映画『リング0』奥貫薫が仲間由紀恵を毛嫌いした理由

映画『リング0〜バースデイ』では、劇団の主演女優の葉月愛子(演:奥貫薫)が、なぜか、貞子(演:仲間由紀恵)を毛嫌いしてしまうので詳しく解説しましょう。

映画『リング0〜バースデイ〜』のキャスト

日本のホラー映画『リング0〜バースデイ〜』は、2000年1月22日に上映されました。

監督&脚本

女優&男優

  • 山村貞子(演:仲間由紀恵)不思議な能力を持つ少女
  • 山村志津子(演:雅子)山村貞子の母親
  • 山村敬(演:大場真人)貞子を守る父
  • 伊熊平八郎(演:伴大介)超能力を調べる科学者
  • 立原悦子(演:麻生久美子)山村貞子と同じ劇団の女性
  • 宮地彰子(演:田中好子)山村貞子を調べる女性
  • 葉月愛子(演:奥貫薫)劇団の主演女優
  • 有馬薫(演:高畑淳子)葉月愛子の先輩
  • 遠山博(演:田辺誠一)立原悦子と仲の良い男性
  • 重森勇作(演:若松武史)劇団の監督

 

主題歌

映画『リング0〜バースデイ〜』の主題歌は、L'Arc〜en〜Cielの『finale』になります。

映画『リング0〜バースデイ〜』のストーリー

宮地はジャーナリストとして、貞子の存在が気になっていました。その頃、ある劇団にも貞子という女性がいました。

まだ劇団に入ったばかりの女性でしたが、主演女優の葉月から毛嫌いされていたのです。監督が葉月の演技に不満を感じて「もういいよ!」と言われてしまったら、なぜか葉月は「あんたのせいよ」と、貞子に責任をなすりつけきました。

遠山は「気にしなくていいよ」と貞子をなぐさめますが、遠山に好意を抱いていた立原も少しずつ貞子が気になり出します。そんな時に、何と主演女優の葉月が、座ったまま白目をむいて、原因不明の亡くなり方をしたのです!

お芝居が始まりますが、宮地の陰謀により、貞子の母親が責められる時の録音テープが再生させられてしまいます。それにより、貞子の秘められた能力が暴れ出して、怪奇現象が起きてしまうのです。劇団員は貞子が薄気味悪く感じて、ついに貞子を滅多打ちにしてしまいます。

ところが、貞子は一人ではなくて、もう一人いた事が分かります。はたして劇団員は、もう一人の貞子の命まで奪ってしまうのでしょうか?

奥貫薫仲間由紀恵を毛嫌いした理由』

葉月愛子(演:奥貫薫)は、あまり貞子(演:仲間由紀恵)と話してもいないのに、最初から毛嫌いしていました。その理由は、やはり劇団の重森監督が、貞子が来てから、自分に対する接し方が厳しくなったからでしょう。

女性のカンはするどいので、自分を指導してくれていた監督の態度が変わったのは、貞子のほうが好きなのではないか?と思った可能性が高いです。

極め付けが、貞子が来てから薄気味悪い井戸の夢を見るようになったので、異質な雰囲気をただよわせている貞子と、井戸の夢のイメージがリンクしたのでしょう。

そのような様々な理由から、葉月は貞子を毛嫌いしたのです。

奥貫薫のプロフィール』

www.instagram.com貫薫さんは、映画『リング0〜バースデイ〜』では少し悪役を演じる事になってしまいましが、その真っ直ぐで強い眼差しをした存在感は絶大でした。

どうしても、主演の仲間由紀恵さんが注目されがちですが、この映画がヒットしたのは奥貫薫さんが仲間由紀恵さんと対立していく構図がウケた事も無視できないハズです。

昔は、アイドルやモデルなど様々な仕事をしていて、現在は若きミュージシャンと結婚していて幸せな生活を送っています。そんな奥貫薫のプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:奥貫薫
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1970年11月22日
  • 血液型:A型
  • 趣味:サッカー観戦・ドライブ

映画『リング0〜バースデイ〜』と他の作品を比較

日本の代表的ホラー映画『リング0〜バースデイ〜』に負けないほどの映画と言えば『シャイニング』でしょう。

シャイニングは、アメリカ合衆国を代表するホラー映画で、呪われた山荘に親子が住み始めたら、父親が狂い始めて妻子に襲いかかってしまうのです。

父親が、何とか正気を取り戻したいのに、呪いに少しずつ負けていくシーンは、切なさと恐ろしさが同居していて、見ているとハラハラさせられます。さらに、重低音のあるBGMが、恐ろしさを増幅させるので、その辺りも大きな見所になっているのです。 

www.akira-movies-drama.com

映画『リング0〜バースデイ〜』のネットの評価

ネットでは、なぜ貞子が井戸に突き落とされたのか?その真相が分かる所について、高く評価している声が多数あがっていました。さらに、仲間由紀恵さんが貞子のハマり役になっている所を気に入っている方もいたのです。

確かに仲間由紀恵さんは黒髪のロングヘアなので、貞子のイメージにピッタリだとは思います。しかし、仲間由紀恵さんの顔があまりにも綺麗すぎるので、あまり恐ろしい貞子になっていないのは残念かなという感じもしましたね。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『リング0〜バースデイ〜』のまとめ

リングの貞子の呪いが始まる前では、まだ若くて美しい貞子の姿を見る事ができます。しかし『リング』や『らせん』の映画の貞子がおどろおどろしい感じがあったので、もう少し幽霊っぽさの貞子も見たかったというのが本音です。

それでも、麻生久美子さんと仲間由紀恵さんという贅沢な共演が見られたので、その辺りは満足できるキャスト陣でした。

映画『リング0〜バースデイ〜』は、動画配信『U-NEXT』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格1990円)。

初入会の方であれば31日間は無料で見る事ができます(2020年5月時点)。