呪怨 劇場版|市川由衣が上原美佐の秘密を知ってしまう?

呪怨 劇場版の画像

映画『呪怨 劇場版』では、千春(演:市川由衣)が遠山いづみ(演:上原美佐)の秘密を知ってしまい驚愕してしまいます。そこで、市川由衣さんのプロフィールや、秘密などを紹介するので参考にしてみて下さい。

映画『呪怨 劇場版』を見られる動画配信

呪怨 劇場版を見られる動画配信はU-NEXTです。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『呪怨 劇場版』を30日間は見る事ができます(2020年5月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

映画『呪怨 劇場版』のキャスト

映画『呪怨 劇場版』は、2003年1月25日に上映されました。

監督&脚本

女優&男優

  • 佐伯俊雄(演:尾関優哉)行方不明になった少年
  • 佐伯伽椰子(演:藤貴子)佐伯俊雄の母親
  • 佐伯剛雄(演:松山タカシ佐伯俊雄の父親
  • 遠山雄治(演:田中要次)呪いの家の事件を担当した刑事
  • 遠山容子(演:藤井亜紀)遠山雄治の妻
  • 遠山いづみ(演:上原美佐)遠山雄治の娘
  • 仁科理佳(演:奥菜恵)呪いの家で気絶してしまう女性
  • 露木真理子(演:柴田かよこ)仁科理佳の友達
  • 徳永勝也(演:津田寛治)妻と母の狭間で悩む男性
  • 徳永和美(演:松田珠里)徳永勝也の妻
  • 徳永仁美(演:伊東美咲)徳永勝也の妹
  • 中川健一(演:井上博一)ベテラン刑事
  • 千春(演:市川由衣)遠山いづみの友達

主題歌

映画『呪怨』の主題歌は、推定少女の『鍵が開かない』になります。

映画『呪怨 劇場版』のストーリー

仁科理佳は、会社の人に無理な頼みごとをされてしまって、仕方なくサチエの介護をする事になります。ところが、その家の押入れには俊雄という6歳ぐらいの男の子がいて驚いてしまうのです。

すぐに連絡を取りますが、黒い影のような亡霊がサチエに迫っていき、あまりの恐ろしさに気絶してしまうのです。 実は、この家は恐ろしい悲劇が起きていて、サチエの息子夫婦たちも幽霊に襲われていました。

正気を取り戻した仁科は、すぐに刑事たちに事情を聞かれてしまうので「俊雄という男の子がいたんです」と説明します。ところが、その敏夫というのは数年前に行方不明になっていて、今も生きていれば11歳になっているハズでした。

その話を聞いた仁科は『それじゃあ、自分が見た男の子は』と恐ろしくなってきたのです。仁科は何とか退院をしますが、友達の真理子から電話をかけられますが、受話器越しに不吉な鳴き声が聞こえてきました。

はたして、真理子はどこから電話をかけてきたのでしょうか?

市川由衣上原美佐の秘密を知ってしまう』

千春(演:市川由衣)は、遠山いづみ(演:上原美佐)のために撮影した写真を持っていきますが、部屋に入ったら異様な光景を目の当たりにします。

それは窓という窓に、全て新聞紙が貼られていたのです。いづみは「外から三人が見てくるの。あの行方不明になった3人とは、実は一緒にいたの。でも、あの家に入ったら怖くて自分だけが逃げてきた」と告白してきました。

千春たちは「なんで言ってくれなかったの」と驚いてしまいますが、未だにその3人は見つかっていませんでした。そして、3人が行方不明になった家こそ、人間が最後に恨みを残していった呪怨の家だったのです。

市川由衣のプロフィール』

www.instagram.com市川由衣さんは可愛らしいルックスと、女優としての確かな実績で高い人気を誇っていた方でした。しかし、俳優の戸次重幸と結婚してしまったので、多くの男性ファンたちはガックリときたものです。

私も『やっぱり、あれだけ可愛い女優さんであれば結婚できるよなぁ』としみじみと思ったものです。そんな人気の高い市川由衣さんのプロフィールは、以下の通りです。

映画『呪怨 劇場版』と他の作品を比較

邦画の呪怨に負けないほどの怖さを感じられる映画が、洋画にあるのか?と問われたら、私は間違いなく『シャイニング』だと思います。呪怨は呪われた家が舞台ですが、シャイニングでは呪われたホテルが舞台です。

舞台は大きな違いがありますが、それぞれ生きている人間が亡霊によって精神がおかしくなりはじめて、狂気の世界に引きずり込まれるのはスリルがあって良いですね。

www.akira-movies-drama.com

映画『呪怨 劇場版』のネットの評価

ホラー映画として、完成度の高い作品として多くの方たちが満足していました。しかし、あまりにも怖すぎてトラウマになった方さえいたので、ホラー映画が好きな方でなければオススメできないですね。

ただし、笑いを取りに行く怖さと評価している方もいて、この辺りは幽霊を生身の人間のように見せている所が大きく関係しているでしょう。ネックとなるは、やはり白い肌の俊雄でしょうね。

俊雄はあまり怖くないのですが、伽倻子とタッグを組む事によって怖さが倍増されます。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『呪怨 劇場版』のまとめ

呪怨 劇場版では、登場人物が多すぎるのでストーリーでは全て紹介しきれていませんが、 千春(演:市川由衣)が遠山いづみ(演:上原美佐)の秘密を知ってしまうシーンは恐ろしかったですね。

怖い演出という訳ではないのですが、呪いの家が再びクローズアップされて、なかなか興味をそそられるシーンではありました。やはり、全ての窓に新聞紙が貼られている光景を見たら、誰もが驚いてしまうでしょうね。

呪怨はビデオ版と劇場版などがありますが、劇場版のほうが丁寧に怖い演出が行われているので良かったです。どちらのほうを見るべきか悩んでいる場合であれば、劇場版のほうが断然おすすめですね。