めます。

浅川玲子は噂のペンションまで行って、そのビデオテープを見たら、本当に井戸が出現したのです!さらに、その直後に無言の電話もかかってきたので、霊感の強い元夫の高山竜司に協力を求めます。

ところが、浅川玲子が息子と一緒に、祖父の家に泊まっていたら、夜中に息子が呪いのビデオテープを見ていたのです。浅川玲子は「どうして、こんな物を持ってきたの」と問い詰めたら「だってトモちゃん(大石智子)が見ろって」と力なく答えます。

はたして、呪いの連鎖を断ち切る事はできるのでしょうか?

『呪いに井戸が関係している3つの意味』

リングの呪いのビデオには、井戸が出現していますが、なぜ呪いと井戸が関係しているのか?それは5つの意味があると思うので詳しく解説しましょう。

貞子が命を落とした場所

一番大きな理由は、貞子が井戸に投げ込まれて、命を落としたからでしょう。最も恨みが残る場所だったので、それが呪いとなってビデオに残ってしまったのです。

体を引き上げて欲しかった可能性

貞子は、井戸で亡くなってしまって、体はそのまま井戸の中でした。そのため、呪いのビデオに井戸を表す事により、誰かに体を引き上げて欲しかったのでしょう。

その甲斐もあって、高山竜司たちが井戸まで行き体を引き上げようとしたので、貞子の狙い通りだったと言えます。

霊は水を好む

幽霊は、水を好むと言われていて、ジメジメとした所にはよく幽霊が出現します。

なぜ水のある所に幽霊が出やすいのかと言えば、古来より水は鏡のように映り込む事から、水は現世と霊界をつなぐ場所と信じられていたからです。そのため、呪いのビデオに井戸が出ても不思議ではありません。

映画『リング』と他の作品を比較

www.akira-movies-drama.com映画『リング』では、ビデオを見たら命を落とすストーリーでしたが、それによく似ているのが映画『着信アリです。

着信アリでは、呪いの電話がかかってきたら、呪いの着メロがなり出して、指定された着信時間で命を落とすというものです。

リングシリーズのライバルでは、呪怨シリーズが有名ですが、ストーリーの内容としては着信アリシリーズのほうがライバルのような関連性と言えるでしょう。

映画『リング』のネットの評価

ネットでは、怖いというよりも伝説的な映画を観れて満足している声があがっていました。確かにリングは、もはや伝説的な映画でもあり、ジャパニーズホラーの金字塔とも言えるので、見るだけで満足できるという方の気持ちはよく分かりますね。

しかし、現在のホラー映画を見ている方にしてみれば、演出があまり怖くない感じで落胆している方もいました。実際に、私も久しぶりに見てみたら、演出で怖がらせるというよりは、ストーリーで怖がらせる映画だったなと思いましたね。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『リング』のまとめ

ジャパニーズホラーの伝説的な作品『リング』を久しぶりに見てみましたが、現在のホラーに比べたら怖い演出はないのですが、じわりと恐怖を感じさせるBGMやストーリーはゾクゾクする感じで良いですね。

呪いのビデオを見たら、1週間で命を奪われてしまうので、1週間以内で呪いを解く方法を探すのも、タイムリミットがあってスリルがあって良かったです。

なぜ1週間で、命を落としてしまうのか?その謎を追い詰めていく所は、ミステリー要素もあって、ホラー好きな方はぜひ見ておいて損はないでしょう。

映画『リング』は、動画配信『U-NEXT』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格1990円)。

初入会の方であれば31日間は無料で見る事ができます(2020年5月時点)。