英子の容態はなぜ急変したのか?ドラマ あの子が生まれる 5話

ドラマ『あの子が生まれる・・・第5話』では、英子に手術をする事になりますが、なぜか容態が急変してしまうので、その理由について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『あの子が生まれる・・・』のキャスト

f:id:akira2013web:20200726192908p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/anokogaumareru/

FODのオリジナルドラマ『あの子が生まれる・・・』は、2020年7月18日から配信されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 英子(演:小倉優香)救急車にはねられて入院してきた謎の女性
  • 芙美子(演:泉はる)潤一郎の愛人にして英子の母親
  • 今泉菜央(演:森田望智)新生病院の看護師
  • 汐月勇馬(演:松本大志)今泉菜央の恋人
  • 河本潤一郎(演:羽場裕一)新生病院の二代目となる院長
  • 河本和代(演:山下容莉枝)院長夫人
  • 河本美恵(演:芦名星)院長の娘
  • 河本秀明(演:市川九團次)河本美恵の夫

主題歌

ホラードラマ『あの子が生まれる・・・』の主題歌は、 eillさんの『Night D』です。

ドラマ『あの子が生まれる・・・』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『あの子が生まれる・・・』の前話までのストーリーを見る事ができます。  

ドラマ『あの子が生まれる・・・第5話』のストーリー

河本秀明が英子の体調を調べようとしたら、胎児に反応がありませんでした。それを聞いた河本美恵は「天罰ね、その子は生まれるべきじゃなかったのよ!」と叫んでしまって、今泉菜央によって廊下へ連れ出されてしまいます。

河本美恵は「何よ!」と怒りますが「そういう事を、本人の前に言うべきじゃないですよ」と注意されますが「何も知らないくせに」と言い合いをしてしまうのです。

それでも英子に手術をする事になりましたが、河本美恵が「Wチェック済みだから大丈夫」と輸血パックを渡してきます。ところが、輸血パックを使ってから、容態が急変してしまうのです。

そして、英子は輸血パックを取り外して廊下まで歩きますが倒れてしまって、そのまま亡くなってしまうのです。周辺ではマスコミが集まるようになって「輸血事故を起こしたんじゃないんですか?」と責めてきたのです。

責任を感じた河本秀明は退職届を出して、病院から出ていきますが、この病院はどうなってしまうのでしょうか?

『英子の容態が急変した理由』

www.instagram.com(上の画像は、英子役の小倉優香さんの画像)

河本美恵が輸血パックを手渡してから、英子の容態は急変したので、かなりの高い確率で輸血パックに原因があります。

では、どのような輸血パックを渡したのかといえば、最も高い可能性は違う血液型のものを渡した事が考えられるでしょう。

実際に、血液型の組み合わせによっては、誤った血液型を輸血したら赤血球が集合してかたまりをつくったり、破壊されたりします。

このような状態になってしまえば、母体の命に関わってしまうので、河本美恵が違う輸血型のパックを渡すだけで英子の命を奪う事は十分に可能です。

参照元異なる血液型を輸血してはいけないのはなぜ? | 看護roo![カンゴルー]

ドラマ『あの子が生まれる・・・第5話』のまとめ

英子の容態が急変して亡くなってしまいますが、あれだけの事を前回で言ってしまったので、あまり同情はできないですよね。それにしても、このドラマでは赤ちゃんが亡くなる事が大きく関係してくるので、今後も赤ちゃんが亡くなる事が予想されますね。

しかし、幽霊が出てこないので、迫力に欠ける所もあります。幽霊よりも人間の怖い部分や恐ろしい部分ばかりがクローズアップされるので、ホラードラマであれば、しっかりと幽霊を出して欲しいです。 

それにしても、普段の河本美恵の言動を考えてみたら、輸血パックが怪しいと思わないのはどうかと思ってしまいますね。まぁ、それを言ったらドラマが成立しないので、仕方のない所かもしれません。

ドラマ『あの子が生まれる・・・第1〜5話』は、動画配信『FOD』のオリジナルドラマなので、この動画配信に入会すれば見る事ができます。