エマ・ワトソンの映画ランキング10選!1位は貧乏人役?

ハリウッドでも1・2も争うほどの美人女優エマ・ワトソンさんは数多くの映画に出演してきました。そこで、私が面白いと感じた出演作を10作品まで、ランキング形式で紹介します(内部リンクをクリックしたら、動画やストーリーを詳しく見られます)。

エマ・ワトソンの映画 No.10『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

www.akira-movies-drama.comハリーポッターシリーズの初期の作品では、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンさんが幼かったのですが『ハリーポッターとアズカバンの囚人ウジン』では一気に大人になっています。

ファンたちの間ではエマ・ワトソンさんが大人に成長しすぎているので、何でもっと早く作品を完成できなかったのか』と嘆く声があがったほどです。

私もエマ・ワトソンファンなので『もう少し早く作品を見たかったなぁ』と思ってしまいましたね。

それでも生意気なマルコイが授業中に魔法動物に返り討ちにあってしまうので、その辺りは気分がスカッとする作品でした。

エマ・ワトソンの映画 No.9『ハリー・ポッターと炎のゴブレット

www.akira-movies-drama.comハリー・ポッターと炎のゴブレットでは、ハリーがイカサマをして対抗試合に出場できたと思われてしまうので、多くの生徒たちから白い目で見られてしまいます。

その中には、親友のロンもいて、少しハリーが可哀想に見えてしまう作品でしたね。

しかし、ハーマイオニー(演:エマ・ワトソン)はそういった事をしないので、ロンより立派に見えてしまうので、エマ・ワトソンファンにしてみれば『やっぱり、ハーマイオニーは立派だな』と満足できる内容になっています。

エマ・ワトソンの映画 No.8『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

www.akira-movies-drama.comハリー・ポッターと不死鳥の騎士団では、魔法学校に新たに赴任してきたアンブリッジがハリーに体罰を与えて、恐怖政治を敷いてしまいます。

そのあまりの傍若無人の振る舞いに、多くの生徒たちが苦しめられますが、ハーマイオニー(演:エマ・ワトソン)が罠をしかけて、アンブリッジは森の中へ連行されてしまうのです。

この辺りは、エマ・ワトソンファンだけではなく、多くのハリー・ポッターファンが気分をスカッさせる内容になっているので、大きな見所の一つです。

その他にも、ウィーズリーの双子が魔法学校で大暴れして、アンブリッジの鼻を明かす所があるので、その辺りも必見ですね!

エマ・ワトソンの映画 No.7『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』

www.akira-movies-drama.comハリーポッターシリーズの最終作なので、エマ・ワトソンさんの代表作が終わる作品なので、まさに記念碑的作品とも言えます。

しかし、エマ・ワトソンさんが演じるハーマイオニーよりも、悪のヴォルデモートの軍に立ち向かうミネルバ・マクゴナガル役のマギー・スミスさんのほうが目立つ内容になっています。

確かに、悪の軍団を前にして、召喚魔法を用いて迎え撃つ姿はカッコいいのですが、もう少しハーマイオニーが活躍するシーンを増やして欲しかったかなという所がありました。

エマ・ワトソンの映画 No.6『ハリーポッターと秘密の部屋』

www.akira-movies-drama.comハリーポッターシリーズの第2作品という事もあって、前作よりも少しだけ大人になっているエマ・ワトソンさんが見られます。

これ以降は、一気に大人になってしまうので、少しだけ幼いエマ・ワトソンさんが見たい方は、この作品を見てみるのも悪くはないでしょう。

そして、この作品ではドビーが何とかハリーを助けようとしますが、その思いは本人の心にあまり届きません。見た目は醜いドビーでしたが、その真っ直ぐな想いは、心に響くものがありましたね。

エマ・ワトソンの映画 No.5『ハリーポッターと死の秘宝 PART1』

www.akira-movies-drama.comハリーポッターシリーズで、ハリーとロンは大親友であり、エマ・ワトソンさんが演じるハーマイオニーは、ハリーたちの親友でもあります。

