日本の平均年収400万円は本当か?ドラマ『結婚できない男 第6話』

f:id:akira2013web:20200818075446p:plain

出典:https://www.twellv.co.jp/program/drama/kekkondekinai/archive-kekkondekinai/kekkondekinai-006/

ドラマ『結婚できない男 第6話』では、桑野信介が「日本の平均年収は440万円」と言いますが、本当に平均年収400万円台なのか詳しく紹介しましょう。

ドラマ『結婚できない男 第6話』のキャスト

ドラマ『結婚できない男 第6話』は、2006年8月8日に放送されました。

脚本&演出

女優&男優&声優

  • 桑野信介(演:阿部寛)40歳になっても結婚できない男
  • 村上英治(演:塚本高史)桑野信介のアシスタント
  • 中川良雄(演:尾美としのり)桑野信介の親友
  • 中川圭子(演:三浦理恵子)桑野信介の妹にして、中川良雄の妻
  • 中川ゆみ(演:平岡映美)中川良雄と圭子の娘
  • 桑野育代(演:草笛光子)桑野信介と中川圭子の母親
  • 早坂夏美(演:夏川結衣)中川総合病院の内科の医師
  • 田村みちる(演:国仲涼子)桑野信介の隣人
  • 吉川沙織(演:さくら)村上英治の彼女
  • 金田裕之(演:高知東生)女好きの建築家
  • 西村千鶴(演:SHEILA)田村みちるの親友
  • 沢崎摩耶(演:高島礼子)桑野信介に仕事を紹介するパートナー
  • 小沢真理(演:西丸優子)早坂夏美をサポートする医師
  • 江森和美(演:高松いく)中川総合病院に勤める医師
  • 八木(演:乃木涼介)ゴミの処理で桑野信介と喧嘩する住民
  • 結城史郎(演:白井晃)女好きのイラストレータ

主題歌

ドラマ『結婚できない男』の主題歌は、Every Little Thing の『スイミー』です。

ドラマ『結婚できない男』の前話までのストーリー

下の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『結婚できない男』の全話までのストーリーを見る事ができます。

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『結婚できない男』の前6話のストーリー

田村みちるは自宅のベランダから西村千鶴に電話をかけていてい「やっぱり年収1000万円ぐらいの男と付き合いたいじゃない」と喋っていたら「1000万円って多くない?平均どのぐらいよ」と逆に聞かれてしまいます。

そこで「うぅん、平均はどのぐらいなんだろう」とうなってしまったら、隣のベランダで聞いていた桑野信介は「平均440万円だ」とつぶやいてしまいます。田村みちるは『そんなに日本人の平均年収は少ないのか!』と愕然としてしまうのです。

翌日になり、桑野信介は家を建築している現場へ行きますが、そこでゴミが飛んできたと主張する住民 八木と喧嘩になってしまい、後になって謝りに行く事になってしまいました。

人付き合いの苦手な桑野信介は早坂夏美と一緒に行く事になって、何とか和解する事ができます。ところが、今度はイラストレーター結城史郎のパーティーへ出席する事になります。

結城史郎はかなりの女好きで、一緒に参加してきた田村みちるに目をつけて「今度電話番号を教えて」としつこく迫ってきたのです。その行動に桑野信介は結城史郎の家の設計を断ろうとしますが、はたして、どうなってしまうのでしょうか?

『日本の平均年収400万円はカラクリがある?』

結婚できない男が放送されていたのは、2006年の頃で、当時の日本人の平均年収は434.9万円でした。つまり、桑野信介の言っていた通りで、約440万円という事になります。

参照元サラリーマンの平均年収のすべてがわかるページ【最新年は440.7万円】|年収ガイド

2020年でも平均年収はあまり変わっていないので、平均年収400万円であれば多くの人間たちが400万円ぐらいと勘違いするかもしれません。

しかし、日本には大金持ちの者もいれば、貧困層で苦しむ人々もいます。つまり平均年収400万円であっても、職業・年齢・性別などによって平均年収は大きく異なってくるのです。

そのため、20代の男性と付き合いたい時に「平均年収400万円なら、私は普通ぐらいの男がいいから400万円ぐらいの年収の男で良い」と思っても、20代で年収400万円の男は相当少ないので注意が必要です。

日本は年功序列が生きている企業がまだまだ多いので、年収400万円を超える男性は、30代または40代になってからでなければ、あまり望めないと見て良いでしょう。

さらに消費増税やコロナショックにより、日本の景気は悪化の一途をたどっていく一方なので、日本の平均年収は300万円まで落ち込んでしまう可能性は高いです。

実際に、経済アナリストの森永卓郎さんは、以前に『年収300万円時代を生き抜く経済学』という本を出しましたが「今では年収300万円時代に入ろうとしている」と警鐘を出しています。

そして、今度は『年収200万円でもたのしく暮らせます』を出版したので、多くの方たちが年収200万円になる可能性さえあり得るのです(怖い限りです)。

参照元森永卓郎「『年収300万円時代』から17年…今後は200万円時代へ」(女性自身) - Yahoo!ニュース

そのため、今後も日本人女性が男性に求める経済力が、現実と離れていって、さらなる非婚化が進んでいき、結婚できない男が増えていく危険性が極めて高いのです。

ドラマ『結婚できない男 第6話』のまとめ

久しぶりに『結婚できない男 第6話』を見ましたが『この時期は年収440万円だったのかぁ』と思ってしまいまいたね。日本で、年収400万円以上を目指すのであれば、相当きつい仕事をしなくてはいけないだろうなぁと考え込んでしまいます。

日本の自民党は歳出削減を全くやろうともしないで、法人税を下げる代わりに消費税を上げていく事しか考えていないので、国民の生活は苦しくなる一方です。おそらく自民党が政権を続ける限りでは、今後も日本に明るい未来はこないでしょう。

しかし、野党はどうかと言えば、あまりマトモな政策をするとも言えず、なかなか政権交代もできない現状なので、お先真っ暗という感じもしますね。

もはや防御策としては、あまりお金をかけない生活をするしかありませんね。本当に世知辛い世の中です。

ドラマ『結婚できない男 第1〜12話』は、動画配信『Hulu』に入会すれば見る事ができます。