諸積杏奈(日比野友香)の凶行を止める方法があった?ドラマ『恐怖新聞 第2話』

f:id:akira2013web:20200903233256p:plain

出典:https://www.tokai-tv.com/kyoufushinbun/

ドラマ『恐怖新聞 第2話』では、諸積杏奈(日比野友香)が凶行に走ってしまいますが、それを止める方法が実はあったかもしれません。そこで、どのような方法を取っていれば、その凶行を止められたのか?詳しく紹介しましょう。

ドラマ『恐怖新聞』のキャスト

日本のホラードラマ『恐怖新聞』シリーズは、2020年8月29日から東海テレビで放送開始されました。

脚本&原作

女優&男優&声優

  • 小野田詩弦(演:白石聖恐怖新聞に頭を悩まされる女性
  • 小野田歌子(演:黒木瞳)小野田詩弦の母親
  • 小野田蔵之介(演:横田栄司)小野田詩弦の父親
  • 松田勇介(演:佐藤大樹)小野田詩弦の恋人にして、バイトの先輩
  • 篠崎林太郎(演:駿河太郎)飛び降り自殺について捜査する刑事
  • 宮沢桃香(演:片山友希)引っ越し業者のイケメンに一目惚れする女性
  • 片桐ともを(演:坂口涼太郎)小野田詩弦の隣人
  • 蜷川冬夜(演:猪野学恐怖新聞の前の契約者
  • 津々木(演:比留間由哲)未成年者に手を出してしまった男性
  • エンドウ由美(演:古林奈緒美)津々木の元妻
  • エンドウ健太(演:渡辺圭悟)津々木の息子
  • 諸積杏奈(演:日比野友香)津々木と深い関係に落ちた女性

主題歌

ホラードラマ『恐怖新聞』の主題歌は、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの『FEARS』です。 

ドラマ『恐怖新聞』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ホラードラマ『恐怖新聞』の全話までのストーリーを見る事ができます。

ドラマ『恐怖新聞 第2話』のストーリー

小野田詩弦は、父を失ってしまった上に、母から「あなたはお父さんが亡くなったのに、なんで、そんな平然としていられるの!」となじられてしまいます。

辛い日々が続く中で、口の中に違和感を抱いてしまって、指を突っ込んでみたら、何と髪の毛が大量に入っていたのです。しかし、気がつくとベッドの上で、それは夢でしたが、布団の上には再び恐怖新聞が置かれていました。

今度の恐怖新聞には、中年の男性が女性を刺してしまう事が書かれていたのです。小野田詩弦は、どうしたら良いのか悩んでいたら、恋人の松田勇介から「未来が分かっているなら、変えればいい」とアドバイスされて吹っ切れます。

小野田詩弦は、松田勇介や宮沢桃香と一緒に、恐怖新聞に書かれていた中年の男性が、女性を殺す前に見つけようとします。

その頃、津々木という男は、未成年の女性と深い関係に落ちている事がバレてしまって、人生を転落してしまいました。そのため、妻や子供たちに会おうとしても「もう私たちの前で現れないで!」と言われてしまうのです。

小野田詩弦たちは、恐怖新聞に書かれていた日時と場所で、加害者になると思われていた男性を探そうとしますが、違う女性が親子を刺し殺してしまいます。愕然としてしまう小野田詩弦の前に刑事が現れますが、どうなってしまうのでしょうか?

『諸積杏奈(日比野友香)の凶行を止める方法』

www.instagram.com小野田詩弦が、最初に恐怖新聞を見た時は、死者1名で軽傷1名だったのに、事件を止めようとしたら死者2名に変わってしまいました(上のリンク先は、諸積杏奈役の日比野友香さんのインスタです)。

このような事になったのは、松田勇介が諸積杏奈に「勇気を持って一歩踏み出せば、必ずいい事があるから」と励ましてしまった事により『一歩踏み出して復讐すれば良いのね』と間違った決断へ向かわせてしまいます。

松田勇介は事件を止めるために、加害者と思われていた男性を探していたのですが、諸積杏奈は「私の話を聞いて下さい、私は幸せになりたいだけなんです」と呼び止められてしまったので、邪魔して欲しくないと思って、アドバイスしてしまいました。

しかし、これがキッカケで恐怖新聞は途中で書き換えられてしまって『死者1名・軽傷1名』から『死者2名』に変わってしまいました。

恐怖新聞の呪いを止めようとしたら、それに呪いが反発して悪い結果のほうへ動いたのかもしれません。

このような事を考えたら、凶行を止めるには、少なくとも松田勇介が言動に注意するか?もしくは何もしていなければ、2名もの殺害を止める事はできていたでしょう。

ドラマ『恐怖新聞 第2話』のまとめ

第2話では、恐怖新聞の内容が途中で書き換えられてしまいますが『そんなのってアリか?』と苦笑してしまいました。

恐らく恐怖新聞が「邪魔するな!」と怒ってしまったのでしょう(多分)。

しかし、諸積杏奈が一歩踏み出せばとアドバイスされたら『一歩踏み出して復讐すれば良いのね』と思って行動してしまった時は『どうしたら、そんな風に解釈してしまうの』と思ってしまいました。

諸積杏奈は2話で退場してしまいますが、あまりにも面白いキャラクターだったので、まだまだ見ていたかったですね。第3話から刑事と小野田詩弦が手を組みそうになるので、今後はどのようなタッグを見せてくれるのか、期待したい所です。

そして、動画配信『FODプレミアム』であれば、ホラードラマ『恐怖新聞 第1〜2話』を見る事ができます。