人嫌いの鳴戸渡が友達を大事にした理由|ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。第5話』

ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。 第5話(最終話)』では、人嫌いの鳴戸渡(演:桐山漣)が、友達を大事にしようとするので、その理由について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き』のキャスト

f:id:akira2013web:20200815094706p:plain

出典:https://www.ytv.co.jp/ojikawa/index.html

ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』は、2020年8月13日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:熊坂出
  • 原作:ツトム
  • 脚本:坪田文

女優&男優

  • 小路三貴(演:眞島秀和)パグ太郎が好きな第一営業課課長
  • 仁井真純(演:藤原大祐)小路三貴の家に泊まりに来た甥
  • 河合ケンタ(演:今井翼)小路三貴の笑顔が好きなデザイナー
  • 鳴戸渡(演:桐山漣)会社では人間に厳しいが、猫好きな第二営業課課長
  • 茂科莉央(演:富田望生)アイドルが大好きなポッチャリ女子社員
  • 臼間未来(演:愛加あゆ)小路三貴を慕う美人社員
  • 木庭春生(演:水間ロン)少しマイペースな男子社員
  • 古宇東二(演:佐藤正和)陽気な営業部長

主題歌

ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』の主題歌は、サイダーガール
の『ユニバーサルJ』です。

ドラマ『おじさんはカワイイものが好き』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、コメディ系の企業ドラマ『おじさんはカワイイものが好き。』の前話までのストーリーを見る事ができます。

ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き 第5話』のストーリー

小路三貴は、河合ケンタから「しばらく、小路さんとは会えないです」と言われてしまって、気分が悶々(もんもん)としてしまいました。

そんな時に、河合ケンタがデザインした物について、クライアントから「これは少し暗くないですか?」と言われてしまいます。

そこで小路三貴は「これは証明に当たった時に、明るくなるようにデザインされたものです」と説明して、クライアントを納得させる事ができました。

小路三貴は、その後に河合ケンタと仕事で会う事になって、クライアントを説得してくれた事について感謝されますが、そっけない態度を取ってしまってギクシャクとした関係が続いてしまうのです。

しかし、それまで二人の仲の良さを見せつけられていた鳴戸渡は「おかしい、ぐぬっとこない」と違和感を抱いてしまうのです。小路三貴は推しの仲間がいなくなっても『今まで独りだったから良いじゃないか』と投げやりになってしまいました。

翌日になって、会社の会議が始まったので、小路三貴は「透明ガラスを採用して、相手の顔を見やすくする事によって、意思疎通を図る事で」と説明しようとします。

そこで鳴戸渡から「見ているだけで意思の疎通ができますかね?必要なのは会話だろう。あなたが今まで言っていた事だと思うんですけどね」と痛い所を指摘されてしまいます。はたして、小路三貴は以前のように会話を重視する男に戻れるのでしょうか?

『人嫌いの鳴戸渡が友達を大事にした理由』

小路三貴は、今まで鳴戸渡に「人とのコミュニケーションを取る事が大事なんだ」と説得していました。それが、河合ケンタから「しばらく会えない」と言われてから、人とコミュニケーションを取る事について、わずわらしく感じ始めていたのです。

そこで、鳴戸渡から「あなたらしくないじゃないですか。今まで散々、人に説教していたのに」と言ったら「すまない」と頭を下げます。

その姿を見た鳴戸渡は「僕は今でも友達なんて煩わしいと思っています。二人以上になると絶対に摩擦が起きる」と言うので「じゃあ、なんで友達と?」と聞き返したら「だって仕方ないじゃないですか、出会っちゃったんですから」と答えました。

鳴戸渡は、人嫌いだったのに、出会った経験を大事にしたくて、もう後には戻れないと思ったのでしょう。夫婦や恋人同士でも「なんで、こんな奴と付き合っちゃったんだろう」と思う事があるかもしれません。

しかし、そこは大事な出会いがあったので、好きになってしまう事が多々あります。鳴戸渡も同じで、出会いを大事にしたくて友達を続けていたのでしょう。

ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き 第5話』のまとめ

このシリーズでは、最初から4話まで、ずっと小路三貴が美味しい所を持っていって、鳴戸渡が悔しい思いをしてきました。ところが、最終話になって、ようやく鳴戸渡が美味しい所を持っていて、結果的にイーブンとなりましたね。

中年の男性が可愛いものに惹かれてしまうという異色のドラマでしたが、小路三貴と鳴戸渡の両極端の上司がぶつかり合う事で、多くの笑いを届けてくれました。その兼ね合いは最後まで面白くて、良かったですね。

動画配信『Hulu』であれば、ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。第1〜5話(最終話)』を見る事ができます。