ヤマンバが生まれた驚くべき理由!ドラマ 妖怪シェアハウス6話

f:id:akira2013web:20200906075722p:plain

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/youkai/story/0006/

ドラマ『妖怪シェアハウス 第6話』では、自分に自信が持てない目黒澪のために、山姥(演:長井短)が力を尽くします。しかし、山姥は人々から相当恐れられている妖怪なので、なぜそのような恐ろしい妖怪が生まれたのか紹介しましょう。

ドラマ『妖怪シェアハウス』のキャスト

ホラードラマ『妖怪シェアハウス』は、2020年8月1日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 目黒澪(演:小芝風花)貢いでいた彼氏に捨てられた女
  • 四谷伊和-お岩さん(演:松本まりか)目黒澪に同情する妖怪
  • 酒井涼-酒呑童子(演:毎熊克哉)イケメンだが根は優しい妖怪
  • 和良部詩子-座敷童子(演:池谷のぶえ)年増の座敷わらし
  • 沼田飛世-ぬらりひょん(演:大倉孝二)はっきりとしない妖怪
  • 水岡譲(演:味方良介)荒波神社の神主
  • 原島響人(大東駿介)目黒澪の上司
  • 山姥(演:長井短)メイクやファッションにうるさい妖怪

主題歌

ドラマ『妖怪シェアハウス』の主題歌は、miwaの『DAITAN!』です。

ドラマ『妖怪シェアハウス』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『妖怪シェアハウス』の全話のストーリーを見る事ができます。

 

ドラマ『妖怪シェアハウス 第6話』のストーリー

目黒澪は、上司の原島響人に惹かれていきますが『自分では原島響人さんと釣り合わない』と焦り始めます。

妖怪たちに「どうすればいいですか?」と相談してみたら、お岩さんは「そうねぇ、山姥だったら何とかしてくれるかもしれない」と言い出します。

この突拍子もないアドバイスに、目黒澪は「山姥って、メチャクチャ怖い妖怪じゃないですか!」と仰天してしまいますが、そこに現れた山姥はひと昔前に渋谷で大流行したギャルのような格好をしていたのです。

山姥は、いい加減な見た目とは違って、丁寧にアドバイスを始めて、ファッションのおすすめのポイントや恋愛の攻略法などを教えてくれます。

目黒澪は、アドバイスに従って上司を攻略しようとしますが、何と!原島響人が結婚していて、離婚するべきか悩んでいたのです。

ここで、思い悩んでいる上司の心につけ込もうとしないで「だったら、ここは二人で話し合ったら良いじゃないですか」とアドバイスをしてしまいます。

目黒澪は、せっかく妖怪たちにアドバイスしてもらったのにと落胆してしまいますが、彼女の恋の行方はどうなってしまうのでしょうか?

『山姥が生まれた驚くべき理由』

山姥(ヤマンバ)とは、山に住む老婆の妖怪で、みた目は美しくて若い女性の格好で現れて宿や食事を提供しますが、獲物が寝た後に喰ひ殺すという恐ろしい妖怪です。

ここで疑問に思う事が、なぜこのような恐ろしい妖怪が山にいるかという事でしょう。実は、山姥が生まれた背景には、口減らしのために老婆を山へ捨てた後に、その老婆が妖怪になったと考えられています。

そこは、今まで育ててくれた老婆を山へ捨てる事について、良心が痛んでしまって、このような怪談話が生まれてしまったのでしょうね。

ドラマ『妖怪シェアハウス 第6話』のまとめ

第6話では、ついに山姥が出てきた訳ですが、それをギャルとして登場させるとはふざけすぎていますね。久しぶりの妖怪モノのドラマですから、そこはもう少し真面目に山姥を登場して欲しかったです。

山姥は日本の妖怪の中でも、1、2を争うほど恐ろしい妖怪だったのにと思うと、このような内容で、残念極まりないです。

しかし、目黒澪と神主 水岡譲の間で、密かな恋が生まれようとしているので、そこに注目していきたい所ですね。