聡一郎が雨宮順平を助けない理由とは?探偵・由利麟太郎5話

f:id:akira2013web:20200815155527p:plain

出典:https://www.ktv.jp/yuri/

ドラマ『探偵・由利麟太郎 第5話(最終話)』では、総一郎の隠し子が雨宮順平という事が分かります。しかし、なぜか総一郎は雨宮順平を助けようとしないので、その理由を検証してみたので参考にしてみて下さい。

ドラマ『探偵・由利麟太郎 第話』のキャスト

ドラマ『探偵・由利麟太郎 第話』は、2020年6月16日〜7月14日に放送されました。

監督&脚本

女優&男優&声優

  • 由利麟太郎(演:吉川晃司)犯罪心理学
  • 三津木俊助(演:志尊淳)由利麟太郎の助手
  • 等々力警部(演:田辺誠一)麟太郎に頼る刑事
  • 警部(演:板尾釧路)原さくらの事件を捜査する警部
  • 波田聡美(演:どんぐり)骨董品の店主
  • 山岸克平(演:木本武宏)出版社の編集者
  • 原さくら(高岡早紀)オペラ歌手
  • 聡一郎(大鶴義丹)さくらの夫
  • 雨宮順平(水沢林太郎)怒られがちな助手
  • 相良千恵子(吉谷彩子)原さくらの弟子
  • 土屋恭蔵(鈴木一真)原さくらのマネージャー
  • 小野竜彦(佐野岳テノール歌手
  • 川田良介(佐渡山順久)コントラバス奏者

主題歌

ドラマ『探偵・由利麟太郎』のメインテーマは、吉川晃司さんの『Brave Arrow』で、エンディングテーマは吉川晃司さんの『焚き火』です。

ドラマ『探偵・由利麟太郎 第話』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上記リンクをクリックしたら、ドラマ『探偵・由利麟太郎シリーズ』の前話までのストーリーを見る事ができます。 

ドラマ『探偵・由利麟太郎 第話』のストーリー

由利麟太郎たちは、雨宮順平が外で倒れている所を発見します。上を見上げら、そこには窓が壊れた部屋にオペラの団員の男がいました。

雨宮順平は首を絞められている跡があったので、部屋にいた男が犯人かと思われましたが、由利麟太郎は「彼は犯人ではない」と静かにつぶやきます。そして、現場を調べていくうちに、雨宮順平は誰かに間違われて殺害された可能性が高くなってきました。

そして小野が、由利麟太郎に「先生(さくら)に頻繁に会っていましたが、恋人関係ではなくて、親子関係のようなものでした」と白状を始めたのです。

捜査を続けていくうちに、さくらは黒いコートに変装して小野を誘惑していた事が分かったのです。

まだ犯人が分からない中で、今度は他の団員が自殺してしましました。

しかし、小道具のナイフを使っていたので、殺傷能力のない道具で自殺する事は不可能でした。ますます事件の謎が深まる中で、今度はさくらに隠し子がいる可能性が出てきました。

ところが、夫の聡一郎は「妻に子供ができるはずがない!なぜなら子供を作れる体ではないからだ」と言い始めたのです。はたして、子供ができないというのは、どういう事なのでしょうか?そして、犯人は誰なのでしょうか。

『聡一郎が雨宮順平を助けない理由』

土屋恭蔵は日頃から、仕事のできない雨宮順平をきつく叱り続けていました。しかし、総一郎は隠し子である雨宮順平をなぜか助けようとしなかったのです。

その最大の理由は、やはり自分の隠し子である事が周囲にバレたくなかったからでしょう。そして、多くの隠し子がいるので、愛情も分散されていたので、怒りがわきあがるエネルギーも分散されていた事が予想されます。

そして、土屋恭蔵はさくらを大事に思っていたので、次々に色々な愛人との間で隠し子を作る総一郎について怒りを覚えていたはずです。そのため、土屋恭蔵は、半ば八つ当たりに近い形で、雨宮順平を怒っていた可能性があります。

『雨宮順平役の水沢林太郎の所属事務所は有名?』

f:id:akira2013web:20200715082620j:plain

出典:https://www.ken-on.co.jp/artists/mizusawa/

雨宮順平役の水沢林太郎さんは、まだ若い事もあって、それほど映画やドラマに出演していません。しかし所属している事務所は、あの有名な『研音です(上の画像は、水沢林太郎さんの画像)。

f:id:akira2013web:20200715082936j:plain

出典:https://www.ken-on.co.jp/artists/yamaguchi_maho/

研音と言えば、NGT48で大事件に巻き込まれてしまった山口真帆さんの所属事務所としても有名です(上の画像は山口真帆さんの画像)。

山口真帆さんは、事件を隠蔽しようとした組織と戦って、世間から賞賛をあびましたが、マスコミからは「これで山口真帆は終わりだ」と叩かれました。

しかし、意外にも研音という大きな事務所が山口真帆さんを迎えた事により、研音は注目度が高まっただけではなく、山口真帆さんを救ってくれた事で高く評価されたのです。

ドラマ『探偵・由利麟太郎 第5話』のまとめ

探偵・由利麟太郎の最終話としては、まぁこんなものかなという感じがしますね。まず、このシリーズは話がややこしすぎるというイメージがありました。

とにかく、難しい理屈が続いて、結局どうなの?と分からなくなってしまうので、再び最初から見直したら、あぁ……そういう事ねとようやく理解できます。

そういう分かりづらい所はありますが、ミュージシャンである白髪の吉川晃司さんが探偵をする異色のドラマで見応えはありましたね。あとエンディングテーマのしぶい歌もなかなか良かったです。

ドラマ『探偵・由利麟太郎 第1〜5話』は、動画配信『FOD』に入会すれば見る事ができます。