映画『ちはやふる 上の句』机くんたちの名言と挫折は必見?

映画『ちはやふる-上の句-』の机くんや真島太一の名言や挫折を見たら、今まで辛くて乗り越えられなかったものでも、乗り越えられるかもしれないので詳しく解説しましょう。

映画『ちはやふる 上の句』が見れる動画配信

ちはやふる -上の句-を見れる動画配信は『U-NEXT』です。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『ちはやふる-上の句-』を30日間は見る事ができます(2020年5月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

映画『ちはやふる-上の句-』のキャスト

邦画史上最高とも言える青春映画『ちはやふる-上の句-』は、2016年3月19日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

主題歌

映画『ちはやふる-上の句-』の主題歌は、Perfumeの『FLASHになります。少しふんわりとした歌い方になっていて、 真島太一たちの淡い青春を見事に表現した主題歌です。

映画『ちはやふる-上の句-』のストーリー

瑞沢高校では、芸能界で活躍している綾瀬千歳の妹が入学してきたという噂で、もちきりになっていました。その妹 綾瀬千早は、凄い剣幕で、カルタを取っていったので、多くの部員たちが逃げ出してしまいます。

この高校ではカルタ部がもともとなくて、部員を5名集めないと創設が認められませんでした。

幼馴染の真島太一は「誰が、お前と同じ温度でカルタなんてするんだ?」と呆れてしまいますが、千早は全くめげません。それどころか、何度もしつこく勧誘しようとして、机くんと呼ばれていた駒野勉に「君しかいないの」と頼み込みます。

千早の努力は実り、千早・太一・肉まん(西田優征)・大江奏・机くんたちが集まって、カルタ部が創設されました。瑞沢高校は、カルタ大会優勝を目指しますが、肉まんはカルタを始めたばかりの机くんを捨て石にする作戦を思いつきます。

机くんはこの作戦に傷ついてしまって、チームの団結力は崩壊してしまいました。そんな状態で、地区大会の決勝で強豪北央学園と当たりますが、勝つ事はできるのでしょうか?

ちはやふる 上の句』の挫折と名言

今作では、心に響く挫折や名言が多く登場したので、いくつか紹介しましょう。

初めてだから、君しかいないって言われたのは

机くんは、カルタにあまり乗り気じゃなかったのに、合宿に参加してきたので、部長の太一から「来ないかと思ったよ」と言われてしまいます。

ところが、机くんは千早から「君しかいない」と言われた事を話し出して「初めてだから、君しかいないって言われたのは」としみじみと感慨深くなります。いくらやる気のない人間であっても、ここまでの事を言えば、やる気を出させる事は可能かもしれませんね。

全てかけてから言いなさい

太一は「新はカルタが強すぎるので、青春全てをかけても勝てないと思ったんです」 と言いますが、師匠から「神様だの運だの言うのは、全てをやった人間の特権じゃないかな。全てかけてから言いなさい」とさとされます。

まさにその通りで、プロとして活躍している方は途中で諦めずに努力を続けたからプロになれたのであって、プロになれなかった多くの方たちは途中で諦めただけです。

そのような事を考えたら、太一の挫折や師匠の名言は、私たちに多くの事を教えてくれますね。

苦しいけどやっているんだよ!いつか超えられる気がするから

肉まんは、カルタを始めたばかりの机くんを相手チームのエースにぶつけて、勝とうとします。しかし、それは机くんのプライドを傷つけてしまって「もう帰らせてもらうよ」と大会を投げ出そうとします。

千早たちは懸命に止めようとしますが、机くんは「数合わせだったんだろう!君しかいないって調子の事を言って。僕にはカルタの才能がないんだ」とうなだれてしまいました。

そんな机くんを見て、太一は「俺だってカルタの才能なんてないんだよ。苦しいけどやっているんだよ!それでもいつか超えられる気がするから」と苦しい胸中をさらけだします。

ここでは机くんが挫折しよとするので、太一が名言で励まそうとするシーンではありますが、太一自身も挫折からはいあがろうとしている事がよく分かりますね。

映画『ちはやふる-上の句-』と他の作品を比較

邦画史上最高と思えるほどの青春映画ちはやふる-上の句-』に対抗できるほどの映画は『ヒロイン失格』ではないでしょうか。

ヒロイン失格では、思い込みの激しいヒロイン(演:桐谷美玲)が、幼馴染の寺坂利太(演:山﨑賢人)の彼女になるのは自分しかいないと思っていました。

しかし、自分よりもブスと思っていた女に、幼馴染を取られて、あの手この手で対抗しようとする所が面白い上に、最高に愛おしく見えます。

www.akira-movies-drama.com

映画『ちはやふる-上の句-』のネットの評価

ネットでは、千早役の広瀬すずさんの名演技と可愛らしさにメロメロになってしまった方の声が続出していました!

自分も、この映画を見る前までは、なんとなく広瀬すずさんは可愛いなぁぐらいにしか思っていなかったのですが、この映画で大の広瀬すずファンになりましたね。

広瀬すずさんは自分の外見にあぐらをかいていなくて、熱く叫ぶシーンや最高にハシャグ演技などが上手くて、思わずウットリとしてしまいます。

さらに机くんの挫折や頑張りに感動している方もいて、まさに千早だけが主役ではない映画で、全ての登場人物が主役と言える作品という感じがします。

ただし、アニメと実写映画では、新がだいぶ違うという意見もあったので、注意は必要です。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『ちはやふる-上の句-』のまとめ

広瀬すずさん主演の映画なので、主役にばかり注目されがちだと思いましたが、多くの役者さんたちの個性が光る映画でした。

私は、広瀬すずさん目当てで見ようとしましたが、机くんの挫折と努力には感動させられましたね。

君しかいないと言われたので、やってみたら全く戦力にならなかったのに、カルタ部の思い出が蘇り、はいあがろうとするシーンは良かったですね。