友永ひかり(広瀬すず)たちが笑わす5つのギャグ!映画『チアダン』

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』では、友永ひかり(広瀬すず)たちが5つのギャグで笑わせようとするので、詳しく紹介しましょう。

映画『チアダン』のキャスト

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』は、2017年3月11日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 友永ひかり(演:広瀬すず)好きな男のためにチアダンスへ入部しようとする女子
  • 玉置彩乃(演:中条あやみ)チアダンスの経験が豊富なエリート生
  • 村上麗華(演:柳ゆり菜)バレエ経験者で性格がキツイ
  • 山下孝介(演:真剣佑)友永ひかりから好かれているイケメン男子
  • 紀藤唯(演:山崎紘菜)ストリートダンスが得意でも笑顔になれない女子
  • 東多恵子(演:富田望生)少し体型がポッチャリとした女子
  • 永井あゆみ(演:福原遥)オタクっぽい女子
  • 矢代浩(演:健太郎)玉置彩乃に惚れているガリ
  • 絵里(演:南乃彩希)友永ひかりたちの後輩
  • ダンス部の主将(演:大原櫻子)南青山女子高校に所属していた女性
  • 早乙女薫子(演:天海祐希)友永ひかりたちの顧問
  • 教頭(演:緋田康人)チアダンス部に理解を示さない教頭
  • 校長(演:きたろう)チアダンス部の処遇に頭を悩ます校長
  • ひかりの父(演:木下隆行)からあげ好きの父親で性格が優しい

主題歌

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の主題歌は、大原櫻子の『ひらり』です。

映画『チアダン』のストーリー

友永ひかりは、友達と一緒にチアダンス部に入ろうとしますが「どこがいいの?」と不審に思われてしまいます。

ところが、そこへイケメン男子の山下孝介がやってきて「サッカーで国立陸競技場へ行くからな」と言ってきて、友永ひかりは「絶対に応援に行くよ」と答えます。 友達は『男目当てで入部する気だな』と呆れてしまいました。

チアダンスへ入部したら、そこに登場した顧問の早乙女薫子は厳しいルールを次々に言ってきて、前髪をおろす事も禁止で恋愛も禁止とされてしまいました。

友永ひかりは『なんだ、そのふざけたルールは』と憤慨してしまいますが、それからも厳しい事を言われてしまってウンザリとします。

チアダンス経験者の玉置彩乃・バレエ経験者の村上麗華・ストリート経験者の紀藤唯さんたちが中心となってチアダンス部を盛り上げていこうとしますが、村上麗華は周りの部員たちに厳しい事ばかりを言ってきて空中分解していくのです。

しまいには、村上麗華は「もうあんたらとはやってられない」と立ち去っていきますが、友永ひかりは他の部員たちと一緒にチアダンスで、福井から全米制覇しようとします。はたして、そこまで勝ち進む事ができるのでしょうか?

『友永ひかり(広瀬すず)たちが笑わす5つのギャグ』

友永ひかり(広瀬すず)たちが、真剣にチアダンスをしながら、5つものギャグで笑わせてくれるので、詳しく紹介しましょう。

早乙女薫子(演:天海祐希)の「笑顔だけは」

友永ひかりはダンスが苦手で、体もかたくてチアダンスに不向きな要素がいくつもありました。

しかし、笑顔だけは素敵な所があって、そこは周囲から認められていました。

ところが男に振られてガックリとしてしまって、早乙女薫子(演:天海祐希)から「 あなたは笑顔だけは良かったのに」と指摘されて「だけ?」と言い返してしまうシーンがあって、そのやりとりがコミカルな感じがして面白かったですね。

玉置彩乃(演:中条あやみ)の「ストーカー?」

矢代浩(演:健太郎)が玉置彩乃(演:中条あやみ)に「応援しているから、見にいくから」と励まそうとしますが「……ストーカー?」と影でつぶやかれてしまうのです。

それを見ていたら思わず「オイオイ、励まそうとしているのに、なぜそう受け取る?」と笑ってしまいましたね。

友永ひかり(広瀬すず)の「だれ?」

玉置彩乃は部長として、思うようにチアダンス部を盛り上げる事ができずに悩んでいました。そのため、学校へ来る事がない日もあって、友永ひかりは『大丈夫かな?』と心配してしまいます。

そこへ矢代浩が「部長として責任を感じているんだろう」と言ってきますが「だれ?」と再びつぶやかれてしまうのです。良い奴なのに、なんでこんなに影がうすいんだろうとウケてしまう所でしたね。

友永ひかり(広瀬すず)の「タダのうるさいババアです」

早乙女薫子(演:天海祐希)は、チアダンス部で退部者が続出している事について校長たちから責任を問われてしまいます。ついには、チアダンス部をタダの同好会へ格下げされそうになってしまうのです。

チアダンス部の生徒たちは、何とか同好会の考えは撤回してもらうとかけあいます。

そこで、友永ひかりは、早乙女薫子をかばおうとしますが、最後に「タダのうるさいババアです」と言ってしまって『そんなフォローの仕方ってある?」と爆笑したくなるシーンでしたね。

友永ひかりの「父親みたいやの」

友永ひかりは怪我をしてしまって、一時的に補欠になってしまって落ち込む日々を送ってしまいます。そこで父親(演:木下隆行)から励まされると「父親みたいやの」と言われてしまって「父親やろう!」と突っ込んでしまって笑わせてくれました。

映画『チアダン』と他の作品を比較

広瀬すずさんの代表作にもなった『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』ですが、それ以上の代表作もあって、それが『ちはやふる』です。

ちはやふるは、広瀬すずファンたちには説明不要というほどの作品で、女子高生の千早(演:広瀬すず)が、青春をカルタに捧げる内容になっています。

そこには不器用な男子たちが何とかカルタをしようとする所もあって、感動的なドラマ映画に仕上がっています。

www.akira-movies-drama.com

映画『チアダン』のネットの評価

ネットでは、これほど大人数でダンスをする内容になっているモノをここまで見事に仕上げるとは……と驚嘆の声が上がっていました。

確かに、初期の頃は下手なダンスだったのに、ラストシーンでは見事なダンスに仕上がっており、その違いはまさにお見事です。

そして、漫画のような内容と思っていたら『これが実話をもとにしたストーリーとは』と驚いている方もいましたね。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『チアダン』のまとめ

チアダンスの経験がほぼない女子高生たちばかりが集まったチアダンス部が、全米制覇するというトンデモナイ内容でしたが、その見事なダンスシーンは圧巻でしたね。

早乙女薫子の厳しすぎる指導にはドン引きするものがあって、あそこまでいくと心を鬼にしているとは言え、共感できない内容にはなってしまいます。

それでも、広瀬すずさんや中条あやみさんたちなど豪華な女優さんが出演していましたし、ダンスあり笑いありの内容で見所の多い映画になっていました。やはり、広瀬すずさんは恋愛映画には強い女優さんだなぁと感心するばかりです。

動画配信『U-NEXT』であれば、映画『チアダン』を見る事ができます(2020年9月時点)。