映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』高樹の数多くの侮辱?

f:id:akira2013web:20200623233608j:plain

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』では、高樹プロデューサー(演:反町隆史)が数多くの侮辱行為を働いてしまうので、詳しく紹介しましょう。

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を見られる動画配信

カノジョは嘘を愛しすぎてる』を見られる動画配信はU-NEXTです。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を30日間は見る事ができます(2020年6月時点)。

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のキャスト

日本のドラマ映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』は、2013年12月14日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 小笠原秋(演:佐藤健)CRUDE PLAYの元メンバー
  • 坂口瞬(演:三浦翔平)CRUDE PLAYのリーダー
  • 大野薫(演:水田航生)CRUDE PLAYのギタリスト
  • 矢崎哲平(演:浅香航大)CRUDE PLAYのドラマー
  • 篠原心也(演:窪田正孝)CRUDE PLAYで孤立するベーシスト
  • 小枝理子(演:大原櫻子)MUSH&Co.のボーカル
  • 君嶋祐一(演:吉沢亮)MUSH&Co.のギタリスト
  • 山崎蒼太(演:森永悠希)MUSH&Co.のドラマー
  • 高樹 総一郎(演:反町隆史)非情な音楽プロデューサー
  • 長浜美和子(演:谷村美月)HEARST RECORDSの社員
  • 茉莉(演:相武紗季)理子を意識する歌姫

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のストーリー

小笠原秋は、いつも何かにイラついていて、多くの音楽仲間たちが『小笠原秋は何がしたいのだろうか?』と疑心暗鬼に陥ってしまいます。

ところが、小笠原秋が川辺で鼻歌まじりで遠くを見つめていたら、そこへドジな女子高生の小枝理子が物を落としてきました。

小笠原秋は『何だ?こいつ』と思ってしまいますが、自分の事を特別扱いしない女子に親近感を抱いて、二人の間で恋愛感情が芽生え始めていきます。

ところが、性格の悪い高樹プロデューサーが小枝理子には歌姫としての才能があると見抜いて、プロデビューさせようとします。

最初は、小笠原秋に小枝理子をプロデュースさせようとしますが、小枝理子は自分の彼女の事を言っているとは知らずに仕事の話を蹴飛ばしてしまいます。そこで、篠原心也が「それなら、俺がプロデュースしますよ」と横槍を入れてきたのです。

小笠原秋は後になって、自分の彼女がプロデュースされる女の子だったんだと気づいて後悔してしまいます。はたして小笠原秋と小枝理子の関係はどうなってしまうのでしょうか?

『高樹の数多くの侮辱』

高樹プロデューサーは、CRUDE PLAYがプロデューできるようにバックアップした人間ですが、一流の音楽スタッフに演奏させて、坂口たちには楽器を演奏するフリをするだけで良いと笑ってしまいます。

CRUDE PLAYのメンバーたちはそれに殺気立ってしまいますが、高樹プロデューサーは「しかし練習をする事は悪い事じゃない。楽器を弾くフリが上手くなるからな」と侮辱してしまうのです。

さらに、小笠原秋が途中から小枝理子をプロデュースしたいと申し出てきた時でも、マスコミが二人を隠し撮りした写真を使って「このネタを報道されたくなかったら、理子とは別れろ」とゆすってきたのです。

小笠原秋にとっては小枝理子と付き合い続けてプロデュースもしたかったのに、プロデュースもできなければ付き合う事もできなくなるとは、まさに屈辱的な行為でした。

このように高樹プロデューサーは、数多くの侮辱を行う最悪の音楽プロデューサーだったのです。

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』と他の作品を比較

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』は、2つのバンドを取り上げた作品でしたが『NANA』という作品でも2大バンドを取り上げた作品でした。

中島美嘉さんや宮崎あおいさんたちがW共演したNANA』は、主題歌や注目度などが『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を圧倒しています。

私は『NANA』を映画館で見た事があったのですが、あまりにも面白かったので、その後に原作となったコミックスを全巻購入したほどです。

音楽が好きで『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を見たのにイマイチだったと思う方でも『NANA』を見たら満足できる可能性は十分にあります。なんと言っても、本物のプロのミュージシャン中島美嘉さんが出演しているというのは大きいです。 

www.akira-movies-drama.com

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のネットの評価

ネットでは高く評価している声が多かったようですが、ハッキリ言って面白くない映画でした。そういった声はネットでもあがっていて「なんで、これだけ高く評価している声があるのか分からない」という声もあがっています。

賛否両論に分かれる映画でしたが、それでも一致していたのが「大原櫻子さんの歌は良かった」という評価ですね。この評価は、私も納得できる所で、歌声のノビや透明感の高さは、さすが一般公募のオーディションで勝ち上がった方だなと思えました。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のまとめ

NANAを見た事がある自分が思ったのは『NANAのほうがずっと面白かったなぁ』でした。カノジョは嘘を愛しすぎてる』の内容は、とにかくストーリーが暗すぎて、何を希望に持てる映画なのだろうか?と思ってしまいます。

さらに、ラストシーンがハッキリしない感じで終わってしまうので、かなり後味の悪い作品になっています。

アメリカ合衆国のホラー映画『ゴーストホーム・アローン』も後味が悪い作品と言われていますが、まだゴーストホーム・アローンのほうがホラー作品としては見所が多いので、お世辞にも『カノジョは嘘を愛しすぎてる』はオススメできない映画です。

それでも佐藤健ファンや大原櫻子ファンであれば、見ておくのも悪くはないかもしれません。