P.T.バーナムとチャリティをつないでいた貧乏の檻|映画『グレイテスト・ショーマン』

映画『グレイテスト・ショーマン』では、P.T.バーナムとチャリティが共に愛を育んでいましたが、それは貧乏という名の檻(オリ)があればこそだったので詳しく紹介しましょう。

映画『グレイテスト・ショーマン』を見られる動画配信

グレイテスト・ショーマンを見られる動画配信はU-NEXTです。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『グレイテスト・ショーマン』を2日間は見る事ができます(2020年6月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

映画『グレイテスト・ショーマン』のキャスト

アメリカ合衆国の恋愛&ダンス映画『グレイテスト・ショーマン』は、日本で2018年2月16日に上映されました。

監督&脚本

女優&男優

  • P.T.バーナム(演:ヒュー・ジャックマン)サーカスを設立する男性
  • チャリティ・バーナム(演:ミシェル・ウィリアムズ)P.T.バーナムの妻
  • フィリップ・カーライル(演:ザック・エフロン)バーナムを支える劇団員
  • アン・ウィーラー(演:ゼンデイヤ)フィリップと恋に落ちるダンサー
  • ジェニー・リンド(演:レベッカ・ファーガソン)絶世の歌姫
  • レティ・ルッツ(演:キアラ・セトル)ヒゲを生やした女
  • ゼネラル・トム・サム(演:サム・ハンフリー)小さき将軍
  • キャロライン・バーナム(演:オースティン・ジョンソン)P.T.バーナムの長女
  • ヘレン・バーナム(演:キャメロン・シェリー)P.T.バーナムの次女
  • ベネット(演:ポール・スパークス)バーナムを批難するジャーナリスト

主題歌

映画『グレイテスト・ショーマン』は、キアラ・セトルの『ディス・イズ・ミー』になります。  

映画『グレイテスト・ショーマン』のストーリー

P.T.バーナムは、貧しい家に生まれ育ってしまったので、チャリティの家で使用人として働かざるをえませんでした。チャリティの父親は、P.T.バーナムに対して情け容赦なく接して来て、屈辱の少年時代を送ってしまいます。

しかし、チャリティはP.T.バーナムを見下さず、二人は次第に深い関係におちていきます。二人は駆け落ち同然に出ていこうとしますが、チャリティの父親は「娘は貧乏に耐えきれなくなって、いずれ戻ってくる」と吐き捨てます。

P.T.バーナムは、貧乏暮らしの中でも手品で妻や子供を笑わせていましたが、次第に大きな事を成し遂げたいと思いサーカスを設立したのです。様々なメンバーをスカウトして、次第に事業は拡大していきました。

ところが、仕事が成功していくにつれて、次第にP.T.バーナムと妻子の間に溝ができていきました。そして、P.T.バーナムの仕事のパートナーが罠をかけてきて、一大スキャンダルに見舞われてしまいます。妻はP.T.バーナムに愛想をつかして家を出ていきますが、P.T.バーナムと家族の関係はどうなってしまうのでしょうか?

『P.T.バーナムとチャリティをつないでいた貧乏の檻』

P.T.バーナムとチャリティは、若い頃は仲の良い夫婦でしたが、それは貧乏という名の檻があればこそでした。なぜなら、チャリティは金より愛を優先していましたが、P.T.バーナムは仕事で成功して大金をつかもうとしていたからです。

そのため、P.T.バーナムは貧乏暮らしを送らせてしまって、妻に「自分が約束した生活はこんなものじゃなかった」と謝りますが「私たちは幸せよ」と励まされます。

貧乏であるがゆえに二人は助け合う事ができましたが、それは貧乏だったからです。仕事で成功を納めていったP.T.バーナムは、次第に妻にあまり相談しないで、自分だけで仕事を推し進めようとします。

二人の関係が壊れたのは、皮肉にも仕事で成功して、貧乏という名の檻から欲望という名の野獣が解放されてしまったからです。

映画『グレイテスト・ショーマン』と他の作品を比較

成功した事により二人の関係が壊れてしまうのは『グレイテスト・ショーマン』だけではなく『ネコのミヌース』でも同じでした。

ネコのミヌースは、引っ込み思案のジャーナリストのもとに人間に変わった猫が手助けする事によって、次々に特ダネの記事を報道していました。

ところが、仕事で成功していくについれて、ジャーナリストは、人間に変わった猫の頼みを聞き入れなくなって二人の関係は崩壊してしまいます。お金は無いよりあったほうが良いのですが、それで壊れてしまうものもあるので注意したほうが良いでしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『グレイテスト・ショーマン』のネットの評価

ネットでは、大変盛り上がる映画として高い評価をしている方たちがいました。ラ・ラ・ランドと比較している方もいましたが、私としてはラ・ラ・ランドよりもグレイテスト・ショーマンのほうが力強い歌が多くて好きな作品ですね。

しかし、仕事のために集められたサーカスの仲間たちが、次第にP.T.バーナムから遠ざけられたのに、最後はなんで怒らなかったのかと疑問をていする意見までありました。自分もそこはよく耐えたなとは思いますが、色々と複雑な気持ちはありますが、仲間たちにとってP.T.バーナムは必要な指導者だったという事でしょう。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『グレイテスト・ショーマン』のまとめ

P.T.バーナムが、少年時代に貧乏という事で屈辱を味合わされて、周囲の人間たちを見返そうとする所はよく理解できます。しかし、チャリティという立派な理解者がいるのに、家族よりもサーカスばかりを優先してしまうのは情けなかったですね。

さらに、絶世の歌姫と一緒に仕事をするようになったら、今度はそのサーカスの仲間を影に追いやってしまって『この男は痛いなぁ』と思ってしまうシーンは数多くありました。

あまりにも欠点の多い主人公でしたが、それでも力強い歌や、キレのあるダンスが観れる映画なので、ダンス映画が好きな方にはオススメの映画ですね。

そして、U-NEXTに入会すれば、光と影の両面が際立つP.T.バーナムの活躍を見る事ができます。