輝子(赤座美代子)のあるモノが英子を狂わす?ドラマ『あの子が生まれる 第8話』

ドラマ『あの子が生まれる・・・第8話』では、輝子(赤座美代子)が英子(演:小倉優香)を引き取りますが、あるモノがきっかけで英子がますます狂い出してしまうので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『あの子が生まれる・・・』のキャスト

f:id:akira2013web:20200726192908p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/anokogaumareru/

FODのオリジナルドラマ『あの子が生まれる・・・』は、2020年7月18日から配信されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 英子(演:小倉優香)輸血事故で命を落とした患者
  • 芙美子(演:泉はる)潤一郎の愛人にして英子の母親
  • 菜央(演:森田望智)人形に悩まされる妊婦
  • 勇馬(演:松本大志)菜央の夫
  • 河本潤一郎(演:羽場裕一)新生病院の元院長
  • 河本和代(演:山下容莉枝)院長夫人だった女性
  • 河本美恵(演:芦名星)輸血事故を隠す女性
  • 河本秀明(演:市川九團次)河本美恵の元夫
  • 輝子(演:赤座美代子)英子を育てていた女性

主題歌

ホラードラマ『あの子が生まれる・・・』の主題歌は、 eillさんの『Night D』です。

ドラマ『あの子が生まれる・・・』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『あの子が生まれる・・・』の前話までのストーリーを見る事ができます。  

ドラマ『あの子が生まれる・・・第8話』のストーリー

勇馬は、妻が悪夢を見てしまうのは英子と関係しているように思えてきたので、英子が少女時代に住んでいた家を訪ねます。そこに現れたのは、英子を育てていた輝子でした。

輝子は、結果的には英子に代理出産させる事になってしまったのですが、それには大きな理由がありました。

実は、河本和代が夫が他の女との間で作った少女を強引に預けようとしてきたのです。最初は誰の子か分からなかったので、引き取らないでおこうと思っていました。

ところが、河本和代が「輝子おばさんが預からないというなら、それでも良いのよ。他にも色々と方法があるじゃない」と言ってしまいます。夫は「おいおい、辞めてくれよ」と慌ててしまうので、輝子は自分が預からないと大変な事になると思ったのです。

輝子のもとで、英子はすくすくと育っていきますが、急に河本和代が「これからは私が英子を育てる」とやってきます。英子は、そんな河本和代を嫌がってしまうので、輝子は、その申し出を断りました。

しかし、輝子が病気になって入院している間に、河本和代は英子を監禁してしまいます。夜中になり英子は、河本和代の病室に忍び込んで、ある異物を医療器具に混入したら、突然容態が急変してしまったのです!

『英子を狂わせた輝子(赤座美代子)のあるモノ』

輝子は、英子を引き取りますが、最初から普通ではない不気味なものを感じていました。ところが、英子は、輝子が昔もらっていた人形をひっぱりだしてきて、友達のように人形へ話しかけるようになりました。

今ままで普通ではないと思っていましたが、それを見ていたら『あの子も普通の女の子なんだなぁ』と安心するようになります。

ところが、河本和代がそんな人形を叩き落としてしまって、英子は人形をなでながら、輝子に復讐しようとしたのです。恐らく、英子はもともとおかしな所があったかもしれませんが、この人形が英子になにかのパワーまたは呪いをかけたのかもしれません。

ドラマ『あの子が生まれる・・・第8話』のまとめ

河本和代は、もともと性格の悪い女だったので、そんな女が英子に復讐されるあたりは、見ていて気分がスカッとしましたね。

こうなってきたら、輸血事故を起こした河本美恵もタダでは済まなくなってくるのではないかと思えてきました。

それにしても、英子が河本和代の息の根を止めるために、静かに準備を進めていくのはスリルがあって、良かったですね。

ドラマ『あの子が生まれる・・・第1〜8話』は、動画配信『FODプレミアム』のオリジナルドラマなので、この動画配信に入会すれば見る事ができます。