WワーカーAKIRAの映画・ドラマブログ

毎週、最新の映画を1本以上・最新のドラマを7本以上は更新しているブログです!

映画『貞子3D2』瀧本美織が平澤宏々路の握手に込めた想い

映画『貞子3D2』では、安藤楓子(演:瀧本美織)が、安藤凪(演:平澤宏々路)の手を絶対に離そうとしませんでした。そこには、悲しくも愛おしい過去が大きく関係していたので、詳しく解説します。

映画『貞子3D2』を見られる動画配信

貞子3D2を見れる動画配信は『U-NEXT』です。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『貞子3D2』を30日間は見る事ができます(2020年5月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

映画『貞子3D2』のキャスト

日本のホラー映画『貞子3D2』は、2013年8月30日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 鮎川茜(演:石原さとみ)貞子の呪いと戦った後に消息不明
  • 安藤孝則(演:瀬戸康史)鮎川茜の夫
  • 安藤楓子(演:瀧本美織)安藤孝則の妹
  • 安藤凪(演:平澤宏々路)安藤孝則と鮎川茜の娘 
  • 上村 文香(演:大沢逸美)心理学に詳しい教授 
  • 垣内貢(演:大西武志)頭の狂った刑事
  • 柏田清司(演:山本裕典)猟奇的な事件を起した男
  • 小磯勇吾(演:田山涼成)貞子の呪いに怯える元刑事

主題歌

映画『貞子3D2』の主題歌は、東方神起の『SCREAM』になります。

映画『貞子3D2』のストーリー

貞子の呪いと戦った鮎川茜は亡くなってしまいますが、凪という娘がいました。

凪は薄気味悪い所があり、人が亡くなる所を予知するかのような絵を描いたり、凪の周囲の人々が無残な亡くなり方をしたりしました。

さらに、凪は人が亡くなった後に不気味に笑ってしまい、凪の親戚の楓子は少しずつ凪が恐ろしく思えてきました。

楓子は『凪はもしかしたら貞子の娘ではないか?』と疑うようになり、眠った凪を橋からつき落とそうとします。

しかし、凪は途中で目覚めて「凪の事が怖いの?」と涙ぐんでしまい、ハッと我にかえります。そして、楓子は兄に凪の辛さを訴えたら、実は茜がまだ生きている事を知らされます。

凪は、母親に会おうとしますが、そこで貞子の呪いにより妻を亡くした刑事が茜の命を奪ってしまうのです。それに怒り狂う凪の前に、呪われた井戸が出現して、そこから大量の血が噴水ようにあふれだしてきました。

はたして、凪と茜はどうなってしまうのでしょうか?

瀧本美織が平澤宏々路の握手に込めた想い』

安藤楓子(演:瀧本美織)は、若い頃に、母親が浴槽で手首を切って、命を絶ってしまった所を目撃してしまいます。小学生ぐらいの頃だったので、懸命に母親を助けようとしますが、浴槽から母親を持ち上げる事は不可能でした。

手をいくら引っ張っても、母親はそのまま血まみれの浴槽の中に沈んでいきました。

そして、貞子が復活した時に、凪は貞子によって井戸の中へ引きずり込まれていきます。そこで、楓子は『今度こそ、愛するべき人の手を離さない』と思い、凪の手をしっかりと握りしめるのです。

楓子が凪の手を握った時に、そのような想いが込められており、この映画の最大の見所と言えるでしょう。

瀧本美織のプロフィール』

www.instagram.com瀧本美織さんは、少し特殊な経歴のある女優さんで、映画よりもドラマのほうが圧倒的に出演回数が多い方です。それでも『彼岸島』というホラー映画にも出演していて、ホラー作品の出演は少し多い方ですね。

そのような事を考えたら、もう少しホラー映画に出演しても良いのではないかなと思ってしまいます。少し特殊な経歴のある女優さんですが、どのようなプロフィールかと言えば、下のほうに紹介させていただきます。

  • 名前:瀧本美織
  • 出身地:鳥取県
  • 生年月日:1991年10月16日
  • 血液型:O型
  • 趣味:ダンス

映画『貞子3D2』と他の作品を比較

楓子は、母親代わりのように凪を育てていたので、なんとか凪を助けようとします。その姿によく似ている映画が『ザ・リング2です。

ザ・リング2でも、レイチェルが愛する息子エイダンを呪いから救おうとします。その姿は、どちらとも美しい親子愛を感じさせて、呪いの中にも希望がある事を雄弁に物語っています。

www.akira-movies-drama.com

映画『貞子3D2』のネットの評価

ネットでは『貞子』というネームバリューで制作しただけという辛辣な評価の声があがっています。確かに、リングが最初に出た頃の衝撃度に比べれば、全く怖くありません。

しかし、それでも『貞子3D』よりは怖く感じられる内容になっているので、そこは評価されても良いのではないかなと思います。

怖さが足りないという声がある一方で、泣けるストーリーになっているのは良かったという好意的な意見もありました。そのような声がある事も考えたら、演出よりもストーリーを重視している方であれば、見ておく価値はあるでしょう。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『貞子3D2』のまとめ

刑事は、妻が亡くなったのは茜のせいだと思って、茜と凪の二人を仕留めようとします。しかし、茜は貞子が暴走しないように、ずっと貞子と戦っていたのです。

ところが、刑事が茜を仕留めた事により、完全に貞子が復活します。さらに凪の命も奪おうとしますが、そこで、なぜか自分の命も絶ってしまうのです。

これはどう考えても、貞子が邪魔な凪を仕留めさせた上に、ちょうど良い所で刑事の命も奪ったのでしょう。

寸前の所で、凪が愛する母親とハグできなかったのは残念な所ですが、頭の悪い刑事が呪いで倒れた時は『ザマミロ』と思ってしまいましたね。それにしても、瀧本美織さんと平澤宏々路さんは、どちらとも凄く可愛らしてウットリとしてしまいました。

今後も違う映画で、ぜひとも共演する姿を見てみたいですね。