映画『タイタニック』氷山を避けられなかった5つの原因

映画『タイタニック』は、豪華客船で、貧乏な画家の男と裕福な女性の間で愛が結ばれようとします。ところが、豪華客船タイタニックは氷山を避けられずに沈没していくので、なぜ避けられなかったのか紹介しましょう。

映画『タイタニック』を見られる動画配信

タイタニックを見られる動画配信はU-NEXTです。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『タイタニック』を30日間は見る事ができます(2020年6月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

映画『タイタニック』のキャスト

世界的にヒットしたアメリカ合衆国の恋愛映画『タイタニック』は、日本では1997年12月20日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

主題歌

映画 『タイタニック』の主題歌は、セリーヌ・ディオンの『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』です。あの有名なポーズと共に、この主題歌も世界中の人々に愛されています。

映画『タイタニック』のストーリー

ジャックは貧乏でしたが、何とか豪華客船に乗る事ができますが、そこに美しき女性ローズを見かけます。

彼女は大富豪で高嶺の花でしたが、ローズは母から大富豪と結婚するように求められて、それが嫌で船から飛び降りようとするのです。ジャックは、その異変に早く気づいて何とか助け出します。

ローズは、それからというもの、ジャックの事が気になって何度も会いに行こうとするのです。

そんな時に、ジャックがデッキにいたので声をかけたら「シー、目を閉じて。ここへ」とデッキの一番手前に移動させられて「手をてすりに、のぞくなよ。サクに登って、僕を信じて」と両腕を真横を真っ直ぐにするように促されます。

ローズは何をする気だろうと思っていたら、ジャックから「さぁ目を開けて」と言われて、目を開いてみたら、まるで自分が空を飛んでいるように見えたのです。

二人は、豪華客船で親密な関係になっていきますが、何と船が氷山に衝突!船が沈みかけていく中で、ジャックはローズだけでも助けようとしますが、どうなってしまうのでしょうか?

タイタニックが氷山を避けられなかった理由』

豪華客船タイタニックが、氷山を避けられなかった理由は、最低でも5つほどありました。

  • 船長が、タイタニックが話題になるようにスピードを上げるように要求されていた事
  • ベテランだった船長は、慢心から細心の注意を払わない
  • 双眼鏡の数が足りてなくて、氷山をチェックする事に限界があったという事
  • 見張りの人間が「俺は氷の匂いが分かる」とふざけた事を言って、真面目に氷山をチェックしない
  • 氷山の近くを通る時が夜だったので、発見が遅れてしまう

映画『タイタニック』と他の作品を比較

世界中でヒットした恋愛映画タイタニック』と比較しうる作品は、あまり多くないのが現状です。

しかし『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』であれば、世界中で愛された物語ですし、キャスト陣もひけをとりません。

タイタニックレオナルド・ディカプリオは有名な俳優ですが、ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語エマ・ワトソンも世界的な女優です。

ストーリーの内容としては、タイタニックのほうが感動的に思えてしまいますが、その知名度の高さやキャスト陣ではひけをとらないので、両方とも見ておく価値はあります。

www.akira-movies-drama.com

映画『タイタニック』のネットの評価

世界中でヒットしただけあって、ネットでも賞賛の嵐でした。3時間もの長丁場であるにも関わらず、時間が長く感じず集中して見られている方さえいたのです。

日本でもレオ様フィーバーが起きましたが「この映画であればフィーバーが起きても納得」という声まであがっています。

この映画を見れば、レナオルド・ディカプリオの演技や格好良さは説明する必要はないかと思いますが、それだけではなく船が沈んでいく迫力が圧倒的で良かったですね。

参照:https://www.amazon.co.jp/

映画『タイタニック』のまとめ

私が、あまり映画を見ていなかった頃でも、テレビで見た数少ない作品が『タイタニック』でした。

この当時は『はぁ〜、これならヒットするのは納得できるなぁ』と感慨深くなってものですが、久しぶりに見ていたら、やはり感動的な内容で凄いの一言です。 今となっては手遅れですが、映画館で見ておきたかったなぁと思いましたね。

少し合成の所が分かりやすくなっていますが、それでも豪華客船が沈んでいくシーンは、圧巻です。そんな中でも、懸命に音楽を奏でる者たちや、乗客を少しでも助けようとする者たちの勇気も凄かったですね。

またいつか、このような恋愛映画が生まれると良いのですが、あまりにもスケールが大きすぎて難しいかもしれません。