謎の英子(小倉優香)が誕生した経緯|あの子が生まれる 2話

ドラマ『あの子が生まれる・・・第2話』では、謎の妊婦の英子(演:小倉優香)が誕生した経緯が判明するので、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『あの子が生まれる・・・』のキャスト

f:id:akira2013web:20200726192908p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/anokogaumareru/

FODのオリジナルドラマ『あの子が生まれる・・・』は、2020年7月18日から配信されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 英子(演:小倉優香)救急車にはねられて入院してきた謎の女性
  • 芙美子(演:泉はる)潤一郎の愛人にして英子の母親
  • 今泉菜央(演:森田望智)新生病院の看護師
  • 汐月勇馬(演:松本大志)今泉菜央の恋人
  • 河本潤一郎(演:羽場裕一)新生病院の二代目となる院長
  • 河本和代(演:山下容莉枝)院長夫人
  • 河本美恵(演:芦名星)院長の娘
  • 河本秀明(演:市川九團次)河本美恵の夫

主題歌

ホラードラマ『あの子が生まれる・・・』の主題歌は、 eillさんの『Night D』です。

ドラマ『あの子が生まれる・・・』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『あの子が生まれる・・・』の前話までのストーリーを見る事ができます。

ドラマ『あの子が生まれる・・・第2話』のストーリー

河本潤一郎は、婿養子だったにも関わらず、芙美子と愛人の関係でした。ところが、芙美子から「子供ができたから、認知して」と迫られてしまします。河本潤一郎は「いや、俺は婿養子だから、それはできないよ」と泣き言を言ってしまうのです。

これには、芙美子は「自分の事ばっか!こっちを気遣う振りさえできないの?バカなの。本当クズ」と呆れかえってしまいます。やがて芙美子は、河本潤一郎から離れていきました。

そうしたら、病院へ運ばれてきた妊婦が芙美子だったのです!河本潤一郎は、うろたえてしまいますが、妻の河本和代に「あなたの子なの?」とバレてしまったのです。

河本和代は病室へ入っていき「元気がでるお薬を打ちますね」と言って、芙美子を殺害してしまいます。河本潤一郎は腰を抜かすほど驚いてしまいますが、傍には芙美子の娘が「おぎゃー!おぎゃー!」と泣き叫んでいました。

河本和代は河本潤一郎に「可愛い、この子の名前どうする?私、英子が良いと思う」とハシャイでしまします。はたして、英子は河本和代に復讐をする気なのでしょうか?

『謎の英子(小倉優香)が誕生した経緯』

英子は、謎の妊婦として入院してきましたが、自分の事を幽霊と語っていました。ところが、英子の母親は同じ病院で殺害されていたので、謎が深まるばかりです。

母親が殺害されたのは、河本和代が『夫が私に内緒で愛人に子供を作らせていたなんて許せない』と激怒したからです。

河本和代は、怒りにまかせて英子の母親を殺害して、生まれてきた子供に『英子』と名付けます。

しかし英子が幽霊と名乗っているという事は、もしかしたら河本和代は英子も殺害したのかもしれません。まだまだ謎が深まるばかりですが、英子は、このような経緯で生まれてきた悲劇の女性と言えます。

『英子役の小倉優香のスタイルは努力の結晶?』

www.instagram.com英子を演じている小倉優香さんは、シュッとしたスタイルですが、それは努力の結晶といえるものです。なぜなら、小倉優香さんはお腹がでているスタイルが許せなくて、ダイエットに励んで、見事なスタイルを確立したからです。

私もダイエットに励んでいますが、近所にファミリーマートやケンタッキーがあるので、誘惑に負けて何度もリバウンドしています。今は、ようやくダイエットが軌道にのっていますが、小倉優香さんにダイエットの秘訣を教えてもらいたいものです。 

ドラマ『あの子が生まれる・・・第2話』のまとめ

ホラードラマ『呪怨:呪いの家』もそうでしたが『あの子が生まれる・・・』も幽霊よりも人間のほうが恐ろしい一面が現れています。

www.akira-movies-drama.com

実際に、第2話では、河本和代が机に乗り出して「あなたの子なのね?そうなのね」と恐ろしい笑みで迫ってくるのは『怖いおばちゃんだなぁ』と思ってしまいました。

しかし、やはりホラー作品は人間よりも幽霊が怖いという設定で作って欲しいなと思ってしまいますね。今まで、英子は院長の娘に不敵な行動をとってきたので、今後はどのような行動に出るのか?期待したい所です。

ドラマ『あの子が生まれる・・・第1〜2話』は、動画配信『FOD』のオリジナルドラマなので、この動画配信に入会すれば見る事ができます。