呪怨 黒い少女|徹也(瀬戸康史)の音は他の作品のパクリ?

映画『呪怨 黒い少女』では、徹也(演:瀬戸康史)がある音を出して、裕子(演:加護亜依)が怯えてしまいます。しかし、これは他の作品と酷似している事がありパクリではないか?と思われる可能性もあるので詳しく解説しましょう。

映画『呪怨 黒い少女』を見られる動画配信

呪怨 黒い少女を見られる動画配信はU-NEXTです。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『呪怨 黒い少女』を30日間は見る事ができます(2020年6月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

映画『呪怨 黒い少女』のキャスト

日本のホラー映画『呪怨 黒い少女』は、2009年6月27日に上映されました。

監督&脚本

女優&男優

映画『呪怨 黒い少女』のストーリー

徹也は、隣人の裕子に一目惚れしていましたが、夜になると隣の部屋から『ドン!ドン!』と音を立てられていました。困り果てて、友人の竜太たちに相談したら、留守番をしてくれて様子を見てもらえる事になったのです。

実は、裕子は病院で勤めている看護師でしたが、患者の芙季絵が思いつめていて、どのように接したら良いのか頭を悩ませていました。そんなある日、病院でシーツをかぶった幽霊が迫ってきて、息を飲んでしまいます。

さらに、裕子の事を心配していた徹也が部屋に入ろうとしたら幽霊に引きずりこまれてしまって、黒い少女に何度も壁に頭を打ち付けられてしまいました。

芙季絵の母親は、娘の体内に腫瘍ができていて、それが産んであげられなかった娘の恨みが関係しているのではないか?と考えるようになりました。

そこで、霊感の強い妹に助けを求めますが、はたして芙季絵を助ける事はできるのでしょうか?

『徹也(瀬戸康史)の音は他の作品のパクリ?』

www.akira-movies-drama.com映画『呪怨 黒い少女』で、徹也(瀬戸康史)が『隣から聞こえてくる音は何だろう?』と思っていたら、その音は幽霊が人間を壁に打ち付ける音を暗示するものでした。

実は、この内容に酷似している映画が『呪怨 劇場版2』です。

呪怨 劇場版2では、三浦朋香(演:新山千春)も、隣から『ドン!ドン!』と音が聞こえてきました。

それは、後に自分の彼氏が幽霊によって壁に打ち付けられる音を暗示するものでした。内容は酷似していますが、同じ呪怨シリーズだったので、パクリというよりは、同シリーズ作品の内容を踏襲したと言えるでしょう。

瀬戸康史はライバル作品にも出演』

瀬戸康史さんは、実は呪怨のライバル映画にも出演していて、それが『貞子3D』と『貞子3D2』です。どちらともリングシリーズの作品であり、リングと言えば呪怨のライバル映画として有名です。

www.akira-movies-drama.com

そのどちらとも出演しているという事は、それだけ瀬戸康史さんが認められている証拠でしょう。

そのようなにホラー映画で活躍している瀬戸康史さんのプロフィールを下のほうに紹介させていただきます。

  • 名前:瀬戸康史
  • 出身地:福岡県
  • 生年月日:1988年5月18日
  • 星座:牡牛座
  • 趣味:写真・卓球

瀬戸康史さんは若くてイケメンだと思っていたのですが、卓球が趣味とはなかなか渋いですね。私は子供の時に卓球をしていましたが、あまりにも人気が高くないので、途中でガックリときた思い出があります。

まぁ、それも今となっては良い思い出なのですが、まさか瀬戸康史さんと自分に共通点があったとは少しだけ嬉しいですね。

映画『呪怨 黒い少女』と他の作品を比較

呪怨 黒い少女と同時上映された映画『呪怨 白い老女』は、呪いにより精神がボロボロになった磯部篤(演:ムロツヨシ)が、家族全ての命を奪ってしまいます。

そして、幼い少女の生首をバッグに入れて森の中へ入っていき、首を吊ろうとしますが、生首が「早く来てぇ、怖いから。こっちに来てぇ」」と霊界へ誘ってくるのです。

生首が喋る所も怖かったのですが、家族全ての命を奪う所も迫力があり、今作よりもホラー映画としてのレベルは相当高い作品でした。

www.akira-movies-drama.com

映画『呪怨 黒い少女』のネットの評価

ネットでは、呪怨というネームバリューに負けていると言われてしまって、酷評されています。それだけ呪怨は高い知名度を誇っていて、少しでも満足できない内容になったら、叩かれるのは仕方のない事でしょう。

そして呪怨と言えば、時系列をバラバラにして少しずつ謎が解明されていく事が大きな魅力ですが、今回は時系列をバラバラにしただけで分かりづらくなったという声が多数あがっていました。

しかし、白い老女よりは、まだストーリーとしては納得できる所はあったので、怖さはなかったのですがストーリーはまずまずという感じがしましたね。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『呪怨 黒い少女』のまとめ

今回は、加護亜依さんが出演していて、白い老女と同じようにキャスト陣が豪華でした。しかし、映画にあまり出演した事がない事もあり、子役のほうが演技力があるように感じてしまって、そこは少し残念な所でしたね。

白い老女の時は、なぜ白い老女が呪いを拡散させるのか?そして主役はあかねや未来のほうではないか?という疑問がありました。

しかし、黒い少女の場合は、呪いを広げていく理由がハッキリしていましたし、タイトルと内容がしっかりと一致していました。そのため、ストーリーを重視している方であれば、ある程度は満足できる内容と言えるでしょう。