三隅高司の謎の行動は山中美津江への当てつけ?映画『三度目の殺人』

映画『三度目の殺人』では、三隅高司(演:役所広司)が何回も供述を変えてしまいますが、それは山中美津江(演:斉藤由貴)に対してのあてつけの可能性が高いので、その理由について詳しく解説しましょう。

映画『三度目の殺人』のキャスト

映画『三度目の殺人』は、2017年9月9日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 重盛朋章(演:福山雅治)口の悪い弁護士
  • 三隅高司(演:役所広司)凶悪犯罪の容疑者
  • 山中咲江(演:広瀬すず)被害者の娘
  • 重盛ゆか(演:蒔田彩珠)重盛朋章の娘
  • 摂津大輔(演:吉田鋼太郎)重盛朋章の同僚
  • 川島輝(演:満島真之介)重盛朋章とは考えが違う若手弁護士
  • 服部亜紀子(演:松岡依都美)弁護士事務所の事務員
  • 重盛彰久(演:橋爪功)重盛朋章の父親
  • 山中美津江(演:斉藤由貴)被害者の妻
  • 小野稔亮(演:井上肇)いい加減な裁判官
  • 篠原一葵(演:市川実日子)性格がキツイ検察官

映画『三度目の殺人』のストーリー

三隅高司は、河川敷で 社長を殴り殺して、火を付けてしまいます。摂津大輔が三隅高司を弁護しようとしますが、供述が何回も変えてしまうので、死刑になりそうになって、同僚の重盛朋章に助けを求めます。

しかし、重盛朋章は「もう自白したなら死刑だろう。もっと速く言ってこいよ」と文句を言ってしまうのです。重盛朋章たちは容疑者に接見しますが、いい加減な供述をするので、とりあえずは遺族に対しての謝罪の手紙を貰います。

重盛朋章は遺族に謝罪の手紙を渡しますが、破り捨てられてしまうのです。このままでは、死刑を変える事ができないので焦り始めます。

ところが、遺族の娘である山中咲江が、父親からレイプされていた事を打ち明けてくれて「三隅高司さんは、私の代わりに父を殺してくれたんだと思います」とつぶやきます。

法廷で、父親からレイプされていた事を言おうとしますが、なぜか三隅高司は、この段階で「自分は河川敷へ行っていない。社長も殺していない。刑事たちから殺したと言えば死刑にはならないと言われたんだ」と供述し始めます。

はたして、真実はどうなっているのでしょうか?

『三隅高司の謎の行動は山中美津江への当てつけ』

重盛朋章は、最終段階で容疑者が殺害を否定したのは、山中咲江にツライ証言をさせないためではないかと疑います。それでは、なぜ今まで供述を何回も変えてきたのでしょうか?

山中咲江を巻き込まないためであれば、さっさと本当の供述をすれば良いだけの話です。そこで思ったのが、山中咲江を助ける事ができなかった母親の山中美津江に対する当てつけではないでしょうか?

恐らく、容疑者は山中咲江を娘のように愛おしい感情を持っていたので、レイプをしていた社長が許せなかったのでしょう。しかし、そんな娘を助けられなかった母親も同罪だぞと思って、供述をいくつも変えて母親を苦しめたかったのでしょう。

実際に、母親はさっさと保険金を貰いたかったですし、後半では母親に殺害しもらうように頼まれたと供述していましたし、山中美津江への当てつけとしか考えられないのです。

映画『三度目の殺人』と他の作品を比較

サスペンス映画『三度目の殺人』では、広瀬すずさんがレイプをされてしまう役をしてしまいますが、父親に襲われてしまうシーンは出てきません。

それに引き換え、映画『怒り』では、広瀬すずさんが米兵にレイプされてしまう衝撃的なシーンが出てしまいます。ハッキリ言って、それに比べたら『三度目の殺人』はかなり良心的に作られたものと言えるでしょう。

そのため、あまり胸糞悪い気分になりたくない方には、映画『三度目の殺人』のほうが、おすすめです。

www.akira-movies-drama.com

映画『三度目の殺人』のネットの評価

ネットでは、三度目の殺人というタイトルについて考察している方がいて「一度目は高利貸しで苦しむ人による殺人、二度目は父を恨む娘による心の中での殺人、三度目は容疑者の死刑ではないか」という意見がありました。

自分は『何で、三度目なんだ?』と考え込んでしまいましたが『なるほどぉ、そういう考え方もできるな』と鋭い考察力の意見に舌を巻いてしまいましたね。

しかし『率直につまらない』という意見もあって、個人の好みによって評価が大きく変わる作品です。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『三度目の殺人』のまとめ

三度目の殺人を見ていて、思った事は『やっぱり容疑者の娘が父親からレイプされるという展開か』というものでした。これは見ていたら、予想がつきやすいものだったので、もう少しストーリーの展開に気を配って欲しかったですね。

しかし、良心的に作られていて、あまり気分が悪くならない内容になっているので、そこは良かったですね。

そして、役所広司さんがミステリアスな容疑者を見事に熱演していて、静かな表情から鬼気迫る怒りの表情は、思わず息を飲んで見てしまいました。その見事さを考えたら、サスペンス映画にあまり興味がない方にも、是非見て欲しい映画です。

動画配信『U-NEXT』であれば、映画『三度目の殺人』を見る事ができます(2020年9月時点)。