映画『るろうに剣心』史実の斎藤一と山県有朋を紹介!

映画『るろうに剣心』では、新政府の斎藤一山県有朋が、剣心に人斬りに戻るように迫ります。この二人は漫画や映画で登場するだけではなく、史実でも重要人物だったので、どのような偉業を成し遂げたのか紹介しましょう。

映画『るろうに剣心』を見られる動画配信

るろうに剣心』を見られる動画配信はU-NEXTです。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『るろうに剣心』を2日間は見る事ができます(2020年6月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

映画『るろうに剣心』のキャスト

日本の歴史映画『るろうに剣心』は、2012年8月25日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:大友啓史
  • 脚本:藤井清美&大友啓史
  • 原作:和月伸宏

女優&男優

映画『るろうに剣心』に出演している女優・男優たちの情報です。

神谷道場に生きる人々
その他
新政府
武田観柳一派
  • 武田観柳(演:香川照之)危険な商人
  • 鵜堂刃衛(演:吉川晃司)人を凍りつかせる狂人
  • 外印(演:綾野剛)仮面をかぶる謎の多い男
  • 戌亥番神(演:須藤元気)武田観柳に従う剛腕

主題歌

映画『るろうに剣心』の主題歌は、ONE OK ROCKの『The Beginning』になります。

映画『るろうに剣心』のストーリー

新政府が幕軍を撃破して勝利を収めますが、幕軍の斎藤一は、人斬り抜刀斎に「これで終わりだと思うなよ」と捨て台詞を吐き捨てます。

それから明治の時代になりますが、人斬り抜刀斎の手によって多くの人々が斬り捨てられていました。 神谷道場の薫は、流浪人となっていた元人斬り抜刀斎の剣心と知り合いますが、新たに人斬り抜刀斎と名乗る鵜堂刃衛に決闘を挑んでしまいます。

ところが、鵜堂刃衛はあまりにも強大な力を誇っていて、薫は斬り捨てられそうになります。そこへ剣心が助けに来て、事なきを得ますが、武田観柳が『蜘蛛の巣』という怪しい薬を使って荒稼ぎをしようとしていました。

さらに、武田観柳は蜘蛛の巣を多く売り出すために、神谷道場をつぶして港まで作り出そうとしていました。剣心たちは、ついに武田観柳の屋敷へ乗り込みますが、そこには恐ろしい最新武器が待ち構えていたのです!

『史実の斎藤一

斎藤一は謎の多い人物ですが、あの新撰組に属していて池田屋事件では、未然に京都の大火を防いだ人物でした。

京の都の人々にとっては功績に間違いなかったのですが、この出来事は日本の時代が進むのを10年遅らせたという意見もあり、歴史を大きく動かした出来事でもあったのです。

斎藤一は、会津で戦い続けましたが、戦が終わった後は警視庁で勤務する事になり、西南戦争にも従軍しました。実は、西南戦争では多くの旧幕府の人々が従軍したと言われていて、それは新政府軍だった薩摩への恨みを晴らすためでした。

そして漫画や映画で有名な斎藤一の『牙突(がとつ)』は、頭上に近い所で剣を構えるものですが、こちらは史実ではなく創作されたものです。しかし、多くの読者がそのインパクトの大きい構えに魅了されたのも事実でした。

私も、この構えやたたずまいなどから、斎藤一のファンになってしまいましたね。

『史実の山県有朋

漫画では山県有朋はあまり目立ちませんでしたが、映画では奥田瑛二さんが演じている事もあって大きな存在感を放っていました。

山県有朋は、桂小五郎西郷隆盛に比べれば知名度が低いのは事実です。しかし、山県有朋は、幕府の数少ない天才武士 河井継之助と激しく戦い合って、あまりの犠牲の多さに涙を流したとも言われています。

私の故郷の新潟県柏崎市も、山県有朋が属していた部隊に占領されて、その後に長岡藩も撃破されて、越後(新潟県)は新政府軍に占領されました。

その後の山県有朋日本陸軍の創設に尽力して、その後の陸軍は日露戦争の勝利に貢献しますが、国内を混乱させてしまって功罪両面のある軍とも言えます。

映画『るろうに剣心』と他の作品を比較

映画るろうに剣心』は、新政府と幕府の要人が登場しますが『銀魂』でも同じように、斎藤一桂小五郎などが現れます。

るろうに剣心が激しいアクションがウリの歴史映画になっているのに対して、銀魂は笑える所が多いコメディー映画になっているのです。

同じ登場人物が何名も出ているのに、内容や雰囲気が大きく違っているので、両方を見比べてみるのも一興でしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『るろうに剣心』のネットの評価

ネットでは、るろうに剣心の激しいアクションシーンと素早い動きに驚いている方がいました。これは私も実感している所で、原作の漫画を全部読んでいた私でも、十分すぎるほど満足できる内容です。

あれほど素早い動きで撮影しているとは思ってもいなかったので、原作の雰囲気をそのまま実現していて、おそらく原作に見劣りしない実写映画という意味ではNo.1と言えるのではないでしょうか。

ただし、佐藤健さんや武井咲さんの演技に満足できない方もいたので、この辺りは賛否両論に分かれてしまう所でしょう。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『るろうに剣心』のまとめ

原作ファンだった私は、実写映画が出ると聞いた時は『まぁ原作の50%ぐらいの魅力が出ていれば』とあまり期待していなかったのですが、素早くて激しいアクションと豪華なキャスト陣に大満足する内容でした。

歴史&アクション映画としては、おそらくNo.1の邦画であり世界に誇れる映画ではないでしょうか?ネットでは、佐藤健さんが「ござる」と原作によりそう所に違和感を抱いた方もいますが、そこは現代人の俳優なので仕方のない所はあります。

そういった違和感があったとしても、ここまで見事なアクションシーンを実現できた監督やキャスト陣の方々には頭が下がる思いです。

個人的には、江口洋介さんの牙突にしびれましたね。斎藤一ファンとしてはあのシーンを見れただけでも満足できる映画でした。