映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』シャーロットがフレッドを選んだ理由

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』では、米国の大統領候補の美しきシャーロットが、なぜかイケメンでもない無職のジャーナリストに恋をしてしまうので、その理由について紹介しましょう。

『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』の動画配信

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋を見られる動画配信はU-NEXTです。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』を2日間は見る事ができます(2020年5月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のキャスト

アメリカ合衆国のラブコメディー映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』は、日本で2020年1月3日に上映されました。

監督&脚本

女優&男優

  • シャーロット(演:シャーリーズ・セロン)大統領候補の女性長官
  • シャーロット-少女期(演:アヴィヴァ・モンジロ)若い頃のシャーロット
  • フレッド(演:セス・ローゲン)熱血漢なジャーナリスト
  • フレッド-少年期(演:ブラクストン・ヘルダ)幼き時期のフレッド
  • ランス(演:オシェア・ジャクソン・Jr)フレッドの友人
  • パーカー(演:アンディ・サーキス)心卑しきメディア王
  • マギー(演:ジューン・ダイアン・ラファエル)シャーロットの側近
  • チャンバース大統領(演:ボブ・オデンカーク)俳優を目指す大統領
  • ジェームズ(演:アレクサンダー・スカルスガルド)カナダのイケメン首相
  • トム(演:ラヴィ・パテル)シャーロットの陽気なスタッフ
  • エージェントM(演:トリスタン・D・ララ)シャーロットのボディガード 

『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のストーリー

フレッドは、ジャーナリストとして危険な潜入取材を行ってしまい、命を落としかけてしまいます。しかし『自分はこれで良いんだ』と言い聞かせていましたが、そんな時にフレッドが勤めていた新聞社が大嫌いな成金経営の企業に買収されて憤慨!

熱血漢のフレッドは会社を辞めてしまいますが、そんな時にランスにパーティに誘われて、何と米国の大統領候補のシャーロットと会ってしまいます。一見すると全く縁がない二人のように見えましたが、実は二人は幼馴染でした。

シャーロットは久しぶりにフレッドを見て、彼を側近のライターとして原稿を書かせようとします。そして、二人の関係は少しずつ縮まっていき、深い関係に堕ちていきました。

しかし、シャーロットが推し進める環境対策を気に入らない人物が、政策を変えなければ二人の関係を公表するぞと脅してきたのです。

大統領選の日が迫っていましたが、シャーロットはどうするのでしょうか?

『シャーロットがフレッドを選んだ理由』

シャーロットがフレッドを選んだ理由は、幼馴染というだけではないでしょう。二人は政策の考えが一致していて、弱者である地球を何とか救おうとしていて、お互いに相思相愛でした。

いかにイケメンが相手であっても、気持ちの所が一致していなければ上手く行く訳がありません。

そして、シャーロットがフレッドの突っ走る性格に頭を悩ませていても、自分自身が色々と妥協しようとするので、内心ではフレッドの性格が羨ましいと思っていたのでしょう。

そのような理由から、シャーロットがフレッドを好きになったと考えられます。

『シャーロットがイケメンを選ばないのは正解?』

マギーは、シャーロットに「美形同士のカップルでなければ支持率が下がります」と苦言をていしましたが、本当にそうでしょうか?

日本の芸能界で、美形同士の方たちが付き合ったり、結婚したりして好感度が上がったでしょうか?下がりはしなくても急激に上がる事は少ないハズです。

それに引き換え、美人女優と思われていた方が、あまりイケメンでもない男性芸能人と結婚したほうが好感度がグーンと上がるケースがあります。

なぜなら、多くの男性や女性たちが『あれだけ綺麗な方でも、外見より中身を見て相手を選んだ』と拍手喝采を送るからです。

そういった事を考えれば、シャーロットがフレッドを選ぶのはあながち間違っていないでしょう。

『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』と他の作品を比較

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』と対照的な映画があって、それが『リベンジgirl』です。

リベンジgirlは、宝石(演:桐谷美玲)が大物政治家の御曹司に振られてしまって、最低男にリベンジするために日本初の総理大臣になろうとします。

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋では、アメリカ発の女性大統領にスポットを当てた作品という事を考えたら、その作品のライバルと言えるものはリベンジgirlを置いて他にはないでしょう。

www.akira-movies-drama.com 

『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のまとめ

米国初の女性大統領となる人物が、さえないジャーナリストの男と付き合うのは、なかなか面白いストーリーで見応えがありましたね。

そして、下品なギャグがいくつも飛び出しますが、そこは個人の好みによって評価が分かれる所でしょう。

しかし、この作品を見ていたら、人は外見だけで決まるものではないと思えるので、かりにモテない人生を送っている方でも勇気がわいてくる作品ですね。

個人的には、フレッドはもう少し周りの事を考えてあげれば良いのにと思ってしまう所がありますが、そこはストーリーを盛り上げるためには仕方のない部分かなと思いました。