映画『デスノート』秋野詩織(香椎由宇)はなぜ殺された?

f:id:akira2013web:20200714061106j:plain

映画『デスノート』では、絶対的な力を持つキラを彼氏にしていながら、なぜか秋野詩織(香椎由宇)は殺されてしまいます。そこで、秋野詩織が殺されてしまった理由を詳しく紹介しましょう。

映画『デスノート』のキャスト

日本のサスペンス映画『デスノート』は、2006年6月17日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

主題歌

映画『デスノート』の主題歌は、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの『ダニー・カリフォルニア』です(動画配信では主題歌が差し替えられている場合があります)。

映画『デスノート』のストーリー

夜神月は、父親が警察として活躍しているので、正義感は人一倍強い少年でした。しかし、その少年の目に映る日本社会は残酷なものでした。

例え人を殺害したとしても、たいした償いもせずに、すぐに釈放されてしまいます。この不条理極まりない社会に強い憤りを感じていました。そんな時に、夜神月は『デスノート』を手に入れてしまいます。

夜神月は、このデスノートに名前を書き込んだら、その者は心臓麻痺で命を落とす事を知って、犯罪者たちを次々に抹殺していきます。そこへ死神のリュークが「デスノートの落とし主だが、それはお前の物だ」を教えてきました。

その頃、警察は何者かが大量殺人を行なっていると睨みますが、一向に犯人を捕まえる事ができません。そこで、ついに警察は名探偵と呼ばれる『L(エル)』に捜査協力を求める事にしました。

夜神月はキラと呼ばれるようになり、犯罪者や警察から恐れられるようになり、一般市民からは喝采を浴びるようになります。Lは、夜神月を何とか捕まえようとしますが、はたして夜神月がLと見破る日は来るのでしょうか?

『秋野詩織(香椎由宇)はなぜ殺された?』

秋野詩織(香椎由宇)は、Lをあまり好ましい存在とは思っていなくて、夜神月に「キラのやり方は、間違っている」と言っていました。

夜神月にとっては、大事な彼女でしたが、このまま彼女を生かしておいたら、後になって邪魔な存在になると思ったのでしょう。そこで、デスノート南空ナオミ(演:瀬戸朝香)が秋野詩織を殺すように仕向けてしまったのです。

デスノートには「第三者によって秋野詩織は銃によって殺害される」と書いておいて、南空ナオミに銃を持っていくように書いておきました。

そして夜神月は、自分の恋人がキラに殺されたと思わせておけば、警察本部の捜査チームに入ろうとしても、疑われないと踏みました。

このように、様々な理由があったので、秋野詩織は殺されてしまったのです。

『秋野詩織役の香椎由宇

秋野詩織役の香椎由宇さんは、美しい顔立ちをしている上に、スタイルも良い事から、女優として活躍を続けていくだろうと思われていました。

ところが、20歳という若さでオダギリジョーさんと結婚をして、周囲の人々を驚かせてしまったのです。女優にとって、仕事と結婚のどちらが幸せなのか?それは昔からささやかれる課題でしたが、香椎由宇さんは結婚の道を選びました。

しかし、最近になって再び芸能活動を再開したので、今後の活躍が楽しみです。そんな香椎由宇さんのプロフィールは、以下の通りです。

映画『デスノート』と他の作品を比較

映画『デスノート』に出演している藤原竜也さんは、ミステリー映画『22年目の告白 -私が殺人犯です-』にも出演しています。

22年目の告白 -私が殺人犯です-』では、ある事件の時効が過ぎた後に「私が殺人犯です」と高らかに宣言して、その本を出版してしまうのです。これには、遺族たちが強い憤りを感じてしまいますが、ラストでは衝撃的な真実が分かってしまいます。

デスノートでは、性格が良いようで悪い役を演じていましたが、はたして22年目の告白 -私が殺人犯です-』では、どのような性格をした殺人犯を演じているのか?その違いを見てみるのも悪くはないでしょう。

映画『デスノート』のネットの評価

ネットでは、原作ファンたちでさえ「原作以上の映画だ!」と絶賛する声があがっていました。その秘密は、藤原竜也さんと松山ケンイチさんたちがハマり役だった事があげられるでしょう。

藤原竜也さんは、どんな役でも見事に演じられる方ですが、松山ケンイチさんは『デスノート』で演じている姿が一番ハマり役に見えました。

大河ドラマ平清盛』では、良い演技もすれば、思わず首をかしげたくなる演技もありましたが、L役ではミステリアスな役を見事に演じていましたね。

しかし、中には棒読みの演技をしている役者さんもいた事から、ネットの評価は賛否両論に分かれています。

参照元https://www.amazon.co.jp/ 

映画『デスノート』のまとめ

藤原竜也さんは、様々な映画で活躍しているので、デスノート藤原竜也さんの代表作というよりは、松山ケンイチさんの代表作という感じがしますね。

この映画の最大の見所は何と言っても、キラとLの戦いです。キラはデスノートを上手く扱って、次々に犯罪者を始末していきますが、次第に自分を捕まえそうな者さえ始末してしまいました。

その時点で、すでにキラはもう正義の味方ではなくなってしまったなぁと思ってしまう映画でもありましたね。

そして、動画配信『Hulu』であれば、映画『デスノート』を見る事ができます。