ジャックがビートルズの真似をして英雄?映画イエスタデイ

映画『イエスタデイ』では、ジャックがビートルズの真似事をして、なぜか英雄のような扱いを受けてしまいます。なぜ、そのような事になったのか?詳しく紹介しましょう。

映画『イエスタデイ』のキャスト

アメリカ合衆国とイギリスの合作映画『イエスタデイ』は、日本で2019年10月11日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

映画『イエスタデイ』のストーリー

世界的な大停電が起きた時に、ジャックは交通事故に巻き込まれてしまって入院してしまいます。退院したジャックは、久しぶりに仲間たちに会いますが楽器をプレゼントされてしまうのです。

ミュージシャンを辞めようと考え始めていたジャックでしたが、仕方なくビートルズの名曲を弾きながら歌ってみたら、仲間たちから「良い曲だなぁ。いつの間に作ったんだ?」と言われてしまいます。

ジャックは「いや、何を言っているんだよ。ビートルズの曲だろ」と聞きますが、どうも自分以外の人間は全てビートルズを知らなかったのです。

それどころか、インターネットで検索してみてもビートルズは全くヒットしませんでした。自分の大好きなビートルズの曲が世界から消滅してしまったなんてとショックを受けてしまいますが、何とかビートルズの曲を復活させたいと考えます。

そこでビートルズの曲を歌うようになってから、ジャックは周りから「天才だ!」と言われるようになってプロデビューする事になります。

その代わり幼馴染のエリーから「あなたはもう遠い存在の人になったわ」と別れを告げられてしまうのです。『こんなハズじゃなかったんだ』と自問自答するジャックですが、彼はこの後どうなっていくのでしょうか?

『ジャックがビートルズ著作権を侵害したのに英雄?』

ジャックはビートルズを尊敬していたので、はからずもビートルズの真似事をしていたら、周りの人間から「短期間でこれだけの名曲を作るなんて」ともてはやされてしまいます。

ジャックの他にも、ビートルズの曲を覚えている人たちは二人だけいたのですが、その二人がジャックのもとを訪ねます。

そこで「僕は曲をコピーしているだけなのに、多くの名誉やお金を手に入れてしまって、辛い」と嘆いてしまいます。二人はジャックの苦しい胸中をおもんばかって「よく分かるわ」となぐさめました。

二人は、自分たちはビートルズの曲を覚えていたのに、何もする事ができなかったのに、ジャックのお陰でビートルズの曲が復活した事について感謝していたのです。

本来なら、人の曲をコピーして自分の物のように宣伝する事は犯罪ですが、このような異常事態に陥ったのであれば、ジャックの行動も理解されたのでしょう。 

映画『イエスタデイ』と他の作品を比較

映画『イエスタデイ』は、ビートルズの曲が人々の記憶から消えてしまうので、ジャックが何とか曲を復活させようとします。

その内容とは少し違いますが、映画『ラストクリスマス』では、ワムの名曲『ラストクリスマス』をもとに作られた作品です。お互いに世界的な名曲を主役として作られているので、音楽映画が好きな方であれば、どちらともおすすめしたい作品ですね。

www.akira-movies-drama.com

映画『イエスタデイ』のネットの評価

ネットでは、ビートズルの良さは曲の内容だけではなく、あの4人の個性もあったハズだという意見もありました。

確かに、そういった部分はスルーされているように感じるかもしれませんが、ジャックが「僕では無理だ」と叫ぶシーンがあったので、 それなりにビートルズの個性あればこそと訴えるシーンはあったかのように思えますね。

それでも、ジャックが周囲に良い影響を与えようとした行為について、高く評価している声もありました。この辺りは、ビートルズの曲を何とか世界に残したいというジャックの行動が、認められたと言えるでしょう。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『イエスタデイ』のまとめ

ジャックは、地位と名声の代わりに幼馴染を失ってしまいました。そんな時に本物のビートルズジョン・レノンと会う事ができますが、そこで大事な人を取り戻す事の重要性について教えられます。

それまでは『この男(ジャック)がビートルズの名曲を歌ってもなぁ』と思うシーンばかりでしたが、ジョン・レノンが登場する事によって、それまでのジャックの行為や苦しみがよく伝わる内容に変わっていきました。

エスタデイは恋愛映画ですが、今まで世界の宝物だった存在がいきなり無くなったらどうなるのか?そう問いかける映画になっていて、凄くユニークで色々と考えさせられる作品でしたね。

動画配信『U-NEXT』であれば、映画『イエスタデイ』を見る事ができます。