映画『NANA』平岡祐太と宮崎あおいはどっちが悪い?

映画『NANA』では、小松奈々(演:宮崎あおい)が、彼氏の遠藤章司(演:平岡祐太)に浮気されてしまいます。どちらのほうが悪かったのか?ファンの間でも論争が行われているので、どちらのほうが悪いのか検証してみました。

映画『NANA』を見られる動画配信

NANA』を見られる動画配信はU-NEXTです。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『NANA』を30日間は見る事ができます(2020年6月時点)。

映画『NANA』のキャスト

日本のドラマ映画『NANA』は、2005年9月3日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

主題歌

映画『NANA』の主題歌は、NANA starring MIKA NAKASHIMA中島美嘉)の『GLAMOROUS SKY』です。この歌は、プロのミュージシャン中島美嘉さん主演の映画の主題歌になった事から、多くの方たちに注目されました。

映画『NANA』のストーリー

BLACK STONESはライブを成功させて、打ち上げをしようとしますが、蓮やヤス(高木泰士)の反応がイマイチで、微妙な空気感が漂います。

さらに、帰り際になったらヤスが「ノブ(寺島伸夫)には俺が言っとくから、ナナにはお前のほうから伝えろよ」と立ち去っていきました。

それから月日は流れて、ナナは一人で上京して、音楽で飯を食べていこうと決意を固めていました。そこへ奈々が「隣の席あいてますか?」と座ってきたのです。

二人は、同じ名前をしていて、同じ日に上京する事まで分かり、すっかりと意気投合して乾杯をします。ところが、東京に着いたら、奈々は彼氏と同棲する事ができなくなり落ち込んでしまうのです。

そこで、奈々は独り暮らしをするためにマンションを探していたら、偶然にもナナと再会をしてお目当てのマンションでルームシェアする事になりました。しかし、奈々はバイト先をクビになったり、彼氏に浮気されたりして踏んだり蹴ったりでした。

しかし、TRAPNESTの大ファンである奈々が、何と地元のTRAPNESTのライブで最前列のチケットを当てる事ができたのです。

奈々は「ナナも一緒に見に行こうよ」と誘いますが、ナナは乗り気がしません。なぜナナはTRAPNESTのライブへ行きたがらないのでしょうか?

平岡祐太宮崎あおいはどっちが悪い?』

遠藤章司(演:平岡祐太)は、カノジョがいながら幸子と浮気をしてしまいます。しかし、遠藤章司が浮気をしても少し同情したくなるポイントが3つありました。

  • 彼女の小松奈々に会う努力をしているのに文句を言われてしまう
  • 小松奈々が生活をしていけるのか心配しても反論されてしまう所
  • 幸子が終電に乗り遅れて放っておけなかった所

その一方で、小松奈々(演:宮崎あおい)も可哀想な所があったので紹介します。

  • 同棲できると思って上京したのに、彼氏から冷たい事を言われてしまう
  • 彼氏の部屋を掃除しても「そんな事」と言われてしまう所
  • バイトをクビになって寂しい時に彼氏が会ってくれない

それぞれ悪かった所があったので、一概に遠藤章司だけが悪い訳ではないのですが、やはり浮気する人間が悪いですね。結論から言ってしまえば、小松奈々も悪い所はありましたが、やはり遠藤章司が悪いです。

『遠藤章司役の平岡祐太のプロフィール』

www.instagram.com遠藤章司役の平岡祐太さんは、イケメン俳優として有名で、多くのTVドラマに出演してきました。それに比べれば、映画はあまり出演してこなかったので、NANAは貴重な出演作と言えます。

ネットでは『平岡祐太 結婚』というワードが検索されているようですが、実際にはまだ結婚していません。しかしイケメン俳友なので、そのうち素敵な女性と結婚するでしょうね(2020年6月時点)。

そんなイケメン俳友 平岡祐太さんのプロフィールは以下の通りです。

『小松奈々役の宮崎あおいの出演作』

小松奈々役の宮崎あおいさんは、もう説明不要というほどの大女優と言って良いでしょう。今まで出演した映画やドラマは数知れず世界から猫が消えたなら』では「生きてやるぅ!」と叫ぶシーンがあって、その圧倒的な演技力には驚かされます。

その存在感は、主役の佐藤健さんに劣らないものがあり、宮崎あおいファンには必見の作品です。

www.akira-movies-drama.com

映画『NANA』と他の作品を比較

邦画で、ロックバンドを扱った作品は『NANA』だけではなく『カノジョは嘘を愛しすぎてる』というものもあります。

それぞれ、暗いストーリーになっていますが、NANAのほうがまだ希望が持てるストーリーになっています。さらにプロのミュージシャンが出演している事もあり、作品の完成度で言えばNANAのほうが上という感じは否めません。

しかし『カノジョは嘘を愛しすぎてる』では、この作品のヒロイン役を一般公募から選び出して、大原櫻子がヒロインの座を掴みました。

まさに大原櫻子さんの女優としてのスタート作品となっているので、そういった事を考えたら、この作品も記念碑的な作品と言えるでしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『NANA』のネットの評価

プロとして活躍している中島美嘉さんが出演している事もあって、その歌声に満足している声が多くありました。演技のほうはイマイチという声もありましたが、その代わり素敵な歌声が聞けたので、多くの方たちに高く評価していたのです。

しかし、少女漫画が原作となっているので、心理描写が多い事から退屈に感じてしまう方もいました。実際に、二人のナナが上京して会話をしている時間が長く感じてしまって、そのあたりは少し残念な所でしたね。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『NANA』のまとめ

ロックバンドを扱う映画はいくつもありますが、その中でも特に面白いと感じられたのが『NANAでした。やはり中島美嘉さんと宮崎あおいさんのW共演は、強いインパクトがあり、音楽にあまり興味がない方でも必見の作品です。

さらに、玉山鉄二さんは巧に近づけるように、相当のダイエットをしたとコメントしていて、多くの役者さんたちが、この作品にかける意気込みは相当なものでした。

大崎ナナ・小松奈々・一ノ瀬巧は、本当に原作ソックリでしたね。それに引き換え、寺島伸夫や岡崎真一などが全く似ていないのは残念な所です。

大谷健太郎監督は「宮崎あおいさんは、小松奈々に近づけるように眉毛までブリーチしてきて、さすがだな」とコメントしていましたが、伊藤由奈さんもそういう努力をして欲しかったですね(髪の色)。

そして、動画配信U-NEXTであれば、中島美嘉さんと宮崎あおいさんがW共演した贅沢な作品『NANA』を見る事ができます(2020年6月時点)。