大石つばめ(清原果耶)が明るい屋根の家を探す理由!映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』では、大石つばめ(清原果耶)が星ばあと親交を深める事によって、美しくも悲しい思い出を作っていく事になりますが、明るい屋根の家を探す事になったので、その理由について紹介しましょう。

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』のキャスト 

日本のドラマ映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は、 2020年9月4日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 大石つばめ(演:清原果耶)家や学校などで息苦しい生活を送る14歳の少女
  • 浅倉亨(演:伊藤健太郎)大石つばめに愛されている大学生
  • 大石麻子(演:坂井真紀)大石つばめの育ての親
  • 大石敏雄(演:吉岡秀隆)大石つばめの父親
  • 山上ひばり(演:水野美紀)大石つばめの産みの親
  • 牛山武彦(演:山中崇)書道教室の先生
  • 笹川誠(演:醍醐虎汰朗)大石つばめの元カレ
  • 浅倉いずみ(演:清水くるみ)浅倉亨の姉
  • 森島雄一郎(演:笠松将)浅倉いずみの恋人
  • 遠山和子(演:富山えり子)書道教室の生徒
  • 星ばあ-ほしのとよ(演:桃井かおり)ビルの屋上に現れる謎の老婆

主題歌

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の主題歌は、清原果耶さんの『今とあの頃の僕ら』です。

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』のストーリー

大石つばめは、学校に着くとクラスメートの女子たちから「掲示板でヒドイ事が書かれているよ?」と知らされます。実際に、ネットの掲示板では、大石つばめが笹川誠を捨てた軽い女と書き込まれていたのです。

女子たちは「アイツ(笹川誠)が書いたって噂だよ」とヒソヒソと話していたら、そこに問題の男子が現れて「なんだよ?」と睨んできたのです。朝から散々な思いをしながら書道教室で、その思いをぶつけていたら、教師にその思いを見破られてしまいます。

道教室の授業が終わったら、外は暗くなっていて、ふと屋上へあがっていきました。そこへ『ほしのとよ』という不思議な老婆がいて、大石つばめが笑顔で応えようとすると「若いうちから愛想笑いなんて覚えちゃってんのかい」と嫌味を言ってきます。

あまりのうっとうしさから、思わず『星ばあ』というニックネームをつけてしまって「人のことをババア呼ばわりかい」と言われてしまうのです。

二人は、最初こそ口論ばかりしていましたが、大石つばめの恋の相談にのってもらえたので、今度は星ばあが会いたがっていた孫が住んでいる『えんじ色の明るい屋根の家』を探す事にしたのです。

はたして、大石つばめは明るいえんじ色の屋根の家を見つける事はできるのでしょうか?

『大石つばめ(清原果耶)が明るい屋根の家を探す理由』

大石つばめ(清原果耶)は、勢い余って、隣の家に住む大学生の浅倉亨にラブレターを送ってしまいます(上の動画は、大石つばめ役の清原果耶さんが出演しているCMの動画です)。

ラブレターには、誕生日を祝う言葉が書いてありましたが、恥ずかしさから手紙を取り戻したいと思うようになってしまって、後悔します。

そこで、星ばあが「じゃあ私が取り戻してやる」と言って、本当に手紙を取り戻してくれたのです。それからも星ばあは、好きな人と仲良くなれるためのアドバイスをしてくれて、大石つばめは感謝するようになります。

何か恩返しをしたいと思うようになった時に、星ばあが「孫のマコトと一緒に水族館へ行ったけど、あれは本当に楽しかったなぁ」と感慨深くなった事を思い出しました。

大石つばめは、何とか星ばあに孫と合わせてあげたいと思いましたが、手がかりは明るいエンジ色の屋根の家に孫が住んでいる事だけでした。

そこで、大石つばめは星ばあに恩返しをするために、大好きな浅倉亨や元カレの笹川誠たちと一緒に、明るいエンジ色の屋根の家を探す事になったのです。

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』と他の作品を比較

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』では、大石つばめが同じ屋根の下に住む母親とは血がつながっていなくて、これから妹が母親から生まれてきたら、どうしようと不安を感じていました。

そのため、両親とも口喧嘩をしてしまいますが、その悩みや苦しみを何とか乗り越えようとします。

映画『ステップ』も同じような内容になっていて、血が実際につながっていない義父がシングルファザーになった義理の息子に愛情をそそぐ内容になっています。

本来は、シングルファザーが娘に愛情を注ぐ所がメインになっていますが、それよりも義父と義理の息子の熱い家族愛は必見です。

www.akira-movies-drama.com 

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』のパンフレット

f:id:akira2013web:20200904154838j:plain

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』のパンフレットに書かれている内容を少しだけ紹介します。

清原果耶のコメント

主演を務めた清原果耶さんのコメントが書かれていて、初主演の映画作品という事もあって、かなり思い入れの強い作品となったようです。

そのため、客観的に見られなかったようですが、そんな中でも印象深かったのが星空や屋根をCGで追加している所でした。

映画とは、そのように製作しているんだなぁと感慨深くなってしまう方法が書いてあったので、興味のある方はパンフレット読んでおくのも悪くはないでしょう。

主題歌の製作内容

映画のエンディングを聴いている時は、透明感の高い歌声だったので『誰が歌っているのかな?』と思っていたら、驚くべき事に女優の清原果耶さんが歌っていました。

しかも、作詞・作曲したのが、あのCoccoさんです。

Coccoさんは、命を投げ出しくなるほど辛い想いをしている方が共感する歌を多く作っていて、カリスマ性のあるミュージシャンです。そんなCoccoさんが清原果耶にアドバイスをして、主題歌を製作した過程について載っていました。

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』のまとめ

不思議な老女が夜空に舞う映画という事もあって、きっとロマンチックでファンタジーな感じがする映画だろうと思っていましたが、実際に見てみたら『もう少しファンタジーな感じを出して欲しかったなぁ』と思ってしまいましたね。

実際に、美しく見えるシーンもあったのですが、それは少なかったですし、老婆が夜空を舞うのは本当に一瞬だったので、少し物足りない感じは否めません。

どちらかと言えば、美しさを演出する所よりも、ストーリーで意外な対人関係が分かる所のほうが面白みがありました。そのため、ストーリーや家族愛を重視している方であれば、見ておいて損はしないかもしれません。