映画『AI崩壊』AIとコロナウイルスの標的は同じ?

映画『AI崩壊』では、AI『のぞみ』が人間の健康から交通システムまで、様々なものをサポートするようになっていましたが、突如暴走し始めて、人間に襲いかかってきたのです。その標的は、コロナウイルスと同じだったので詳しく紹介しましょう。

映画『AI崩壊』のキャスト

日本のドラマ映画『AI崩壊』は、2020年1月31日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 桐生浩介(演:大沢たかお)画期的な医療AIを開発した男
  • 桐生望(演:松嶋菜々子)桐生浩介の妻
  • 桐生心(演:田牧そら)桐生浩介の娘
  • 西村悟(演:賀来賢)桐生浩介の義弟
  • 飯田眞子(演:玉城ティナ)HOPE社の広報担当者
  • 大河原宏(演:マギー)HOPE社の社員
  • 前川健吾(演:野間口徹)HOPE社のデータセンターの所長
  • 桜庭誠(演:岩田剛典)警視庁の理事官
  • 望月剣(演:髙嶋政宏)桜庭の側近
  • 林原舞花(演:芦名星)桜庭の部下
  • 奥瀬久未(演:広瀬アリス)警視庁の新米刑事
  • 合田京一(演:三浦友和)警視庁の上層部に反発する刑事
  • 田中英子(演:余貴美子内閣総理大臣

主題歌

映画『AI崩壊』の主題歌は、AIさんの『僕らを待つ場所』になります。 恐らくAIつながりで、AIさんの歌が、今作の主題歌に選ばれたのかもしれませんね。

映画『AI崩壊』のストーリー

桐生浩介は、愛する妻がガンになってしまったので、懸命になって医療AIの開発に没頭していました。しかし、桐生浩介が作ったAIの使用は、政府が認可しなくて妻は亡くなってしまったのです。

皮肉にも、妻が亡くなった後に政府がAI『のぞみ』を認可するようになって、のぞみは医療だけではなく、交通システムから銀行まで様々なものをサポートするようになっていました。

ところが、桐生浩介が首相官邸へ向かう途中に、のぞみが突如暴走するようになってしまって、警視庁は小型ドローンで追跡した結果、桐生浩介がAIを暴走させた犯人と断定して追跡するようになったのです。

桐生浩介は自分が無実だと主張しながら逃走していきますが、その間にもAIの暴走は激しさを増していき、生きる価値のない人間と判断した者を始末しようとプログラムが作動し始めました。

桐生浩介は、弟の西村悟と連絡を取り合ってAIの暴走を止めようとしますが、どうなってしまうのでしょうか?

『AIとコロナウイルスの標的は同じ』

AI『のぞみ』は暴走し始めて、生きる価値のある人間と生きる価値のない人間を選別し始めます。生きる価値のない人間と断定される理由は無茶苦茶なもので、交友関係や病状・体調など様々なパロメーターで判断していきました。

そのため、余命がわずかな人間は生きる価値のない人間として始末しようとしたのです。こうなってしまえば、高齢者は真っ先に狙われてしまって、皮肉にもコロナウイルスで重病になりやすい方と同じでした。

AIが仮に暴走しなくても、今後もコロナ以外で違うウイルスが流行ってくる事はあり得ると思うので、高齢者や子供達をどのようにして守っていくのか?国民が国家体制を見直す必要がきているのかもしれません。

映画『AI崩壊』と他の作品を比較

AIが暴走してしまう映画であっても、基本となるのは親子愛でした。

暴走してしまったAIのせいで、愛する娘が閉じ込められてしまって、父親が懸命に娘を救おうとしました。最先端の技術にスポットを当てた映画『AI崩壊』と対局をなすようなもので『おしん』がありますが、おしんの基本も親子愛です。

おしんは、貧しかった時代の日本で、母がなんとか娘を守ろうとする映画で、多くの方たちから注目されました。

新しい日本と、昔の日本を取り扱った2作品ですが、基本は同じ親子愛を取り上げているので、これらの2作品を見比べてみるのも悪くはないでしょう。 

www.akira-movies-drama.com 

映画『AI崩壊』のネットの評価

邦画にしては、珍しくお金をかけた演出になっていて満足している方がいました。

しかし、ストーリーに無理があるようにも感じている声もあがっていたのです。

やはり、映画やドラマは話を盛り上げるために、話を誇張する必要もあるので、少し辻褄(つじつま)が合わない所はどうしても出てしまいます。

そのような事を考えたら、この映画を見る時は、少し広い心で見てたほうが良いでしょう。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『AI崩壊』のまとめ

AI崩壊は、車が落下していくシーンや、小型ドローンが出現するシーンなどが登場して、なかなか見ごたえのある映画になっていました。

途中までは、AIが人間に反乱していく、ありきたりのストーリーかな?と思っていましたが、ラストシーンでは思わぬ展開になるので、少しほっこりとしましたね。

しかし、犯人が予想通りの人間だったので、そこはもう少し分かりづらくして欲しかった所です。

今回は広瀬アリスさんが新米刑事として奮闘する姿も見れて、なかなか良かったですね。広瀬アリスさんは、美しさとフレッシュさの両方を兼ね備えている女優さんだと思うので、今後の活躍も期待したいです。

映画『AI崩壊』は、動画配信『U-NEXT』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格1990円)。

初入会の方であれば2日間は無料で見る事ができます(2020年5月時点)。