内海真須美(ジュディ・オング)が投資で大失敗?ドラマ『スーツ 第6話』

f:id:akira2013web:20200730124449p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUITS/

ドラマ『スーツ 第6話』では、内海真須美(ジュディ・オング)が投資で大失敗をしてしまうので、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『SUITS/スーツ』のキャスト

日本の弁護士ドラマ『SUITS/スーツ』は、2018年10月8日から12月17日の間にフジテレビの月9で放送されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

主題歌

ドラマ『SUITS/スーツ』の主題歌は、オープニングは 眞鍋昭大さんの『SUITS』で、エンディングは B'zの『WOLF』です。 

ドラマ『SUITS/スーツ』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『SUITS/スーツ』の1話から5話までのストーリーを見る事ができます。

ドラマ『SUITS/スーツ 第6話』のストーリー

f:id:akira2013web:20200810012039p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/muscat/20180806.html

内海財団の会長  内海真須美は慈善事業に力を入れていて、今回はある事業に20億円も投資したのですが、投資先のプロジェクトが頓挫してしまって資金を回収しようと考えていました。

そこで、幸村チカに回収を頼んでみたら、何と普段から犬猿の仲だった甲斐正午と蟹江貢たち二人がタッグを組んで資金を回収する事になったのです。しかし、投資先の社長である轟慎之介は返金するほどの資金がないと言ってしまいます。

蟹江貢は『最初から返金する気がないな』と考えて厳しく追及していたら、途中で投資先の経理部長 小堺晴彦の体調が悪くなってしまって、そのまま倒れ込んでしまったのです。

投資先である轟フィナンシャルの者たちは、全て小堺晴彦独りが不正にお金を流用したと言い始めてしまって、責任逃れを初めてしまいます。甲斐正午は『だから、蟹江貢なんかとタッグは組みたくないんだ』と呆れかえってしまう始末。

その頃、鈴木大貴のほうも、藤原親子の仲介をする仕事に手を焼いていて、簡単には甲斐正午たちのサポートができない状況でした。はたして甲斐正午たちは資金を回収する事ができるのでしょうか?

ジュディ・オングは有名な歌手?』

f:id:akira2013web:20171026131255j:plain

出典:https://judyongg.com/#biography

若い方はあまり知らないかもしれませんが、年配の方たちの間でジュディ・オングさんと言えばインパクトのある歌手として有名です。

特に代表曲の『魅せられて』では、真っ白な衣装を着て、鳥が羽ばたくように手を動かして、大きなインパクトを与えました。さらに、透明感の歌声で、その伸びのある声は多くの視聴者たちを驚かせます。

私も子供の時にTVで最初にジュディ・オングさんを見た時は、その迫力のある外見と、魅力的な歌声に圧倒されたものです。

ジュディ・オングさんのプロフィールは、以下の通りです。

ドラマ『SUITS/スーツ 第6話』のまとめ

第6話では、まさかジュディ・オングさんがゲスト出演するとは驚きましたね。今でも、子供の時に見たインパクトが強いので、ドラマで久しぶりに見た時は『おぉぉ!』と思ってしまいました。

それにしても、犬猿の仲だった甲斐正午と蟹江貢がタッグを組む所は、なかなか見応えがありましたね。蟹江貢は大失敗を何回も繰り返してしまいますが、得意とする分野も出てくるので、今までとは違う蟹江貢を見られるので、見所の多い回でした。

ドラマ『SUITS/スーツ 第1〜11話』は、動画配信『FOD』に入会すれば見る事ができます。