高月椿(演:横浜流星)の父親を予想!ドラマ『私たちはどうかしている 第5話』

ドラマ『私たちはどうかしている 第5話』では、高月椿(演:横浜流星)が高月家の血を受け継いでいる可能性が極めて低い事が判明します。そこで、誰が高月椿の父親なのか予想してみたので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『私たちはどうかしている』のキャスト

f:id:akira2013web:20200812224149p:plain

出典:https://www.ntv.co.jp/watadou/

和菓子職人たちの間で起きる愛憎ドラマ『私たちはどうかしている』は、2020年8月12日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 花岡七桜(演:浜辺美波)母を失ってしまった和菓子好きの女性
  • 高月椿(演:横浜流星)父は花岡七桜の母に殺されたと証言した男
  • 大倉百合子(演:中村ゆり)花岡七桜の母
  • 高月樹(演:鈴木伸之)高月椿の父
  • 高月今日子(演:観月ありさ)高月椿の母
  • 高月宗寿郎(演:佐野史郎)高月椿の祖父
  • 長谷川栞(演:岸井ゆきの)高月椿の許嫁
  • 城島祐介(演:高杉真宙)花岡七桜に優しく接する和菓子職人
  • 多喜川薫(演:山崎育三郎)大倉百合子を詳しく知る男性
  • 宮部夕子(演:須藤理彩)小料理屋の女将
  • 富岡勝(演:岡部たかし)仕事に打ち込む和菓子職人
  • 杉田綾人(演:草野大成)ぽっちゃりとした和菓子職人
  • 安部大吾(演:前原滉)笑顔が似合う和菓子職人

主題歌

ドラマ『私たちはどうかしている』の主題歌は、東京事変の『赤の同盟』です。

ドラマ『私たちはどうかしている』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『私たちはどうかしている』の前話までのストーリーを見る事ができます。 

ドラマ『私たちはどうかしている 第5話』のストーリー

高月今日子は、宮部夕子が花岡七桜の母親というのは嘘だと感づいて、何と宮部夕子の店まで出向いて、食事に虫が入っているように見せかけて言いがかりをつけてきたのです。

宮部夕子は「変な言いがかりは辞めて下さい」と反論しますが『あの娘の味方をしたら、こんな店は簡単につぶす事ができるのよ』と圧力をかけてきたので、これ以上は味方ができないと思うようになります。

しかし、高月椿がその後に現れて「何とか、僕らの結婚式に出てもらえませんか」と頭を下げてきました。どうしたものかと頭を悩ませますが、花岡七桜が妊娠を隠しながら苦しんでいる姿を見て、思わず励ましてしまいます。

花岡七桜は、高月椿が出張している間に、ある用紙を見つけてしまいます。そこには何と自分の父親が高月樹である事が書かれていたのです。しかし、高月樹と高月椿が親子である可能性が極めて低いDNA結果まで書かれてあって、驚愕してしまいます。

さらに、高月宗寿郎は桜こそが自分の血を受け継ぐ孫である事を知っていて、その孫が現れたら全財産を譲ろうとしていたのです。はたして、花岡七桜はどうするつもりなのでしょうか?

『高月椿(演:横浜流星)の父親を予想』

www.instagram.com高月椿の父親が、高月樹ではないという内容になっていて、それでは誰が父親なのか?分からなくなってきました。

しかし、父親になりそうな年齢や人間関係を考えたら、私は『多喜川薫の父親』ではないかと思ってしまいます。

なぜなら、多喜川薫が店へ現れた時に、高月今日子が顔を引きつらせているので、それが尋常ではない関係である事が予想されます。さらに、多喜川薫の父親が店へ行かなくなったのと同時に、事件が起きてしまったので、何かの関連性を感じてしまうのです。

多喜川薫が学生時代の頃に、すでに高月椿が少年として生きていた事を考えれば、父親は多喜川薫よりも、多喜川薫の父親のほうが可能性として高いかなと感じてしまいます。

ドラマ『私たちはどうかしている 第5話』のまとめ

第5話では、衝撃的なDNA結果が判明してしまいますが、本当にドロドロとした人間関係だなぁと思ってしまいましたね。

今後は、高月宗寿郎と高月今日子の二人が後継者争いで火花を散らしていく感じがするので、どうなっていくのか見ものですね。個人的には、高月今日子がうっとうしいので早くつぶれてくれないかなと期待してしまいます。

このドラマがいまいち人気が高くならないのは、高月今日子がひどすぎるからでしょうね。それにしても、和菓子がオマケで出てくるような感がして、そこは少し残念ですね。

そして、ドラマ『私たちはどうかしている 第1〜5話』は、動画配信『Hulu』に入会すれば見る事ができます。