映画『脳漿炸裂ガール』味田レイコの眼帯の謎とは?

映画『脳漿炸裂ガール』では、市位ハナをさげすむ3人組がいて、その中には謎が多そうな眼帯姿の味田レイコ(演:志田友美)もいました。そこで、脳漿炸裂ガールをカバーしたバンドや、眼帯の謎について紹介しましょう。

映画『脳漿炸裂ガール』を見られる動画配信

『脳漿炸裂ガール』を見られる動画配信はU-NEXTです。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『脳漿炸裂ガール』を30日間は見る事ができます(2020年6月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

映画『脳漿炸裂ガール』のキャスト

日本のドラマ映画『脳漿炸裂ガール』は、2015年7月25日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

主題歌

映画『脳漿炸裂ガール』の主題歌は、私立恵比寿中学の『脳漿炸裂ガール』です。

映画『脳漿炸裂ガール』のストーリー

市位ハナは、あまり裕福な家で育っていなかったのですが、名門校の聖アルテミス女学院に何とか通う事ができていました。

しかし、クラスの中には、そんな貧乏な市位ハナをあざ笑う城野モクハがいたのです。市位ハナは、屈辱感でいっぱいでしたが、美しいエリートの稲沢はなだけは優しく接してくれました。

そんなある日の放課後、市位ハナは携帯電話を教室に忘れてしまったので、取りに行こうとします。そこで何と、教師が女子をピストルのようなもので撃っていたのです。

そして市位ハナも撃たれる所でしたが、変な音が鳴り、田篠珠雲先生は「おや?あなたはラッキーガールでしたか」と不敵な笑みを浮かべます。市位ハナは気絶させられて、檻に入られてしまいます。

正気を取り戻したら、多くの生徒たちも檻に入れられて『黄金卵の就職活動』というクイズゲームをさせられる事になりました。このゲームに負けたら命を奪われてしまうので、勝ち続けなければいけません。

エリートで優秀な稲沢はなであれば勝ち進む可能性は高かったのですが、ノロマで頭が悪いと思われていた市位ハナは勝ち続ける事ができるのでしょうか?

『味田レイコの眼帯の謎』

味田レイコは、久保賀大治に告白しますが振られてしまって、あまりのショックでまぶたにピアスをつけてしまいます。

それを隠すために、味田レイコは眼帯を付ける事になりますが、友達の瀬繹マイカはその失恋をSNSでツイートしてしまったのです。

その裏切り行為に、味田レイコは怒り狂って銃を乱射してしまいます。最初はインパクトをつけたいだけかと思われがちですが、味田レイコには意外な謎があった訳です。

『味田レイコ役の志田友美

www.instagram.com味田レイコ役の志田友美さんは、元アイドルで女優やファッションモデルの仕事をしています。多くの出演作は、ヒーローもので、大人の方はあまり見かけないかもしれませんね。

そしてピチレモン』とういファッション雑誌では、何回も表紙を飾った事から同世代の女性たちの間では高い知名度を誇っている方です。

志田友美さんは可愛らしい容姿と高い演技力を併せ持つ方なので、今後は出演作が増えていくかもしれません。そんな志田友美さんのプロフィールは、以下の通りです。

映画『脳漿炸裂ガール』と他の作品を比較

『脳漿炸裂ガール』では、同じ仲間だった市位ハナと稲沢はなが最終的に戦い合う内容になっていますが『いぬやしき』でも同じような二人が戦い合う内容になっています。

ただし、いぬやしきの場合では犬屋敷壱郎(演:木梨憲武)と獅子神皓(演:佐藤健g)が同じような能力を持っているのに分かり合えた時は一度もありませんでした。

そこは、市位ハナと稲沢はなとは大きな違いだと言えます。しかし、同じような人間が戦い合っていく映画は、良いライバル関係とも言えるので見応えのある作品に仕上がっています。

www.akira-movies-drama.com

脳漿炸裂ガールをカバーしたバンド

脳漿炸裂ガールをカバーしたバンドがあって、それが『和楽器バンド』です。

ロックと和楽器を融合した異色のバンドという事で、国内外から高く注目されています。上の動画は、脳漿炸裂ガールではなく、和楽器バンドの代表曲『天樂(てんがく)』です。

天樂は、私が和楽器バンドの中でも特に好きな歌で、いつまでも行動しようとしない者を叱咤激励する歌になっています。美男美女が集まっているだけではなく、ロックの楽器と和楽器が一緒に演奏される姿は、やはり圧巻です。

そして、脳漿炸裂ガールも見事にカバーしているので、何かと目が離せないバンドです。

映画『脳漿炸裂ガール』のネットの評価

ネットでは『思ったよりも面白い内容だった』という評価が多くあって、良い意味で期待を裏切られた方が多くいました。

私も『脳漿炸裂ガール』を見てみたら、タイトルが過激なので内容がタイトル負けしてしまうのではないかと思っていましたが、思っていた以上にストーリーの構成などがしっかりとしていました。

さらに、女優さんたちの演技力も高いという評価も多くあって、特に柏木ひなたさんや竹富聖花さんたちは若いのに演技力が高くて、何の違和感もなく見ていられましたね。

ただし内容が薄くて、女優さんが可愛いだけだっという評価も少しだけあるので、個人の好みによっては満足できない可能性もあります。

参照元https://www.amazon.co.jp

映画『脳漿炸裂ガール』のまとめ

和楽器バンドファンとしては、カバーされていた曲『脳漿炸裂ガール』を映画化したものが、どのようなものか興味津々で見てみました。個人的な感想から言わせてもらえれば、映画の主題歌は和楽器バンドが担当して欲しかったと思ってしまいましたね。

そんな事を思ってしまいましたが、若くて可愛いアイドルが多く出演していましたが、演技力の高い方が多かったので満足のいく内容です。

ただし、久保賀大治が味田レイコをブサイク呼ばわりするシーンがありましたが、味田レイコを演じている志田友美さんは十分すぎるほど可愛いかったので『いやいや、十分可愛い女の子だろう』と突っ込んでしまいたくなりました。

映画のストーリーでは、脳漿炸裂ガールの歌詞に登場する『マカロン』や『一蓮托生』などが出てくるので、脳漿炸裂ガールという曲が好きな方でも、ある程度は満足できる内容です。

少しツッコミどころのある映画でしたが、内容があまりにも良かったので是非とも続編を出して欲しい映画です。