市川海老蔵が國村隼を追い込む訳とは?ドラマ『スーツ 第10話』

f:id:akira2013web:20200730124449p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUITS/

ドラマ『スーツ 第10話』では、澤田仁志(演:市川海老蔵)が柳慎次(演:國村隼)を追い込もうとしますが、それは権力闘争だけとは言い切れない所もあるので、その理由を詳しく解説しましょう。

ドラマ『SUITS/スーツ』のキャスト

日本の弁護士ドラマ『SUITS/スーツ』は、2018年10月8日から12月17日の間にフジテレビの月9で放送されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

主題歌

ドラマ『SUITS/スーツ』の主題歌は、オープニングは 眞鍋昭大さんの『SUITS』で、エンディングは B'zの『WOLF』です。 

ドラマ『SUITS/スーツ』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『SUITS/スーツ』の1話から9話までのストーリーを見る事ができます。

ドラマ『SUITS/スーツ 第10話』のストーリー

幸村チカは、遊星から「鈴木大貴は弁護士の資格もなければ、ハーバード大学を卒業した事もない人間です」と教えられます。

遊星は、大事な妹が鈴木大貴に振られたり、自分の事を構ってくれたりしないので、ついに弁護士資格がない事をバラしてしまったのです。事情を知った砂里は、電話で鈴木大貴に懸命に謝って『ついに俺の素性がバレてしまったのか』と思い知ります。

幸村チカは、鈴木大貴をクビにする口実を作るために、蟹江貢と競わせて、負けた場合に退職してもらおうと企みます。

そこで、鈴木大貴は雛子を弁護をして、蟹江貢は藤代を弁護する事になります。雛子と藤代は異母兄弟という事もあって、あまり仲がよくありませんでした。

最初は二人で最善策を取るという事で話が進んでいきましたが、蟹江貢は自分の手柄を優先していって、多くのルールを破っていきます。それに鈴木大貴は、頭に来て復讐するような形で応戦しましたが、結果は蟹江貢の勝利に終わってしまうのです。

その頃、甲斐正午は、後輩の澤田仁志から「柳さんが証拠を隠しているので、その事について証言して欲しい」と頼まれていました。今は部下の鈴木大貴が窮地に陥っていて、それどころではないのに、甲斐正午はどうするつもりなのでしょうか?

市川海老蔵國村隼を追い込む訳』

www.instagram.com甲斐正午が、検事時代の先輩だったのが柳でしたが、柳(演:國村隼)は大きな悪をこらしめるためには手段を選ばない男でした(上のリンクは市川海老蔵さんのインスタです)。

その過程で、多くの証拠を隠していて、澤田仁志(演:市川海老蔵)はそれを追求しようとしていました。

柳を追求するのは、権力闘争のためという事でストーリーは進んでいきますが、それだけではないでしょう。

澤田仁志は、甲斐正午に相当の対抗心を燃やしているので、甲斐正午の先輩を追いおとす事によって、検事時代に勝てなかった先輩に一矢を報いたいという思いもあったハズです。

権力闘争や、先輩に意地を見せたい事など様々なものが目的となって、柳を追求しようとしたのでしょう。それを考えたら、最終回で、どのような決着が見られるのか?楽しみで仕方ないですね。

ドラマ『SUITS/スーツ 第10話』のまとめ

第10話にして、ついに市川海老蔵さんが出てきましたが、スーツ姿でもイケメンだなぁと思ってしまいましたね。それにしても、甲斐正午が検事をしていたとは驚きですね。

勝つためには手段を選ばないのは、柳に仕事の仕方を叩き込まれたのが大きく影響していたようですね。

それにしても、遊星は鈴木大貴の人生を1度ムチャクチャにした上に、助けられた事もあったのに、ここにきて邪魔をするとは本当にうっとうしい男ですね。

妹が、兄に対して怒ったシーンも演出して欲しかったのですが、そこを演出しないで、いきなり電話で謝ってくるのは少し勘弁して欲しかったです。

色々な思いが葛藤していきますが、次回はいよいよ最終回なので、どのような決着がつくのか楽しみで仕方ありません。

ドラマ『SUITS/スーツ 第1〜11話』は、動画配信『FOD』に入会すれば見る事ができます。