辰川太一にガンを告知したのは正しいのか?ドラマ アンサング・シンデレラ

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第5話』では、辰川秀三(演:迫田孝也)たちが父親 辰川太一(演:伊武雅刀)にガンを告知しますが、それは本当に正しい行為だったのか?検証してみます。

 

ドラマ『アンサング・シンデレラ』のキャスト

f:id:akira2013web:20200725073420p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/index.html

日本の医療ドラマ『アンサング・シンデレラ』は、2020年7月日に放送されました。

脚本&原作

  • 脚本:黒岩勉
  • 原作:荒井ママレ

女優&男優&声優

  • 葵みどり(演:石原さとみ)医師にも意見をする薬剤師
  • 瀬野章吾(演:田中圭)葵みどりの先輩
  • 相原くるみ(演:西野七瀬)葵みどりの後輩
  • 刈谷奈緒子(演:桜井ユキ)薬剤師の仕事についてドライに考える女性
  • 羽倉龍之介(演:井之脇海)ハキハキと喋る薬剤師
  • 工藤虹子(演:金澤美穂)ベテラン薬剤師
  • 販田聡子(演:真矢ミキ)薬剤師たちを指揮する女性
  • 七尾拓(演:池田鉄洋)瀬野章吾にキツくあたる男性
  • 荒神寛治(演:でんでん)薬剤師から魔術師と崇められる存在
  • 豊中瑠衣(演:臼田あさ美)救急センターの医師
  • 小野塚綾(演:成田凌)中華料理店で知り合った男性
  • 辰川秀三(演:迫田孝也)中華料理店『娘娘亭』の店主
  • 辰川太一(演:伊武雅刀)辰川秀三の父親
  • 辰川樹里(演:久保田紗友)辰川秀三の娘

主題歌

ドラマ『アンサング・シンデレラ』の主題歌は、DREAMS COME TRUEの『YES AND NO』です。

ドラマ『アンサング・シンデレラ』シリーズのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『アンサング・シンデレラ』の前話までのストーリーを見る事ができます。

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第5話』のストーリー

辰川秀三は、父親にガンを告知する事は、本人を苦しめる事だから黙っておこうと思っていましたが、娘の辰川樹里は大好きな祖父を騙している事について心を痛めていました。

そのため、親娘の関係は凄く悪くなってしまって、辰川秀三は『本当にこのままで良いのだろうか』と頭を悩ませてしまいます。そして、悩んだ末に父親にガンを告知する事にして、娘もその決断を歓迎しました。

二人は辰川太一にガンを告知したら「そんな事だろうと思ったよ」とアッサリと言われてしまいますが、余命がわずかと聞いても、あまり取り乱す事はありませんでした。

相原くるみは、何とか親娘を元気付けようとして仕事にやる気を出しますが、葵みどりから「あんまり期待を持たせたらダメだよ」と注意されます。

その言葉に納得ができませんでしたが、葵みどりは家族をぬか喜びさせてしまえば、最後に落胆させる事を危惧していました。

辰川太一は、野球の試合を見たり、チャーハンを食べたりしたかったのですが、今の病状ではその望みを叶える事は相当難しいものがありました。はたして、葵みどりたちは、その望みを叶えてあげる事はできるのでしょうか?

『辰川太一にガンを告知したのは正しいのか?』

日本の医療は世界トップレベルですが、残念ながらガンを完治させる事は、難しいのが現状です。

ガンのステージが進行しすぎていたら、延命治療をする事が精一杯の医療行為でもあります。そのため、家族がガンになってしまえば、本人にガンを告知するべきか悩んでしまうケースが多々あります。

それでは告知したほうがいいのかどうか?ですが、これはケースバイケースだと思います。ガンを告知してもらったほうが、覚悟を決めて生きる希望を見出す方もいれば、ガンと聞いて何もかも諦めてしまう方もいるでしょう。

実際に、辰川太一は告知されていない時は前向きだったのに、告知されてからは痛みに負けて「延命治療は辞めて欲しい」とか「死ぬ前にやっておきたい事がある」と言い始めます。これは、寿命を縮める行為なので、告知は本当に正しかったのか疑問です。

家族としては言ったほうがスッキリしますが、本人は相当の恐怖を味わう事になるので、ガンを告知するべきかどうかは本当に難しい問題と言えるでしょう。

私は、このドラマに関して言えば、告知しないほうが良かったのではないかと思えてならないのです。

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第5話』のまとめ

患者にガンを告知するかどうかは良いとしても、あまりにも『お涙ちょうだい』という感じの内容になっていて、少しだけしらけてしまう感じがありました。

さらに、薬剤師たちが野球を始めようとしますが、これでは薬剤師が忙しい毎日を送っているという設定をぶち壊してしまうので、見ていてうなってしまいます。

そして、今まで患者の家族に希望をもたせようとする葵みどりが、いきなり厳しい事を言ってしまうあたりは、先輩としての自覚が芽生えたのかもしれませんが『唐突だなぁ』と思ってしまいましたね。

少し残念な所の多い回でしたが、家族がガンになってしまった時は、どうするべきか?それを考えさせる内容になっていたので、見るべき所はある感じです。

そして、動画配信『FOD』であれば、ドラマ『アンサング・シンデレラ 第1〜5話』を見る事ができます(2020年8月時点)。