ところが、そのハリーとロンが大喧嘩をしてしまって、ハーマイオニーが苦悩の表情を浮かべてしまうのです。

可愛らしいエマ・ワトソンさんが苦しい表情を浮かべるのは、ファンにしてみれば『何してんだ、このロンは!』と怒りたくもなりますが、ひと味違うエマ・ワトソンさんが見られるので、その辺りの演技は必見です。

エマ・ワトソンの映画 No.4『ハリーポッターと賢者の石』

www.akira-movies-drama.comハリーポッターシリーズの最初の作品という事もあって、エマ・ワトソンさんの幼い頃を見られるので、大人の時のエマ・ワトソンさんしか知らない方には、おすすめしたい作品ですね。

しかし、エマ・ワトソンさんの出演シーンが多いかと言われれば、それほど多くもないので、そこが難点の映画とも言えます。

作品の内容としては、悪人のように見えたスネイプが、最終的には悪役ではなくて、大どんでん返しが待っているので、その辺りも大きな見所です。

エマ・ワトソンの映画 No.3『ハリーポッターと謎のプリンス』

www.akira-movies-drama.comエマ・ワトソンさんは、ハリーポッターシリーズで、ずっとヒロインの役 ハーマイオニーを演じていました。ところが、今まで気にかけていた男のロンが、他の女性 ラベンダーと付き合ってしまいます。

それに対抗意識を燃やして、ハーマイオニーとラベンダーの間で女の戦いが勃発してしまうのです。

今まで、魔法の戦いばかりでしたが、女と女の戦いを演じるエマ・ワトソンさんを見ていたら、思わず応援したくなる内容になっています。

そのため、エマ・ワトソンファンに、ハリーポッターシリーズで、最もおすすめしたい作品と言えば、ハリーポッターと謎のプリンスで決まりですね!

エマ・ワトソンの映画 No.2『美女と野獣 2017』 

www.akira-movies-drama.com美女と野獣では、エマ・ワトソンさんが一般人の女性役として、野獣になってしまった王子に会いにいきます。なぜなら、王子が父親を泥棒の罪で牢獄へぶち込んでしまったからです。

エマ・ワトソンさんは父親の代わりに牢獄へ入ってしまいますが、最初は王子に怒っていたのに、少しずつわだかまりが溶けていき、王子と分かり合えるようになります。

怒っている顔から笑顔までの表情が見られる上に、綺麗なドレス姿も見られるので、エマ・ワトソンファンには、たまらない映画になっています。 

エマ・ワトソンの映画 No.1『ストーリー・オブ・マイライフ』

www.akira-movies-drama.comエマ・ワトソンさんが、映画『ストーリー・オブ・マイライフ』では、4姉妹の長女として、愛に生きる役を熱演していました。

しかし、夫は甲斐性なしだったので、貧乏生活を余儀なくされて、好きなドレスも簡単には着る事ができませんでした。しかし、妹たちの中には重病で亡くなってしまう者もいれば、最愛の人に振られてしまう者もいたのです。

それを考えれば、決して不幸な役とは言えませんが、綺麗なエマ・ワトソンさんが貧乏生活を耐えている姿を見てしまったら、たまらなく愛おしく見えてしまいました。

今まで、エマ・ワトソンさんが貧乏人役をしているのは少なかったので、それを考えたら、映画『ストーリー・オブ・マイライフ』は貴重な作品と言えるでしょう。

エマ・ワトソンの映画ランキング10選のまとめ

エマ・ワトソンさんは、映画の出演作の大半が、ハリーポッターシリーズになっています。まさに代表作と言えるのですが、主役という訳ではないので、少しもどかしい所はありますね。

それに引き換え美女と野獣』や『ストーリー・オブ・マイライフ』は、エマ・ワトソンさんに大きなスポットが当たっているので、ファンの方たちには特におすすめしたい作品です。

おそらく、これからもエマ・ワトソンさんは多くの作品に出演していくと思うので、期待したい所ですね!