映画『貞子3D』石原さとみ似のホラークイーン?

映画『貞子3D』では、あの大女優の石原さとみさんが主演を務めましたが、実は石原さとみさんによく似たホラークイーンもいるので詳しく紹介しましょう。

映画『貞子3D』が見れる動画配信

貞子3Dを見れる動画配信は『U-NEXT』です。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『貞子3D』を30日間は見る事ができます(2020年5月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

映画『貞子3D』のキャスト

日本のホラー映画『貞子3D』は、2012年5月12日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 鮎川茜(演:石原さとみ)特殊能力を持つ教師
  • 鮎川茜-少女時代(演:平祐奈)幼い頃の鮎川茜
  • 安藤孝則(演:瀬戸康史)鮎川茜の恋人
  • 貞子(演:橋本愛)呪いの動画に関係している女性
  • 中村正彦(演:高橋努)呪いを信じる刑事
  • 榎木(演:染谷将太)安藤孝則の同僚
  • 北山理沙(演:高良光莉)鮎川茜を怖がる生徒
  • 森崎典子(演:喜多陽子)呪いの動画で命を落とす生徒
  • 柏田清司(演:山本裕典)呪いの動画を配信する男
  • 小磯勇吾(演:田山涼成)ベテラン刑事

主題歌

映画『貞子3D』の主題歌は、シドの『S』になります。

映画『貞子3D』のストーリー

森崎は、授業中にも関わらず携帯電話をいじっていたので、教師の鮎川に見つかってしまいます。鮎川は「何をしているの?」と問いただすと「呪いの動画ですよ」と言われてしまうので、見てみると呪いの動画でも何でもありませんでした。

呆れ返った鮎川でしたが、何と森崎は家へ帰宅した後に窓から飛び降りて命を絶ってしまったのです。

実は、呪いの動画を見て、命を絶っていく人間が続出していったので、刑事たちは次第に『本当に呪いの動画があるのではないか?』と疑い始めます。

そんな時に、北山まで呪いの動画を調べ始めて、画面から出てきた女に引きずり込まれそうになったので鮎川は懸命に助けようとします。そうしたら女は「お前だ」と言って、パソコンの画面が粉砕してしまうのです。

呪いの動画を最初に配信していた柏田は、自分を非難する世界に復讐するために、貞子という恐ろしい女の復活を目論んでいました。鮎川は特殊能力を持っていたので、ついに貞子に見つかってしまったのです。

はたして、鮎川は今後どうなってしまうのでしょうか?

石原さとみ橋本愛に狙われた原因』

鮎川茜(演:石原さとみ)が、貞子(演:橋本愛)に狙われてしまったのは、恐ろしい特殊能力を秘めていたからです。

貞子が復活するには、それに見合うほどの器が必要だったので、様々な人間を探していました。そして、ついにスマートフォンから貞子の手が出てきて「お前だ」と言って、鮎川の首をしめあげます。

画面に吸い込まれた鮎川の前では、恋人の安藤が首を斬られようとしていたので、鮎川は身代わりになろうとします。

ところが、貞子が鮎川を必要としていたのは、その他にも理由があり、自分と同じように暗い過去を持っていた事もリンクしていたのでしょう。

実際に、鮎川は少女時代に特殊能力を発揮して、変質者を吹っ飛ばしてしまうので、周りの生徒たちから疎外されてしまいました。この辺りが、井戸の中に閉じ込められた貞子の境遇に似ていると言えば、似ていますね。

石原さとみ似のホラークイーン』

石原さとみさんの魅力といえば、厚めの唇で美しい顔立ちでしょう。ところが、その顔立ちに似ていると評判のホラークイーンがいて、それが北原里英さんです。

北原里英さんは『劇場霊』のスピンオフドラマに出演したり、映画『としまえん』では主演を務めたりしてきたのです。

ドラマや映画の主演回数では、石原さとみさんのほうが上です。しかし、北原里英さんはホラー作品の経験が豊富なので、今後はこの二人がどのように競い合っていくのか、楽しみです。

映画『貞子3D』と他の作品を比較

リングシリーズで登場する貞子の復活に焦点をあてた映画『貞子3D』は『リング0〜バースデイ』に比べたら、怖さが足りない感じですね。

超能力を持つ鮎川茜が「キャー!」と叫んでガラスを割るシーンはいまいちだなぁと思ってしまう所です。 しかし、柏田清司の「さぁ始めよう」というセリフは、自分のツボに入ってしまって気に入ってしまいました。

それ以外は、特に見所と呼べるものはないのですが、復活しようとした怪物が刑事を噛み付くシーンは凄かったですね。

www.akira-movies-drama.com

映画『貞子3D』のネットの評価

ネットでは、貞子3Dへの評価は、まさに非難轟々の嵐でした。あまりにもリングシリーズの作品としてはお粗末という声が多数あがっており、これは作風を大幅に変えてしまったので、やむを得ない所です。

リングシリーズと思わなければ、それなりに楽しんで見れるとは思いますが、やはりリングの作品とは言えない演出でしたね。ジャパニーズホラーというよりは、洋画ホラーに近い怖がらせ方なので、洋画ホラーが好きな方であれば、見てみるのも悪くはないかもしれません。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『貞子3D』のまとめ

リングシリーズの中では、初めて『貞子』の名前がタイトルで採用されたので、どんなものかなと思ってみたら、洋画ホラーの化け物が登場するような作品でしたね。

井戸から登場する化け物たちは、恐らく貞子復活のために放り込まれた女性たちだったのでしょう。そして、虫が多く登場してしまいますが、これはリメイク版のザ・リングを思わせるような演出ですね。

リング作品としては物足りなさを感じますが、石原さとみさん主演のホラー映画は珍しいのでファンは見ておく価値があるでしょう。