ドラマ『竜の道』の全話のストーリー・キャスト・見所を紹介

f:id:akira2013web:20200804080345p:plain

出典:https://www.ktv.jp/ryu-no-michi/index.html

矢端兄弟が、親の仇を討とうとするドラマ『竜の道 全話(第1〜8話)』の全話のストーリー・キャスト・見所などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『竜の道 第1話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com矢端竜一(演:玉木宏)は、考え方の違いから、弟の矢端竜二(演:高橋一生)に向かって、ピストルを発射してしまいました。彼らは普通の兄弟ではなくて、大きな使命のために生きていました。

それは、自分たちを育ててくれた両親の仇討ちのために、霧島源平(演:遠藤憲一)に復讐しようとしていたのです。最初は、霧島源平は綺麗事ばかり並べて、近づいて来ましたが、途中で矢端兄弟の親が経営している会社を乗っ取ってしまったのです。

両親は、あまりのショックで自殺をしてしまって、兄弟は必ず霧島源平に復讐しようと狙うようになりました。

ドラマ『竜の道 第2話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com矢端竜一は、キリシマ急便をつぶす事ができなかったので、コンサルタントとして近づこうとします。そのためには、まずはキリシマ急便の得意先の企業を救ってみせて、霧島源平に近づこうとしたのです。

ところが、矢端兄弟が復讐のために話し合っていたら、砂川林太郎(演:今野浩喜)に聞かれてしまいます。このままでは、復讐できずに露見してしまうと焦ってしまいますが、砂川林太郎を捕まえる事はできるのでしょうか?

ドラマ『竜の道 第3話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com霧島晃(演:細田善彦)は、父親の霧島源平とは違って、社員のために動こうとする人間でした。矢端兄弟は『霧島晃を利用すれば、キリシマ急便をつぶせるかもしれない』と企むようになって、密かに工作を続けようとします。

お霧島源平は、息子の晃では考えが甘すぎると思って、役人の三栗谷仁志(演:尾上寛之)と娘の霧島まゆみ(演:松本まりか)を婚約させようとします。

矢端竜二は、キリシマ急便をつぶすために霧島まゆみと付き合おうとしていたので、三栗谷仁志にとって矢端竜二は邪魔な存在でした。そこで、三栗谷仁志は矢端竜二をつぶそうと罠をしかけようとするのです。

ドラマ『竜の道 第4話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com矢端竜二は、正式に霧島まゆみと付き合うようになったので、義妹の吉江美佐(演:松本穂香)を紹介します。

最初は、霧島まゆみは彼氏の妹という事で、あまりマークはしていませんでした。ところが、途中から吉江美佐は兄と血がつながっていない兄弟と口走ってしまったのです。

それまでは、仲の良い二人でも兄弟だから大目に見ていましたが、血が繋がっていなければ話が違ってくるので、霧島まゆみは吉江美佐を陥れようとします。

悪い男たちが、吉江美佐を取り囲んでイタズラしようとして、危機に陥ってしまいます。

はたして吉江美佐はどうなってしまうのでしょうか?

ドラマ『竜の道 第5話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com矢端竜一は、霧島晃に「過半数の役員を味方につけて、父親を社長の座から引きずり降ろしましょう」と迫ります。今まで、父親の強引な経営方法について、苦々しく思っていましたが、相手は実の父親だったので戸惑ってしまいます。

その頃、フリーのジャーナリストの沖和紀(演:落合モトキ)が、矢端竜一が殺害事件を起こしていた事について、感づいていました。

密かに、矢端竜一の過去を暴こうとしていましたが、矢端竜一たちは霧島源平に復讐しようとして、それどころではありませんでした。はたして、矢端竜一は霧島晃を社長にする事ができるのでしょうか?

ドラマ『竜の道 第6話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com霧島芙有子(演:斉藤由貴)は、最近になって娘の様子が変わってきたので「矢端竜ニさんのお陰です」と感謝をします。

ところが、矢端竜二から「お嬢さんは、周りの愛情が少しでもあれば変わっていたと思います。それができるのはお母様ではないでしょうか」と言われてしまうのです。それを聞いてから『もう少し母親らしい事をしなくては』と思うようになります。

ところが、夫と話合うとしても「今頃、何を言うとるんじゃ!」と怒られてしまうのです。それでも、何とか話合うとしたら倒れてしまったので、さすがの霧島源平も動揺してしまうのです。

矢端竜一は『ちょうど良い時に倒れてくれた』とほくそ笑んで、霧島源平に追い打ちをかけようとするのです!

ドラマ『竜の道 第7話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com霧島晃は、親子の情に負けてしまってクーデーターを起こす事ができなかったので、矢端竜一から「あなたはチャンスを逃したんです」と見限られてしまいます。

そこで、矢端竜一は霧島源平に恨みを抱いている元役員を使って、霧島源平を脅すように仕向けます。キリシマ急便は、大手企業と提携しようとしていた時だったので、あまり悪い噂を広げられるのは困るので、霧島源平は動揺してしまいます。

霧島源平は、裏社会の大物の曽根村始(演:西郷輝彦)に金を渡して、元役員を消すように頼み込みますが、どうなってしまうのでしょうか?

ドラマ『竜の道 第8話』のストーリー

www.akira-movies-drama.comフリーのジャーナリストの沖和紀は、ついに矢端竜一の過去の情報をつかんで、殺害事件まで起こしたまで分かってしまいます。そこで、弟や妹たちが殺人者の家族と報道されたくなければ、金を払うように脅してきたのです。

矢端竜一は『もうコイツはヤルしかない』と思って、自宅へ侵入して、背後から沖和紀の首をしめあげて殺害してしまうのです。あまりの強引なやり方に、弟の矢端竜二から「それでは霧島源平と同じじゃないか」と言われてしまうのです。

しかし、もう後には引けなくなって矢端竜一は自暴自棄に陥ってしまいます。そこで、矢端竜ニは一刻の猶予もないと考えて、エニイウェイズにキリシマ急便を吸収合併して、この世から霧島源平の会社を消滅させようとします。

はたして、両親の仇を今度こそ取る事はできるのでしょうか?

ドラマ『竜の道 全話』の見所とまとめ

親の仇を取るために、兄弟が結束して復讐しようとする『竜の道』シリーズは、最後の最後まで、緊迫する内容でした。

しかし、復讐できそうで、できないもどかしさがあったので、少しだけじれったく感じる所もあります。それでも、日本人は仇討ちの話が好きなので、忠臣蔵が好きな方であれば、見てみる価値はあるでしょう。

霧島源平は確かに悪い男でしたが、性根の悪さでは沖和紀のほうが酷かったという感じがしますね。

そして、ドラマ『竜の道 第1〜8話(最終回)』は、動画配信『FOD』に入会すれば見る事ができます(2020年9月時点)。