貞子vs伽椰子|甲本雅裕が頼みにした堂免一るこは期待外れ

日本のホラー映画の壮大な実験となる『貞子vs伽倻子』が完成しましたが、その作品では森繁新一(演:甲本雅裕)が頼みとした法柳(演:堂免一るこ)が、あまりに期待外れだったので詳しく紹介しましょう。

映画『貞子vs伽椰子』を見られる動画配信

『貞子vs伽椰子』を見られる動画配信はU-NEXTです。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『貞子vs伽椰子』を30日間は見る事ができます(2020年6月時点)。

映画『貞子vs伽椰子』のキャスト

日本のホラー映画『貞子vs伽椰子』は、2016年6月18日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 山村貞子(演:七海エリー)呪いのビデオに登場する霊
  • 佐伯俊雄(演:芝本麟太郎)呪いの家に住む少年霊
  • 佐伯伽椰子(演:遠藤留奈)佐伯俊雄の母親
  • 倉橋有里(演:山本美月)呪いのビデオを手に入れる女性
  • 上野夏美(演:佐津川愛美)倉橋有里の親友
  • 高木鈴花(演:玉城ティナ)小学生の失踪に心を痛めてしまう
  • 高木史子(演:田中美里)高木鈴花の母親
  • 森繁新一(演:甲本雅裕)呪いのビデオを探す大学の教師
  • 常盤経蔵(演:安藤政信)口が悪いが根は優しい霊媒
  • 珠緒(演:菊地麻衣)常盤経蔵の相棒
  • 法柳(演:堂免一るこ)貞子の除霊に挑む霊能師

主題歌

ホラー映画『貞子vs伽椰子』の主題歌は、聖飢魔IIの『呪いのシャ・ナ・ナ・ナ』になります。

 

映画『貞子vs伽椰子』のストーリー

上野夏美は、親友の倉橋有里と一緒にビデオデッキを購入したら、その中には古いビデオテープがありました。試しに再生してみたら噂に名高い呪いのビデオだったのです!

そのビデオを見た者は2日以内に命を落とすと言われていたので、すぐに大学の教師 森繁新一に助けてもらおうとします。

森繁新一は、霊媒師として有名な法柳に頼み込んで除霊する事になりましたが、貞子の呪いはあまりにも協力で、法柳は返り討ちにあって命を奪われてしまいました。しかし、法柳は万が一の事を考えて、常盤経蔵たちに助太刀を頼んでいたのです。

常盤経蔵たちは一足遅れで到着しますが、貞子の呪いを止めるには、同じ化け物の伽倻子をぶつけるしかないと考えて、伽倻子の呪いにかかった高木鈴花に協力を求めます。

貞子は呪いのビデオで恐れられていましたが、伽倻子は呪いの家で敬遠されていたので、ここに世紀の大決戦が行われようとします。はたして、常盤経蔵の目論見通りに、貞子と伽倻子を同時に消滅させる事はできるのでしょうか?

甲本雅裕が頼みにした堂免一るこは期待外れ』

森繁新一(演:甲本雅裕)は、自分の教え子たちが呪いにかかってしまったので、霊媒師の法柳(演:堂免一るこ)に除霊してもらおうとします。

法柳は、聖なる飲み物を何度も夏美に飲ませようとしますが、最後まで飲みきれないので顔をビンタしてしまいます。それに文句を言おうとした有里にもビンタしてしまうのです。

自分の言う通りにすれば良いという態度でしたが、貞子の呪いが大きく動き出して「これは失敗だ」と言って、あっけなく命を落としてしまいます。

それを見ていたら『えぇ!いばっていた割にはあっけなくない?』と唖然とさせられてしまいましたね。それだけ貞子の呪いが強大という事なんでしょうけど、もう少しねばって欲しかったです。

『森繁新一役の甲本雅裕のプロフィール』 

森繁新一を演じた甲本雅裕さんは、多くのミステリードラマに出演していて、その中でも『弁護士のくず』は有名な作品の一つです。

私は、このドラマは見た事がないのですが、原作となるマンガ本はよく読んでいて、口が悪くて金に意地汚い弁護士が難しい事件を解決していきます。

ホラー作品の出演数は少なくても、その他のジャンルでは多く活躍している甲本雅裕さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:甲本雅裕
  • 出身地:岡山県
  • 生年月日:1965年6月26日
  • 星座:かに座
  • 趣味:

そして、森繁新一さんのお兄さんは、あの甲本ヒロトさんというから驚きですね。顔立ちから、どちらかと言えば、南原清隆さんのほうに似ている気もしますけどね。

映画『貞子vs伽椰子』と二大シリーズを比較

日本のホラー映画の2大シリーズ『リング(貞子)』と『呪怨(伽倻子)』を対決させるという壮大な実験が、ついに行われました。それでは、リングと呪怨はどのようなものか?詳しく紹介します。

映画『リング』シリーズの全作品

映画『リング』シリーズでは、今作とは違って呪いのビデオを見たら、2日ではなく7日以内で命を奪われてしまいます。

なぜ、貞子は呪いのビデオに登場するのか?それは、人とは違う能力を秘めていて、母親を糾弾する人間たちを始末してしまい、やがて多くの者たちから迫害されてしまったからです。

リングシリーズで、呪いの井戸から登場するのは、最後に父親の手によって井戸に放り込まれてしまうからなんですね。そして、7日以内で呪いから解放されなければ命を奪われてしまうので、スリルのあるホラー映画になっています。

www.akira-movies-drama.com

映画『呪怨』シリーズの全作品

映画『呪怨』シリーズでは、伽倻子が好きだった人を忘れられずに、その想いを日記につづっていました。ところが、その日記を夫に見られてしまい、命を奪われてしまった上に天井裏に放置されてしまったのです。

夫の凶行はそれだけにとどまらず、飼い猫を電子レンジに入れて加熱してしまい、息子にまで手をかけてしまいました。その現場となった家は、それから呪われた家と恐れられて、その家に少しでも入った者は確実に命を落としていったのです。

今まで、伽倻子は多くの者たちの命を奪っていったので、まさに貞子の好敵手と言えるでしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『貞子vs伽椰子』のネットの評価

ネットでは、リングファン・呪怨ファン・両方のファンたちの熱い議論で白熱している真っ最中です。なんだ、このB級映画は?という厳しい声が多数ある中で、それでもよく作ってくれたという意見まであります。

しかし、どちらかと言えば、否定的な意見のほうが多いですね。こればかりは、ネームバリューが大きすぎる二大シリーズをぶつけてしまったので、仕方のない所はありますね。

それでも、このような壮大な実験に挑んだ白石晃士監督には、拍手を送りたいです!

出典:https://www.amazon.co.jp/ 

映画『貞子vs伽椰子』のまとめ

リングと呪怨の主役怨霊が、お互いにぶつりかあうのは『よく作ったなぁ』と感慨深くなりました。しかし『うぅむ、やはりこんな感じで仕上がってしまったのか』という思いもありましたね。

倉橋有里たちは、自分は何とか助かりたいと思ってしまうヒロインですし、法柳はあっけなく負けてしまって、少しうっとうしく見えてしまう所は多々ありました。

それでも、常盤経蔵が口は悪くても、根が優しいというギャップがあって、最終的には面白い内容に仕上がりましたね。

今後も日本の映画界では、このような実験を行う作品を作っていって欲しい限りです。