小川早苗の多剤服用の危険性を紹介!ドラマ アンサング・シンデレラ

医療ドラマ『ドラマ アンサング・シンデレラ 6話』では、小川早苗(演:高林由紀子)が体調が悪い訳ではないのに、いきつけの医師から薬をもらいたがってしまいます。これは多剤服用の危険な入り口になりかねないので、そのリスクを紹介しましょう。

 

ドラマ『アンサング・シンデレラ』のキャスト

f:id:akira2013web:20200725073420p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/index.html

日本の医療ドラマ『アンサング・シンデレラ 第6話』は、2020年8月20日に放送されました。

脚本&原作

  • 脚本:黒岩勉
  • 原作:荒井ママレ

女優&男優&声優

  • 葵みどり(演:石原さとみ)医師にも意見をする薬剤師
  • 瀬野章吾(演:田中圭)葵みどりの先輩
  • 相原くるみ(演:西野七瀬)葵みどりの後輩
  • 刈谷奈緒子(演:桜井ユキ)薬剤師の仕事についてドライに考える女性
  • 羽倉龍之介(演:井之脇海)ハキハキと喋る薬剤師
  • 工藤虹子(演:金澤美穂)ベテラン薬剤師
  • 販田聡子(演:真矢ミキ)薬剤師たちを指揮する女性
  • 七尾拓(演:池田鉄洋)瀬野章吾にキツくあたる男性
  • 荒神寛治(演:でんでん)薬剤師から魔術師と崇められる存在
  • 豊中瑠衣(演:臼田あさ美)救急センターの医師
  • 小野塚綾(演:成田凌)中華料理店で知り合った男性
  • 小川早苗(演:高林由紀子)違う薬の服用を疑われる患者
  • 遠野倫(演:山谷花純)月経困難症に悩まされる患者

主題歌

ドラマ『アンサング・シンデレラ』の主題歌は、DREAMS COME TRUEの『YES AND NO』です。

ドラマ『アンサング・シンデレラ』シリーズのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『アンサング・シンデレラ』の前話までのストーリーを見る事ができます。

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第6話』のストーリー

葵みどりは、小野塚綾や相原くるみたちと一緒に、区民センターで高齢者たちを相手に
『服薬指導教室』を開いていました。

そして服薬指導教室を終えて廊下に出て行ったら、そこで小川早苗が倒れ込んでしまったのです!3人は急いで、救急車を呼んで、葵みどりたちが働いている病院へ入院する事になりました。

ところが、病院では遠野倫も入院していて、葵みどりが小川早苗を担当して、相原くるみが遠野倫を担当する事になったのです。

葵みどりは「何かあったら相談して」と気さくに背中を押してくれましたが、先輩が大変そうにしていたので、相原くるみは困った事があっても何も相談しようとしません。

そして、遠野倫の症状は悪くなっていったので、葵みどりから「何で相談してこなかったの?」と注意されてしまいます。

落ち込んでしまう相原くるみでしたが、瀬野章吾から言われた『患者を見るんだ』という言葉を思い出して、患者の日常生活や服用しているサプリなどを調べていきます。はたして、葵みどりや相原くるみたちは患者を救う事ができるのでしょうか?

『小川早苗の多剤服用の危険性』

小川早苗のように必要のない薬を多く服用する場合は『多剤服用』という危険な扉を開く事になりかねません。

多剤服用とは、様々な薬を服用する事を言って、高齢者が多剤服用に陥ってしまえば、副作用(寝たきりなどの症状)を引き起こしかねません。

今のところ、いきつけの医師から同じ種類の薬を多くもらっているだけなので、違う症状で苦しんでいましたが、もしも他の薬も一緒に欲しがってしまえば多剤服用に陥ってしまうでしょう。

この多剤服用については、下のリンクで詳しい事が書かれており、こちらを参考にして記事を作成しました。

引用:たくさんの薬は害になる!? ~“多剤服用”の深刻なリスク~ - NHK クローズアップ現代+

私は花粉症なので、風邪をひいた時に『風邪薬と花粉症の薬を両方使っても大丈夫なのかな?』と心配になってしまう事はあります。もしも、薬を同時に使っても大丈夫なのか心配になってしまう場合には、行きつけの病院で相談したほうが良いでしょう。

くれぐれも自分一人で判断して、副作用を引き起こさない事が重要です。 

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第6話』のまとめ

今まで、葵みどりが正しい行いをしてきましたが、今回は逆に後輩の頑張りに触発されるシーンがありました。この辺りは今までと違う展開だったので『やはり、こういった違う展開も欲しいよなぁ』と思ってしまいましたね。

それでも病気についての危険性をもっと丁寧に描いていれば、このドラマの価値はさらに高まるのにと思いますが、薬剤師が患者と向き合う事に重点を置きすぎて、病気のリスクにあまり時間を取っていない事は残念です。

そして、動画配信『FOD』であれば、ドラマ『アンサング・シンデレラ 第1〜6話』を見る事ができます(2020年8月時点)。